コットンで拭きとるだけの洗わない洗顔方法で人気の、マナラのモイストウォッシュゲルをご存知ですか? 顔の洗いすぎが原因で起こる乾燥などの肌ダメージをちゃんと防ぎながら、肌の不要な角質をしっかり除去できる理想の洗顔料!と噂になっているのが、マナラのモイストウォッシュゲル。気になるその正体を調べてみました!

洗いすぎは肌にダメージを与える?


 

出典:jp.pinterest.com

 

清潔意識が高く、お風呂好きな日本人は“洗う”ことが大好きです。

スキンケアでも洗顔やクレンジングをきちんと行う習慣があり、その一方で洗いすぎによる乾燥や肌荒れも増えているのが事実です。

 

皮脂のテカりやニキビが気になるからと言って、朝からしっかりクレンジングを使ってダブル洗顔をしたり、1日に3回以上も洗顔をするのは確実に“洗いすぎ”です。

洗顔のしすぎにより、肌が本来持っているバリア機能を低下させ、肌荒れやかゆみ、乾燥肌や敏感肌の原因となるなどのトラブルが増えてしまいます。

また、皮膚上の必要な保湿成分を落としすぎてしまうことで、肌は脂分を補おうと過剰に皮脂を分泌し吹き出物などの原因となってしまうことも。

 

このように、洗いすぎは肌に様々なダメージをもたらしてしまうのです。

 

洗いすぎを防ぐためには?


 

出典:jp.pinterest.com

 

では、洗顔のし過ぎを防ぐためにはどうしたら良いのでしょう?

まずは洗顔料を使用する回数を減らすことです。

 

クレンジングと洗顔料を使ってしっかりダブル洗顔を行うのは、肌に付着した汚れやメイクを落とす必要のある夜だけでじゅうぶんです。

 

では、朝の洗顔は不要なのでしょうか?

年齢を重ねるごとにターンオーバーが乱れ余分な角質が溜まり、くすみやゴワつき、黒ずみや角栓の原因となっていきます。

寝ている間にも角質は肌に溜まり、また汚れも付着するため、朝でも角質を落とすためのケアは必要になります。

 

マナラ モイストウォッシュゲルとは


 

出典:www.sunkissedgirlz.com

 

洗いすぎはダメ、でも不要な角質はしっかり落とさなければ・・・そこでおすすめされているのが、噂のマナラのモイストウォッシュゲルなのです。

 

マナラのモイストウォッシュゲルの秘密はこちら!

 

・美容液から作られた洗顔

石油系界面活性剤などの洗浄成分はゼロです。

コラーゲンやヒアルロン酸、オリーブ油、スクワラン、ホホバ種子油など、97.5%が美容成分のため洗いすぎによる乾燥の心配はありません。

 

・パパイン酵素で毛穴すっきり

日本初(美容液洗顔としては日本初)カプセル化したパパイン酵素を配合し、不要な角質や毛穴の黒ずみをスッキリ落とし、肌のターンオーバーを促します。

 

・アーチチョーク葉エキスで肌の引き締めを

毛穴の汚れや黒ずみを落とした後、毛穴が開きっぱなしにしないことが重要です!

アーチチョーク葉エキスが、毛穴をキュッと引きしめ過剰な皮脂分泌を抑え、メラニンの生成を抑え毛穴の黒ずみも防いでくれます。

また、ターンオーバーが促進されることで目立つたるみ毛穴も整えてくれます!

 

・無添加へのこだわり

マナラでは、合成香料、着色料、鉱物油、エタノール、パラベン、紫外線吸収剤、石油系界面活性剤をすべて使用していません。

安心して使えるために7つの無添加に徹底的にこだわっているのです。

 

 

《モイストウォッシュゲルの基本の使い方》

 

①手と顔が乾いた状態で、モイストウォッシュゲルを2プッシュ手に取ります。

顔全体に広げた後、10~20秒ほどくるくると円を描くようにやさしくなじませます。

 

②水に近いぬるま湯で、10回ほどすすぎます。

※超乾燥肌の方は、2プッシュ分のモイストウォッシュゲルをコットンに取り、顔全体になじませながらくるくるとふき取ります。

ふき取った後は、ゲルを肌になじませます。

洗い流しは不要です。

出典:www.manara.jp

 

 

いかがでしたか?

洗いすぎが肌に与えるダメージの詳細、そして噂のマナラのモイストウォッシュゲルの秘密が分かったら、さっそく試してみたくなりましたよね!

特に乾燥に悩まされるこれからの季節、洗わない洗顔料という新たなスキンケア方法を取り入れてみてください!



関連記事

・古い角質を落とす!スクラブ洗顔料の魅力

・お肌のハリ復活!お肌のコラーゲンを増やす3つのポイント!

・女子なのにヒゲが...!?肌を傷めない、口周りの産毛の正しい処理法とおすすめ保湿クリーム