季節の変わり目になり、そろそろ肌トラブルに悩む女子も多くなってきています。 美肌の要素として「スキンケア」は欠かせませんが、そのスキンケア、朝と夜でアイテムや手順を変えずに行っているとしたら、ちょっと見直してみる時期かもしれません。 今回は、何故「朝」と「夜」のスキンケアを変える必要があるのか、また簡単なポイントもまとめてご紹介いたします。是非ご一読下さい。


朝晩同じではNG。目的に合わせたケアを

 

 


 

 


ほとんどの女子が朝と夜にスキンケアを変えてはいないと思います。
しかし、手持ちの基礎化粧品で昼夜同じケアをしていてもあまり意味がない事をご存じでしょうか?

どうして変える必要があるのか、簡単に、朝と夜にスキンケアを変えなければならない理由をまとめてみます。


1.肌の作用は昼と夜で全く違う
 

 


昼間、肌が行っている活動は、主に「外部刺激から体を守る事」。
紫外線やホコリ、乾燥等の外敵から体を保護し、さらにはその刺激を脳に送る役目も果たしています。
逆に、夜は昼間受けていたダメージを修復し、新しい肌細胞を生成。
老廃物を流す・・・等、美しい肌の維持に必要な活動を行っているのです。

例えば、栄養たっぷりのクリームや美容液を、常につけていれば効果があるだろうと、夜だけではなく朝も塗っている話を聞きますが、これは意味がありませんし、コスパもグッと下がります。
日中、肌が栄養を補充する事はまずありませんので、ただ栄養を表皮に塗っているだけ。

本来の肌が持つ役目をしっかり知る必要があると言えますね。

 


2.大人ニキビ・肌荒れの原因になる
 

 

大人ニキビや肌荒れの原因は、皮脂のコントロールや水分不足によるトラブルがほとんど。
そのため、単なる思い込みだけでスキンケアをしてしまうと、逆に肌トラブルの原因になってしまいます。
1で挙げた美容クリームや美容液も、夜にはとても必要な成分が詰まっていますが、朝に使うと油分の多さで皮脂が詰まってしまい、ニキビの原因に。

また、朝忙しいからと化粧水での保湿や乳液でのカバーを適当に済ませ、そのままファンデーションを乗せてしまうと肌の水分が飛んでしまい、肌が粉っぽくなる=肌荒れの原因につながります。

自分のこれからの肌に何が必要なのか?
肌質だけではなく、「肌時間」も大切にすることが美肌への第一歩となるんですね。

 

朝のスキンケア:鍵は保護。バリア機能の補助が大切


 

 


通常の化粧水や乳液の他に、必ず「紫外線防止」の効果を持つアイテムを加えましょう。
太陽から降り注ぐ紫外線は毎年強くなってきています。季節問わず意識して防止する事が大切です。
とはいっても、SPFにこだわる必要はありません。
日中、ほぼ屋内にいる場合はSPF15~30。屋外メインの活動でも40~50で十分です。

さらに、肌に花粉やホコリが付着してもニキビや肌トラブルの原因となります。
特に休日「すっぴん」で過ごしていると、皮脂に花粉やホコリが付着してしまいますので、朝起きたら軽くパウダーをつけておきましょう。
サラサラな肌なら、花粉やホコリはつきません。

夜のスキンケア:しっかり肌を労る。保湿・栄養をたっぷりと


 

 


朝とうってかわって、夜は肌も休む時間。

保湿や栄養を与えて、明日の準備を行いましょう。
肌は乾燥していると代謝が落ちるため、ターンオーバーが上手く機能しません。
そのため、しっかりした保湿と美容成分の入ったアイテムが必要になってきます。

お風呂あがりのパックや美容液、ちょっと重ためのクリームは、夜にこそ生きてきます。

リラックスしながら楽しくスキンケアを行い、眠っている間の肌活動をサポートすると、翌日の朝、肌を触った時に明らかな違いが出てくるのがわかりますよ。

 

 

いかがでしたか?

朝と夜でスキンケア法を変えるだけの簡単法!

ぜひ実践してみてくださいね!



関連記事

・透明感がほしい…。色白になりたい人がすべき5つのこと

・ドラッグストアで買える♪コスパ最強スキンケアアイテム

・メイク崩れはスキンケアで防げる?!夏までに覚えたいスキンケアのコツとポイント