女性にとってお風呂の時間帯はとても大切な時間。しかし、仕事をして忙しい方や子育てをするママにとってはなかなか時間が確保できないもの…そんな時に使える時短スキンケア方法をご紹介します! パパッとできる美容法で美肌を手に入れましょう♪

毎日湯船につかる 


Jacob Lund/shutterstock.com

湯船に毎日つかるというのもなかなか難しく、忙しいとついついシャワーだけで済ませてしまいがちですが、湯船につかるだけで疲れも取れやすくスキンケアができますよ。

お風呂につかると嬉しい効果をご紹介します。

 

 

 1.温熱効果によるデトックス !

 

デトックスとは体内の老廃物を体の外に出すことを言い、その方法は様々ですが、 そのうちのひとつが『汗』をかくことです。

普段運動をする方なら汗をかくこともあると思いますが、年齢を重ねるに連れてその時間すら減ってきている方も多いのでは… そんな方はお風呂の温熱効果で汗をかく事がおすすめです!

 

体感温度はお風呂の温度が1℃違うだけでも敏感に変わります。

体温に近い35~36℃の湯温は、熱くも冷たくも感じない温度であり、これを『不感温度』といい体にはほとんど影響がないと言われています。

温熱効果はこの不感温度の範囲外で現れます。

シャワーのみでは温熱効果は期待できませんが、湯船につかることで温熱効果を高めることができ汗をかくことができますよ。

 

・高温浴…42度以上 

交感神経が脳を刺激して気分を高めると同時に新陳代謝が促進される温度です。

心拍数は上がり血圧も上昇するため、高めのお湯は目を覚ましたり、気分転換をはかるのにも適しています。朝入る方にオススメな温度です。

 

・温浴…38~42度

血行促進に効果的で、腰痛や肩こりなどの改善も期待できます。

 

・微温浴…37~38度

副交感神経が作用し、心身ともにリラックスでき長くお湯につかる事が出来ます。

血行もよくなり身体を芯から暖める事が出来ます。

 どの温度でもそうですが、肩までつかる方が有効的です。

半身浴はもともと心臓が弱い方の入浴方法のため、体を温めるのであれば約15分程度で肩までつかりましょう。

 

 

2.水圧で血行促進 !

 

湯船につかる事で520キロの水圧も身体に受ける事になります。

この水圧により、 血行やリンパの流れが良くなりむくみの解消にもなります。

さらに効果を高める為に、右足からマッサージをしてあげるといいでしょう♪

血行が良くなるのに伴い、腎臓などの循環器の働きもよくなり老廃物を外に排出する効果もあり一石二鳥ですね♡

 

身近な物を使って…


ESB Professional/shutterstock.com

どこの家にもある身近なアイテムを使って、お風呂で簡単スキンケアをしましょう!

 

 1.ハチミツを使って

 

いつもの洗顔の時に泡を立てた後、ハチミツを一滴いれて洗顔しましょう。

ハチミ ツには殺菌、抗菌、消炎作用があるとされ、肌荒れ対策にも役立つと言われています。

また保湿効果も高いとされているので洗顔後も、もっちりとした肌が保てます。

 

2.白ゴマ油を使って

 

一度暖めて、冷ましてから使うと効果が高いと言われています。

全身に使える白ゴ マ油は、アーユルヴェーダ式マッサージでも用いられていますが、保湿のみではな くむくみなどにも効果があります。

 

洗うタイミング


Subbotina Anna/shutterstock.com

湯船につかって体が温まってくると毛穴が開き、汗とともに汚れや皮脂が排出され 黒ずみなどの予防ができます。

なのでこのタイミングでクレンジングをすると、毛穴の奥の汚れまでしっかり取り除くことができおすすめです!

 

毛穴の汚れは、ニキビや毛穴の開きの原因となる角栓に発展することもあるので、 優しくしっかり洗いましょう。

ただし乾燥肌の方は、必要以上に皮脂を取り除きすぎないよう注意したほうがいいでしょう。

 

クレンジングが終ったら、体を洗う前にヘアケアをすませてしまうこともポイントです!

なぜなら、洗髪料はしっかり洗い流したつもりでも意外と洗い残しが多く、気付かず体に付着したまま残ってしまいがちです。

先に洗髪を行ないすすぎ残しがないようにその後に体を洗う!という順番に気をつけるだけで背中のニキビが解消された方も少なくありません。

 

洗い方


Love the wind/shutterstock.com

毎日身体を洗っていると、あまり洗い方まで気にする方は少ないと思います。

ですが、ナイロンタオルなどの繊維の固いもので毎日強い力でゴシゴシと洗うと、 摩擦により肌を傷め、メラニン色素が真皮まで入り込み沈着してしまう黒皮症が起きるという症例が報告されている事をご存知ですか?

つまりシミになりやすくなるのです。

 

体を洗う時の注意点はとにかく優しく洗うこと!

オススメはたっぷりの泡で体を優しくなじませるようにして洗う方法です。

敏感肌でなければ自分のお肌に合うゴマージュやスクラブなどを使った、スペシャルケアを時々取り入れることで角質ケアになり、ごわつきやくすみの改善につながるでしょう。

 ひじやかかとなどの皮膚の厚い部分やデコルテや背中は優しくとケアしてから、しっかりと毎日保湿もしてあげましょう♪

 

 

いかがでしたか?

今回は顔だけではなく全身のケアについてご紹介しました。

毎日のちょっとしたケアで美肌を保ちましょう♪

 

 

<監修者情報>

【カシワバ マリコ】

felicita.cosmetic 代表 ビューティーアドバイザー

 

1982年、札幌生まれ。

学生時代から美容が大好きで、沢山のコスメを試し24歳で長男誕生をきっかけに「息子達が20歳を過ぎても一緒に歩ける女性でいる」という決意から、さらに美を追求するように。

一般企業で働きながら毎日、肌や体の仕組みを勉強するようになり、より知識が欲しいと日本化粧品検定2級を取得。

また、美肌は体の中から作られる事とスーパーフードの持つ力を日々の食事で活用し、家族や世の中に発信していける人になりたいと資格取得。

そして、メイクの可能性はとても大きく、メイク好きをさらに生かしたいとメイクアップアーティストの資格も取得と同時に、スキンケアアドバイザーとしても活動。

その後、自分の本当にやりたい事を考え約15年務めていた会社の地位や名誉を捨て退職。

人生1度きりと言う事・本当に自分がやりたい事を極める為・いつまでも女性である事を発信していく人になりたいと女性起業家に転身。

一人でも多くの女性を綺麗にしてあげたい・力になりたいという思いで札幌を拠点に活動中。

 

【取得免許】

メイクアップアーティスト・スーパーフードプランナー・スキンケアセラピスト・スキンケアアドバイザー・日本化粧品検定2級

【主な活動】

札幌ビューティープロジェクト 札幌女子美容応援プロジェクト



関連記事

・美容液や化粧水がより浸透!美顔器のすすめ

・マシュマロ素肌を手に入れる♡紗栄子さん流美容法のススメ♡

・ドラッグストアで買える♪コスパ最強スキンケアアイテム