夏の紫外線対策に欠かせないUVケア。しかし残念ながら、多くの人が見逃しているケアポイントがあるようです。今回は、特に「えっ⁉そんなところも⁉」というUVケアポイントをご紹介していきますよ♪ あなたのUVケア、完璧ですか?

髪・頭皮


 

出典:jp.pinterest.com

 

見逃しやすいUVケアポイントNo.1は、「髪・頭皮」です。

UVケアというと“肌”のイメージが強いので、髪や頭皮はそもそもケアしようという考えがなかった、という人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、髪や頭皮ももちろん紫外線の影響を受ける部位です。

ケアをしないまま紫外線を浴び続けていると、髪のキューティクルダメージや変色、また薄毛の原因になることも……。

したがって、髪や頭皮にもきちんとUV対策をするようにしましょう。

 

最近では、髪専用のスプレータイプの日焼け止めクリームが売られています。

ほかにも、UV効果がある洗い流さないトリートメントなんかもありますよ!

 

また、帽子や日傘で頭を紫外線から直接守ることも大事なUV対策です。

髪が長い人は、毛を束ねておくだけでも、紫外線を受ける面積がせまくなるので、実は効果的です。

 


 

出典:jp.pinterest.com

 

爪のUV対策はしていますか?

爪自体は日焼けをしないのですが、爪の周りのキューティクルや皮下組織が紫外線に弱いので、注意が必要です。

ケアを怠ると、これから生えてくる新しい爪が割れていたり、縦ジワが入ったりなど、さまざまな悪影響が出てくる恐れがありますよ。

 

また、ネイルをしたまま強い紫外線を浴びると、色素沈着を起こすことも…。

 

まずは、UV効果のあるハンドクリームを爪にもきちんと塗るようにしましょう。

そして、屋外レジャーなどで強い紫外線を長時間浴びる予定の日には、念のため濃い色のネイルは落としておくことをおすすめしますよ。

 


 

出典:jp.pinterest.com

 

女性なら、唇のUVケアを忘れてはいけません。

唇は皮膚が薄く、紫外線の影響を非常に受けやすいので、しっかりとしたUVケアが必要です。

 

とはいえ、顔用の日焼け止めや下地などを塗ってしまうのは、それはそれで乾燥して荒れてしまうので、おすすめできません。

 

というわけで唇には、UVカット効果のあるリップクリームがおすすめです。

最近ではほんのり色づくタイプもありますので、一石二鳥♪ ぜひお好みカラーのものを見つけてみてくださいね♡

 


 

出典:jp.pinterest.com

 

目、つまり眼球も、紫外線の影響をかなり受けやすい部位です。

しかし、ほかの部位と違って日焼け止めクリームを塗ることができないので、紫外線を遮ることでしかUV対策ができない、というむずかしい部位でもあります。

 

紫外線を遮るアイテムは、やはりサングラスです。

サングラスには、「紫外線透過率(UVカット率)●%」という表示がなされています。

これは、サングラスをかけることで、目に入る紫外線を●%防ぐことができますよ、という意味合いになるので、できる限り「99.9%」と表示されているものを選ぶようにしましょう。

 

さらに、「色付きサングラス=UV効果あり」と思っている方がいますが、これは間違いです!

色付きでもUV効果のないサングラスはありますし、色なしでもUV効果があるサングラスもあります。

色が付いているだけでUV効果のないサングラスを選んでしまわないよう、注意してくださいね!

 

うなじ


 

出典:jp.pinterest.com

 

うなじに日焼け止めを塗り忘れて、気づいたら真っ赤っ赤!!

なんて経験、ありませんか?

 

とくにショートヘアの人はうなじが露出していますので、そこにもきちんとボディ用の日焼け止めを塗ることが重要です。

 

また、帽子も効果的。

前だけにつばのある野球帽のような帽子ではなく、きちんと顔、耳、首のうしろが隠れるつば広帽子を選ぶようにしてくださいね♪

 

足の甲


 

出典:jp.pinterest.com

 

意外と日焼け止めを塗り忘れがちなのが、足の甲です。

夏はサンダルなど足がすべて隠れないシューズを履くことも多いので、足の甲の紫外線対策も必要ですよね。

うっかり塗り忘れて、サンダルの形に日焼けしてしまうと恥ずかしいので、忘れないようにしましょう!

 

 

いかがでしたか?

UVケアを見逃しやすいポイントは、日焼け止めクリームが使えない部位もいくつかありましたね~。

徹底したUVケアには、日焼け止めアイテムをいくつか使いこなす必要があるようです!

万全の準備と対策をして、楽しい夏をお過ごしくださいね♪



関連記事

・ガサガサもギトギトもNG!キスしたくなる唇になるには?

・クレンジングこそ気をつけて!肌に優しいメイクオフグッズ特集

・女子なのにヒゲが...!?肌を傷めない、口周りの産毛の正しい処理法とおすすめ保湿クリーム