生理前になると体に様々なトラブルが起こってしまいます。そんなトラブルの1つとして肌トラブルが挙げられます。女性にとってお肌はとても大切ですし、肌トラブルが起こってしまうとテンションも下がってしまいますよね。そんな辛い生理前の肌トラブルを改善するための方法をご紹介します!

どうして生理前に肌トラブルが起こるの?


 

出典:pixabay.com

 

ではそもそも生理前という時期に肌トラブルが起こってしまうのは何故なのでしょうか。

その疑問から解決していきましょう。

 

もともと女性の体には女性ホルモンというものがあります。

これは体の状態を整えるためにも重要な役割を果たしているのです。

さらに女性にとって子供も産むための体に整えてくれるという役割もあります。

 

そんな女性ホルモンには2種類あります。

それは卵胞ホルモンと黄体ホルモンと呼ばれるものです。

これら2つのホルモンは28日周期で変動しています。

そんな周期の中でも排卵が終わってから7日間の間は、この28日という周期の中でも最も黄体ホルモンが多量に出る期間です。

このような黄体ホルモンが多量に分泌してしまうと皮脂を増加させてしまい、そこから肌荒れやニキビなどといった肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

そのために肌トラブルと女性ホルモンとは切っても切れない関係に位置するということです。

 

女性ホルモンに合わせたスキンケアをしよう!


 

出典:girlydrop.com

 

先ほど述べましたように女性には28日間の女性ホルモンの周期があります。

そんな周期を把握することによってスキンケアを見直していきましょう。

 

まずは生理開始から終わりまでの月経期についてです。

月経期はお肌が乾燥しやすい時期ですので保湿ケアを重点的に行うようにしましょう。

そしてお肌のターンオーバーも乱れがちですので半身浴などで血流を促進するのも良いでしょう。

 

次はお肌の絶頂期でのある卵胞期です。

この時期は生理が終わってから排卵日までの期間です。

排卵期は女性ホルモンが最も分泌されやすい時期ですのでお肌のスペシャルケアに向いています。

いつもよりもお肌が強い時期ですので普段はやらないようなお肌のケアを行うと良いでしょう。

 

そして排卵日周辺の排卵期はだんだんとお肌の調子が悪くなっていく時期です。

ですのでお肌のくすみやニキビなどを引き起こしやすいのです。

しっかりと保湿をするようにしてお肌を守りましょう。

 

最後は黄体期と言う肌トラブルの時期です。

この時期にはさっぱりとしたタイプのスキンケア用品を使ってしっかりと保湿をしてあげましょう。

そして乳液やクリームも用いて保湿を心がけていくようにしましょう。

肌が弱い時期になりますのでいつもと違うような刺激を与えるスキンケアは避けましょう。

 

生理前こそ生活習慣を見直そう!


 

出典:girlydrop.com

 

最後は生理前に肌トラブルを悪化させないためにも生活習慣を見直していきましょう。

 

まずお肌をキレイに保つことに欠かせないのが睡眠です。

少なくとも6時間以上の睡眠を心がけていきましょう。

またお肌のゴールデンタイムとも言われている22時から午前2時ぐらいまではしっかりと睡眠をとりましょう。

 

そして食事面でも予防をすることができます。

生理の2週間前ぐらいからは油分をできるだけ取らないようにしましょう。

そしてお肌に良いとされる栄養素のビタミン類を多く摂取すると良いでしょう。

また生理中に無理にダイエットをするのも危険です。

お肌のためだけでなく健康のためにも生理が終わるまではバランスの良い食事を心がけましょう。

 

 

多くの女性が悩まれている問題でもある生理前の肌トラブルを改善するための方法についてご紹介しました。

誰しも生理前になるとお肌のトラブルは感じてしまうものです。

日頃のスキンケアに気をつけて美肌を保っていきましょう!



関連記事

・産毛の処理は当たり前!顔そりで顔色がワントーンアップ♪

・キレイに磨きがかかる!蒸しタオルの効果がすごい♡

・プチプラなのに効果抜群!?おすすめアンチエイジング化粧品