睡眠不足や不規則な生活、ストレスがたまる生活が続くといつの間にかできている目の下のクマ。クマができていると、年齢よりも老けて見えてしまったり、疲れているように見えたり、不健康そうにみえたりと顔の印象を悪くしてしまいますよね。 お化粧するときからブルーな気持ちになってしまう目の下のクマ。コンシーラーとファンデーションを使って目立ちにくくするのも手ですが、まずはクマを解消する方法をためしてみてはいかがでしょうか。 時間がある場合は、即効性のある炭酸パックで肌細胞を活性化させ血行や血流をよくしてクマを改善することができますが、時間がない場合はタオルケア、マッサージやツボ押しなどでクマを少し軽減させることができるんですよ。

とりあえずの一時ケア!収縮した血管を刺激して血行促進、温冷タオルケア


 

出典:www.instagram.com

 

根本の解決にはなりませんが、一時的にクマを改善させることができるのが温冷タオルケアです。

収縮した欠陥が刺激され、血行が良くなることでクマの改善を促します。

 

①タオルをお湯に浸して絞り、ホットタオルを作ります。

やけどをしないよう温度を確認してくださいね。

水で絞ったタオルを電子レンジで温めてもホットタオルができますよ。

 

②少し氷を入れた桶にタオルを浸し、しぼって冷たいタオルを作ります。

 

③ホットタオルを目の上にのせ30秒ほどあたためましょう。

クマがある部分にもタオルがのるように気を付けましょう。

 

④次に冷たいタオルを目の上にのせ、30秒。

 

これを3回ほど繰り返します。

 

目元のマッサージで血行を促進させクマを改善させましょう。


 

出典:www.instagram.com

 

マッサージは目元のクリームを使いましょう。

ない場合は普段使用している乳液やクリームでも大丈夫です。

 

目の周りは皮膚がうすくとてもデリケートな部分なので、強く押しすぎたりこすり過ぎてしまうと逆にダメージを与えてしまいます。

強い刺激が色素沈着を起こしてしまうこともあるんですよ。

 

エステティシャンになった気分で優しく触れることが大切です。

 

①両手の中指にクリームをたっぷりのせ、目頭の下から下まぶた、こめかみまで血流を流すイメージで優しくマッサージしていきます。

 

②こめかみから上まぶた、目頭まで円を描くように触れます。

そしてまた下まぶた、こめかみ、上まぶた、目頭と順に血流を流していき、3周ほど繰り返します。

 

最後はこめかみで終わるようにしましょう。

 

目の下のクマを解消するツボをご紹介します。


 

出典:www.instagram.com

 

ツボを押す際は、指の腹を素肌に直接あてゆっくりと深く押していきます。

少し痛い、気持ちのいいとことで止め、そのまま3~5秒押し続けます。

ゆっくりと力を抜き離しますが指は肌から離さず触れたままにし、ふたたびゆっくりと力を入れて押すという動作を3回ほど繰り返しましょう。

 

痛すぎると逆効果ですので、気持ちのいいところでとめるのがポイントです

 

出典:jp.pinterest.com

 

・睛明(せいめい)

 

鼻の根元と目頭の間のくぼんだところにあるツボで、眼精疲労にも効果的です。

両手の人差指の腹を使って左右のツボを押しましょう。

 

・四白(しはく)

 

左右の目の中心から下にたどり、骨の部分から親指の幅1本分ほど下のくぼみにあるツボで、疲れ目や目の下のたるみ改善にも効果的です。

目の周りの血行を良くするため、顔のむくみやたるみにも効果的で美容に効くツボとしても有名です。

両手の中指の腹で左右それぞれのツボを押しましょう。


・太陽(たいよう)

 

左右の目尻の少し外側のこめかみのあたり、骨がくぼんだところにあるツボです。

側頭部の血行を促すので、片頭痛などにも効果的です。

左右対称にあるので、両手の中指の腹でそれぞれのツボを押しましょう。

 

クマができないよう、普段から気を付けて生活しましょう。


 

出典:weheartit.com

 

クマができないようにするには、なによりも睡眠を十分にとることが大切です。

また、適度な運動や半身浴などで全身の血流を良くし、ハリのある肌を保ちましょう。
パソコンや読書などで目が疲れると血行が悪くなるためクマができる原因にもなるので、普段からホットタオルで目を温めてケアしてあげることも大切です。

 

朝起きた時のクマを解消する方法をご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか?

不健康そうな印象を与えてしまうクマは早めの解消が大切!

クマのある顔で憂鬱な1日を過ごすよりも、朝にマッサージやツボ押しを行いクマを早めに解消してしまいましょう。

 

また、目の下のくまは疲れや寝不足だからと思いがちですが、実は何かの病気のサインである可能性もあります。

症状のひとつとしてくまが現れることのある病気は、鉄欠乏性貧血、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)、肝臓疾患・腎臓疾患(肝機能・腎機能の低下)、うつ病、アトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎などです。

 

クマがなかなか消えないと気になる方は早めに医療機関を受診してくださいね。



関連記事

・毎日使えるお手頃価格なフェイスマスク “ルルルン”の良さを徹底解明♡

・毛穴が驚くほどすっきり!泥洗顔のススメ♪

・ついに本格的な秋到来!今やっておきたい乾燥肌対策