シートパックにクレイパック、クリームパックにパックってたくさんあって困っちゃう!美容意識の高い女性なら「あるある」の悩みですよね。実は用途や使い方はそれぞれで自分のお肌の希望やコンディションで使い分けるのがベスト!今回は今さら聞けないパックの種類や正しい使い方をまとめました。

パックっていろいろあるけれどどれがいいのか迷っちゃう!


 

出典:jp.pinterest.com

 

ドラッグストアや化粧品専門店にいくと、パックと名のつく商品がずらり。

お肌に貼れるシートタイプのものから、生マスクという名前で人気が高まったクリームタイプのパックなど種類は様々です。

どれもお肌に良いのはもちろんですが、用途が違ったり肌質や目的によって変えた方がいいのはご存知でしたか?

 

今回は、シートパック、クレイパック、クリームパックの三種類のフェイスパックにスポットライトを当てて、今さら聞けないパックの使用方法をおさらいしていきたいと思います。

 

保湿効果ばっちり!潤いアップにはシートパック


 

出典:jp.pinterest.com

 

美容液をグングン浸透させ、ぷるるんお肌を手に入れるにはやっぱりシートパックがオススメです。

でも使い方によっては乾燥を引き起こしてしまうことも。

逆効果にならないようにしっかり役割と使用方法を理解して使いましょう。

 

 

シートパックの役割と正しい使い方は?

 

出典:jp.pinterest.com

 

シートパックの主な役割は「保湿」。

しかし配合成分によっては美白やアンチエイジングに効果のあるものもあります。

パッケージにヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分がかかれていれば潤いに力を入れたパックであるということ。

 

また今流行りのプラセンタやビタミンC、ハイドロキノンなど美白やエイジング効果の高い成分が配合されていれば、保湿にさらにエイジング対策もできるパックであるということです。

用途に合わせて成分を選ぶようにしましょう。

 

 

シートパックは使用頻度が高ければいいというわけではありません。

一番いいのはパッケージに記されている使用方法を守る事。

多くの場合週1~2回をおすすめしています。

あまり高い頻度で使い続けると、美容成分が毛穴につまり、肌トラブルの原因になることもあります。

 

シートパックをするからお風呂上りに化粧水や乳液はつけなくてもいいという方もおられますが、これもNGです。

お風呂から上がった後乾燥は始まっています。

シートパックの目的は、美容成分にふたをし、肌に浸透させていくものなので、しっかり化粧水で保湿した後にパックを付けるようにしましょう。

 

肌に長くつけすぎるのもNGですので要注意!

パックの保湿成分が蒸発、乾燥していくとともにお肌の水分も一緒に蒸発してしまいます。

使用方法にかかれている時間をしっかり守って、勿体ないと思っても外して捨てるようにしましょうね。

 

毛穴をキレイにして肌健康を整えるクレイパック


 

出典:jp.pinterest.com

 

お肌の調子をととのえ、毛穴に詰まった汚れを取り除くにはクレイパックがオススメです。

クレイパックとは粒子の細かいドロを水に溶かし、お肌にのせる泥パックのこと。

泥には毛穴に詰まった汚れを吸着する働きがあるので、毛穴の皮脂や汚れを取り除く、美肌にする効果があります。

 

 

クレイパックの役割と正しい使い方は?

 

出典:jp.pinterest.com

 

泥パックの役割はデトックスと美肌効果を高める事。

お肌の血行を良くし、新陳代謝をアップさせて顔色や肌の調子を整える効果もあり、女性にはたまらないパックです。

エステサロンだけでなく、お家でできる泥パックも売っています。

ミネラル豊富で不純物の入っていない、肌に優しいクレイを選ぶようにしましょう。

 

クレイは週に1〜2回がおすすめ。

化粧品や日焼け止め、埃や塵などお肌に負担をかける汚れを定期的に取り除きましょう。

クレイの粉末と水を用意したら、容器に入れて泥に水でもどし、スプーンやへらでお肌に乗せていきます。

 

厚さは5ミリくらいがオススメ。

もちろん洗顔しお肌を清潔にした後に行います。

クレイパックが乾燥する前に取り除くようにしましょう。

大体10~15分が目安です。

水で顔を洗い流したら、化粧水でしっかり保湿することも忘れずに!

 

お手軽で簡単に保湿できるのがクリームパック


 

出典:jp.pinterest.com

 

普段使いしているクリームをたっぷり塗ってパックするだけなので、特別に何かを手に入れなくても今日からできる一番お手軽なパック方法です。

一番行っている女性が多いのもこのパックではないでしょうか?

 

 

クリームパックの役割と使い方は?

 

出典:jp.pinterest.com

 

クリームパックの目的もシートパック同様保湿ですが、それだけでなく乾燥からくる小じわやくすみの改善にも役立ちます。

 

顔を洗顔し、清潔にしてしっかり化粧水、美容液、乳液で保湿します。

パックをするからといってここの手順を飛ばすのはNGですよ。

毛穴が開き、お肌がしっとりしているお風呂上りが効果的です。

普段使いしているクリームをたっぷり顔が隠れる程度に塗ります。

 

さらにそこにラップをかけると保湿効果がアップ!

ラップの上から蒸しタオルを載せるとリラックスできるだけでなく、毛穴が開いて浸透率が上がります。

15分ほどじっくりおいたら、蒸しタオルでクリームを拭いて完成です。

生まれ変わったたまご肌に驚くはずです!

 

目元や口周りなど加齢が表れやすい部分だけパックすることもできます。

お肌が疲れてきたなと感じたら試してみるようにしましょう。

 

 

いかがでしたか?

一言にパックといっても用途は様々!

その時のお肌のコンディションや目的別に使い分けるのが良いようです。

良かれと思って長時間したり、頻度を高めると逆効果になることもあるので要注意!

正しい方法で、楽しんでスキンケアをするようにしましょう。

女子力磨きの参考になさってくださいね♪



関連記事

・1本で万能!美容液みたいなオイルアイテム13選

・気づいた日から始めよう!今すぐ始めるホウレイ線・シミケア極上メソッド♡

・ほしかったのは「透明感」ピーリングで理想の素肌が手に入る♡