お風呂の後や朝の洗顔の後、何かとお世話になる「化粧水」。あなたの化粧水の使い方、間違ってはいませんか? 今回は、毎日使う化粧水の正しい付け方・使い方をご紹介。正しく化粧水を使うだけで、お肌は見違えるほど潤い、乾燥知らずの美肌を手に入れることができますよ!

1.化粧水、その種類と効果は?


 

出典:jp.pinterest.com

 

毎日必ず付けている化粧水。

その効果ってきちんと知っていますか?

 

洗顔後の一番デリケートな素肌に付ける化粧水は、洗顔により失われてしまった水分を補い、肌のキメを整える役割があります。

化粧水をしっかりと肌へ浸透させ、保湿を充分に行なうことで、その後から付ける乳液や美容液の効果を高める役割も果たしてくれるのです。

 

また、化粧水と一口に言っても、その種類はさまざま。

シミやそばかす対策をし、美白効果が期待できる「美白化粧水」やアクネ菌を除去しニキビをできにくくする「ニキビ用化粧水」。

肌の汚れを拭き取ってキメを整える「拭き取り化粧水」など、使う人の肌トラブルやなりたい肌によって、化粧水のタイプも変わってきます。

 

今回は保湿目的で販売されている「一般肌用化粧水」の正しい付け方について説明していきます。

 

2.手orコットン?化粧水をよりお肌に浸透させるには


 

出典:jp.pinterest.com

 

さて、多くの人が悩む化粧水の付け方のポイントの1つにあげられる、「手でつけるか、コットンでつけるか」という疑問。

ネットで検索してもさまざまな回答を得ることができますが、やはりどちらもメリット、デメリットがあります。

 

ニキビなどで肌が荒れている状態や、敏感肌さんであれば、手によるパッティングがおすすめ。

キレイな状態の手を使えば、コットンよりも肌へ負担をかけずにパッティングができます。

また、手を使うメリットとしてはお肌を温めながら奥まで化粧水を浸透させることができるということ。

肌が手の温度で温まることで、毛穴が開き、より保湿力を高めることができます。

 

対してコットンは肌への負担が少しかかってしまいますが、手よりもずっとムラなく化粧水を浸透させることができるのが魅力。

たっぷりと化粧水を含ませたコットンはパック代わりとしても使用できますよ。

 

3.ポイントを抑えるだけ!正しい化粧水の付け方


 

出典:jp.pinterest.com

 

実は、化粧水の付け方はとっても簡単。

ポイントさえ抑えてしまえば、今よりももっと化粧水をお肌に浸透させ、保湿力を高めてくれます。

 

まず、入浴や洗顔の後すぐに化粧水を付けるのがポイント。

毛穴が開いた状態でパッティングをすることで、化粧水を肌の奥まで一気に浸透させることができます。

入浴後20分以上時間があいてしまうと、せっかく開いていた毛穴が全て閉じてしまい、化粧水の浸透率もぐんと下がってしまうのです。

 

また、パッティングと言えども、たたきつけるようにお肌に化粧水をあてるのはNG。

ゆっくり時間をかけながら、馴染ませるように優しく肌に化粧水をしみ込ませていきましょう。

化粧水を肌に伸ばす前に、一度手にとって温めるのも効果的。

より肌に浸透しやすくなります。

 

最後に、ハンドプレスをしてあげるのもポイントです。

また、乾燥が気になる部分はケチらず化粧水を重ね付けしてあげるのも大切ですよ。

 

 

いかがでしたか?

毎日使う化粧水だからこそ、よりお肌への浸透率と保湿力を高め、しっとりと潤う素肌を手に入れたいもの。

ちょっとしたポイントを抑えておくだけで化粧水の効果が大きく変わってきますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。



関連記事

・お肌をすっきりさせよう!ドラックストアで買えちゃうおすすめの酵素洗顔アイテム♡

・キレイの秘訣は朝?朝の拭き取り化粧水でワントーン明るい肌に♡

・もう毛穴なんかで悩まない♪これであなたもうるるんたまご肌♡【毛穴パック編】