ついつい良かれと思ってやっているスキンケアが実は乾燥をよりひどくすることもあるって知っていましたか?カサカサ肌が気になるこの季節、正しいスキンケア法を学んで、乾燥知らずのぷるぷる美肌を手に入れましょう!

あなたは大丈夫?冬に注意したい間違いだらけのスキンケアとは?


 

出典:jp.pinterest.com

 

外に出ると木枯らし、部屋の中は暖房。

乾燥している空気にさらされ、お肌はカサカサに。

 

寒い冬は特にスキンケア対策の意識が高まりますね。

でも良かれと思ってあなたがしていることがお肌をさらにカサカサにしているとすればどうですか?

間違ったスキンケアの常識に惑わされているかもしれません!

 

あなたのお肌が危険にさらされる前に、正しいスキンケア知識を身に着けるおさらいをしましょう!

まずはあなたもやっている?冬にやってしまいがちなNGスキンケアをまとめてみました。

 

 

クリームをたっぷりつけすぎるのはNG

 

出典:jp.pinterest.com

 

乾燥の季節になると、保湿しなくちゃという気持ちになりますね。

これは間違っていません。

肌の水分量が減りやすいこの時期はお肌に潤いを与えるケアを意識的にしなければなりません。

では保湿するにはどうすればいいのでしょうか?

「やっぱりたっぷりクリームを塗るのがいいでしょう。」そんな声が聞こえてきそう。

 

確かにたっぷり保湿クリームを塗ると肌がしっとりぷるるんとした感じがして、保湿効果があるように思いますよね。

保湿クリームは肌に染み込ませた化粧水が蒸発しないようしっかりふたをする役割ですので、化粧水と一緒に使うのは正解です。

 

しかし多ければ多いほどいいというわけではありません。

こってりつけてしまうと、毛穴がふさがれ、肌呼吸を防いでしまいます。

その結果ニキビや吹き出物が増えるなどスキントラブルの新たな原因になることも。

 

洗顔後はすぐに有効成分の入った浸透率のいい化粧水をたっぷり塗り、その後は薄く保湿クリームを塗りましょう。

もしべたつくようであればすでに塗りすぎの証拠です。

ティッシュなどで軽くふき取ると良いでしょう。

 

 

朝夜の洗顔方法が間違っているかも?

 

出典:jp.pinterest.com

 

冬の洗面台はとにかく寒い!特に朝の身支度時はさっさと準備をすませてしまいたいですよね。

パパっと水だけで顔を洗ってしまっていませんか?

汗もかいてないし、べたついてないし大丈夫だと思っていたら要注意です。

夜に保湿クリームを塗ってるなら、朝にそれを洗い流すのがベスト。

 

顔に油分の含まれたクリームをつけた状態で化粧をし日中紫外線を浴びるなら、埃や汗が顔に付着し、肌に負担をかけてしまいます。

また油分が酸化し、シミやくすみの原因になることも。

朝は面倒でも洗顔を忘れないようにしましょう。

 

だからといって熱いお湯で洗顔するのもNGです。

あったかいお湯は気持ちいいものですが、肌に過度に刺激を与えてしまいます。

適温は32度。

冬だとちょっと物足りないなと思うくらいの生暖かい温度がちょうどいい温度です。

 

洗顔後はしっかりタオルで水分を拭き取りましょう。

水分が顔に残っていると、蒸発時に顔の水分と一緒に蒸発してしまい、乾燥肌を悪化させてしまいます。

 

 

保湿ミストや保湿パックの使い方次第で逆効果?

 

出典:jp.pinterest.com

 

保湿アイテムに保湿ミストや保湿パックがあります。

最近では電動でミストが出てくるハンディタイプの美容器もあり、女性に人気がありますね。

また毎日使えるように安価で1か月分たっぷり入ったお手軽パックも大人気です。

両方愛用されている方もおられるかもしれません。

 

でも使い方次第ではよけいお肌を乾燥させることもあるので要注意ですよ!

