いそがしい毎日で睡眠時間が短くなってしまうものです。 しかし、1日に8時間睡眠にあてているとすると人生の3分の1は寝ているとされます。 今回は美肌と関係がある「睡眠エステ」について調べてみました。

睡眠は美肌の強い味方


 

出典:Kamil Macniak/Shutterstock.com

 

美肌への近道は睡眠と言うほど大切。

特に入眠から2〜3時間の間に多く分泌される成長ホルモンが盛んになり、食事でとった栄養を吸収し細胞が活性化します。

とくに、午後10時から午前2時はお肌の{ゴールデンタイム}と言われています。

この時間に深い睡眠(ノンレム睡眠)をすることが大切です。

 

睡眠のメリットにはダイエットにも効果あり!!


 

出典:Mark Nazh/Shutterstock.com

 

代謝を促進してくれることから、成長ホルモンはダイエットとも関係があります。

夜中まで起きていると食欲を増進させるグレリンというホルモンが出てしまうのです。

そこで何かを摂取してしまうと食生活が不規則になり太る原因にも。

 

食欲を抑えるホルモンは

 

・レプチン…脂肪細胞から分泌 基本的には食後にでるホルモン

 

このグレリンとレプチンが睡眠5時間未満の人はうまく機能しない為肥満になりやすいといわれています。

その為、規則正しい生活が大事だというのは美容や健康上もっとも必要なのです。

 

睡眠の質を高める8つの方法


 

出典:girlydrop.com

 

せっかく眠るなら、良質な睡眠をとりたいですよね?

睡眠の質を高める8つの方法をご紹介します。

 

 

1:着るものや枕にこだわる

 

眠るときには、体を締め付けすぎないゆったりと柔らかいものが理想です。

寒い時には、腹巻や靴下などであたためてあげましょう。

 

枕も高すぎず・低すぎず自分の形にあったものを使用しましょう。

デスクワークなどで目が疲れている方には、ホットタオルも良いですね。

パパッと取り入れたい場合には、市販のホットアイマスクを選びましょう。

自分の体温で発熱するアイマスクもあるので経済的にもオススメです。

 

 

2:ぬるめのお風呂に浸かる

 

睡眠前には38~40度を目安にぬるま湯にはいると副交感神経(リラックスしている時に働く神経)が高まりリラックスできます。

朝に入浴する方は、41度以上で交換神経(興奮・緊張しているときに動く神経)が高まるため神経を覚醒させます。

その為、就寝前はぬるめのお風呂でリラックスさせてあげましょう!

 

 

3:眠る前は照明を暗くする

 

覚醒と睡眠を切り替える・自然的に眠りを誘う睡眠ホルモンが明るい環境では、「メラトニン」が分泌されにくくなります。

眠る前にPCやスマホ、テレビ・明るい照明を避けた方がいいのは、このメラトニンに影響を受けてしまうからなのです。

メラトニンは細胞の新陳代謝を促したり疲れをとったり老化防止にとさまざまな効果を持つといわれています。

 

 

4:軽くストレッチやヨガをする

 

出典:girlydrop.com

 

疲れた体をほぐしてあげることでリラックスすることができます。

ダイエットにも良いので一石二鳥になります◎

無理のない範囲で、自分に合った方法を見つけ毎日続ける事で習慣になります。

 

 

5:眠る前の食事や飲み物について

 

出典:girlydrop.com

 

眠る直前の食事は避けたいところですが、お腹が空いているときはチョコレートやナッツ類を食べると良いのだとか。

また、カフェインの含まれている飲み物は交感神経を刺激してしまいます。

カフェインを含むものは1日に2杯を目安に♪

就寝前にオススメなのがカモミールのハーブティーやホットミルクです

 

 

6:アロマオイルでリラックス

 

出典:girlydrop.com

 

アロマの香りは、そのときの気分や体調に合わせて選んでみましょう。

精神を安定させてくれるのは、ラベンダーやマンダリンなど。

手軽にできるのが、ティッシュに含ませて枕元に置く方法です。

 

 

7:休日は寝過ぎないこと

 

休日はゆっくり寝ていたいというのが本音。

しかし、起きる時間と眠る時間を整えることで良質な睡眠がとりやすくなります。

いそがしくて睡眠がとれず、あとから長時間の睡眠をとることもありますよね?

寝だめは控えましょう。

 

どうしてもたくさん眠りたいときは、早めに寝てしまいましょう。

休日も起きる時間はいつもと変わらないように心がけることが大切です。

 

 

8:ストレスをためないこと

 

出典:girlydrop.com

 

とは言っても、なかなか眠れない日だってあります。

そんなときは、「寝なきゃ!」と自分を追い込まずに眠くなるまで起きていても良いのかもしれません。

 無理なく睡眠することが必要。

いくつか睡眠の質を高める方法をご紹介しましたが、自分に合うものを試してみてくださいね。

 

 

「睡眠エステ」について、いかがでしたか?

お金をかけずに眠っているだけでできるなんて、いいとこづくし。

いつもより睡眠を意識して、さらに美肌になりましょう♡

 

 

<監修者情報>

 

 

【カシワバ マリコ】

felicita.cosmetic 代表 ビューティーアドバイザー

 

1982年、札幌生まれ。

学生時代から美容が大好きで、沢山のコスメを試し24歳で長男誕生をきっかけに「息子達が20歳を過ぎても一緒に歩ける女性でいる」という決意から、さらに美を追求するように。

一般企業で働きながら毎日、肌や体の仕組みを勉強するようになり、より知識が欲しいと日本化粧品検定2級を取得。

また、美肌は体の中から作られる事とスーパーフードの持つ力を日々の食事で活用し、家族や世の中に発信していける人になりたいと資格取得。

そして、メイクの可能性はとても大きく、メイク好きをさらに生かしたいとメイクアップアーティストの資格も取得と同時に、スキンケアアドバイザーとしても活動。

その後、自分の本当にやりたい事を考え約15年務めていた会社の地位や名誉を捨て退職。

人生1度きりと言う事・本当に自分がやりたい事を極める為・いつまでも女性である事を発信していく人になりたいと女性起業家に転身。

一人でも多くの女性を綺麗にしてあげたい・力になりたいという思いで札幌を拠点に活動中。

 

【取得免許】

メイクアップアーティスト・スーパーフードプランナー・スキンケアセラピスト・スキンケアアドバイザー・日本化粧品検定2級

【主な活動】

札幌ビューティープロジェクト 札幌女子美容応援プロジェクト

 

関連記事

・透明感がほしい…。色白になりたい人がすべき5つのこと

・夏の紫外線ダメージ対策!正しい知識とケアで美白&美肌を維持しよう☆

・話題!ゴマキが使っているプロテオグリカンが気になる♡