毎日の洗顔、どのようにしていますか?もしかしたら、気付かぬうちに肌へダメージを与えてしまっているかもしれません。洗顔方法が正しく出来ていないと肌荒れやニキビを起こす原因となってしまいます。ここでは間違った洗顔方法をご紹介します。正しい洗顔をして、美肌をいつまでも維持しましょう☆

冷水や熱湯で洗顔する


 

出典:jp.pinterest.com

 

冷水で洗顔すると毛穴が引き締まるのでいいと勘違いしていませんか?

冷水で洗顔すると急激に肌が冷えてしまうことで赤ら顔や乾燥に繋がってしまうことがあります。

熱いお湯で洗うと皮脂や汚れを落としやすくなりますが、皮脂を落としすぎてしまったり、乾燥しやすくなってしまいます。

 

30℃程度の「ちょっとぬるいな」と感じるくらいの温度で洗うのが理想的です。

 

余洗いをしていない


 

出典:jp.pinterest.com

 

洗顔をする際に、顔を濡らさずに洗顔料を泡立てすぐに泡で洗い始めていませんか?

余洗いをすることで顔に付いているホコリや汚れを落とし、洗顔による肌への摩擦を減らすことが出来ます。

また、毛穴を開かせて柔らかくする意味もあるので洗顔でとても重要な役割をしています。

 

洗顔料を泡立てていない


 

出典:jp.pinterest.com

 

洗顔料を手の中で転がしただけあわ立てずに顔を洗っていませんか?

泡立てずに洗顔をしてしまうと肌摩擦を起こしてしまいます。

手のひらが肌に直接触れることなく泡のクッションで洗うようなイメージで優しく洗いましょう。

 

手で泡立てるのが難しい場合には、泡立てネットを使うと簡単に濃密で柔らかい泡が出来るのでおすすめです。

 

時間をかけて洗顔する


 

出典:jp.pinterest.com

 

洗顔はゆっくりと時間をかけて丁寧に洗ったほうがいいと思われがちですが、実はNG!

長時間、顔に泡をつけて洗顔していると肌への負担が大きくなってしまいます。

洗顔は1分30秒以内で終わらせることが理想的です。

 

ゆすぎが甘い


 

出典:jp.pinterest.com

 

髪の生え際やあごはゆすぎが甘いと泡が残りやすくなります。

泡が残ったまま洗顔を終えてしまうと肌荒れやニギビの原因になってしまうので、すすぎ残しには注意してしっかりぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

 

ゴシゴシ拭く


 

出典:jp.pinterest.com

 

洗顔後にタオルでゴシゴシ拭いていませんか?

タオルでゴシゴシ顔を拭いてしまうと、摩擦で肌が乾燥しやすくなってしまいます。

洗顔方法に気をつけて丁寧に優しく洗っても、タオルでゴシゴシしてしまっては台無しです!

 

1日に何度も洗顔する


 

出典:jp.pinterest.com

 

肌に悩みを抱えている人がやりがちな洗顔方法ですが、1日に3回以上洗顔すると肌に必要な水分や皮脂を落としてしまい乾燥しやすくなってしまいます。

肌は乾燥を防ごうと脂分を余計に排出してしまいテカリの原因になってしまいます。

 

肌には適度な油分が必要なので、1日に何度も洗顔をするのは避けましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

自分もやっていた!というNGな洗顔方法があった方も少なくないのではないでしょうか?

お金をかけなくても日々の洗顔方法で美肌を守ることは出来ます。

洗顔は毎日行うことだからこそ、お肌のために正しい方法を覚えておきましょう!



関連記事

・憎きシミ、絶対消したい!諦めていたシミの改善方法まとめ!

・横浜のおすすめエステサロン8選★フェイシャルエステで美肌を目指そう♪

・美肌の基本は洗顔から!今一度洗顔のやり方を見直そう