 

まず保湿ミストとは、霧状になった化粧水を顔にあて、顔に潤いを与えるものですが、これで終わってしまっては肌が化粧水で濡れただけ。

化粧水の蒸発と一緒に肌の水分も蒸発してしまいます。

ミストで肌を潤したら、しっかり保湿クリームでお肌の潤いをキープするようにしましょう。

 

フェイシャルパックもたっぷり化粧水を肌に染み込ませることができますが、長時間そのままにしておくと、パックの化粧水が蒸発すると一緒に肌の水分も蒸発していってしまいます。

パックにかかれている目安時間を守り、パックの乾燥が始まる前に外すようにするのがいいでしょう。

 

こちらもミストの時と同様にパックを外したらクリームを薄く肌に塗って潤いを閉じ込めるなら効果的です。

 

知っておきたい!正しい冬のスキンケアとは?


 

出典:jp.pinterest.com

 

あなたもついついやっている間違ったスキンケア法はありましたか?

NGスキンケア法をおさらいした後は、正しいスキンケア方法をお勉強して、冬でも乾燥知らずのうるうるお肌をゲットしましょう。

 

 

ちょっと気を付けるだけで全然違う♪冬の正しい洗顔方法は?

 

出典:jp.pinterest.com

 

冬は外からの保湿と、体内からの水分の蒸発を防ぐことで乾燥を防ぎましょう。

肌を清潔に保つためにも朝晩しっかり洗顔するようにしてください。

たかが洗顔、されど洗顔です。

正しい方法で洗顔すれば劇的に肌状態が改善することも少なくありません。

 

肌は弱酸性ですが、汗のかきにくい冬はお肌が弱酸性に保たれにくく、肌のターンオーバーが乱れ、くすみなどの原因になります。

洗顔にはぜひ弱酸性の石鹸を使いましょう。

きめ細かい泡を作り、包み込むように洗顔します。

水の適温は32度前後がいいでしょう。

 

肌の水分蒸発を防ぐために、タオルでしっかり水を拭き取ってくださいね。

 

 

化粧水はたっぷりと、クリームは薄めに!

 

出典:jp.pinterest.com

 

洗顔後はしっかり保湿するのが大切です。

化粧水3回サイクルがオススメです。

化粧水をたっぷり顔につけ、肌に浸透させるため少し待ちます。

また化粧水をつけ、浸透させます。

 

化粧水をつけて浸透を待つのをワンセットとし、これを3セット繰り返します。

最後に保湿クリームを薄く塗り、潤いをキープさせましょう。

 

 

紫外線を甘く見ないで!UVケアは冬も忘れずに。

 

出典:jp.pinterest.com

 

冬になると日光が弱くなるので、紫外線ケアを怠ってしまいがちです。

しかし紫外線は一年中お肌に悪影響を充てます。

日焼け止めやUVカットのファンデーション、リップクリームなどをしっかり塗り、冬でもUVケアを忘れないようにしましょう。

 

 

乾燥をふせぐ服装をチョイス!

 

出典:jp.pinterest.com

 

マフラーやマスクなど、乾燥した空気にあてすぎないように工夫するのもいいでしょう。

おしゃれもいいですが、首や足を露出した服装を続けていると、冷えにより血行が乱れ、肌荒れの原因になることも。

カラダを温める服装はスキンケアにもつながります。

 

 

冬でも汗をかく努力を!

 

出典:jp.pinterest.com

 

健康なお肌と汗には大きな関係があります。

汗はお肌の水分を保つ働きや、肌の新陳代謝を促す働きがあります。

実は化粧水などに頼らなくても、肌には本来自分で保湿する働きを持っているという事ですね。

 

しかし冬は汗をかく機会が少なく、お肌が無防備な状態になっていて、肌荒れやカサカサになりやすくなります。

そこでウォーキングやヨガ、半身浴などじんわり汗をかく習慣を冬でも行うなら、お肌が弱酸性に保たれ、保湿効果もアップします。

試してみて下さいね。

 

 

いかがでしたか?

ちょっとした心がけ次第で、冬でも潤いある理想的健康な肌になることができます。

ぜひ日ごろのスキンケアを見直してみて下さいね。



関連記事

・渋谷の脱毛サロン☆体験メニューがあるサロンまとめ♪

・美肌を顔だけじゃなく全身に♡ POND'Sのコールドクリームが実は凄い力を秘めていた!

・気づいた日から始めよう!今すぐ始めるホウレイ線・シミケア極上メソッド♡