目元は年齢を左右する大切な部分ですよね。シワやたるみなどのお悩みが出てきたアラサー、アラフォー世代の方にオススメなのがアイクリームです。今回は、目元のアンチエイジングに取り入れたアイクリームの正しい塗り方とポイントをご紹介していきたいと思います。

デリケートな目元にはアイクリームでエイジングケアを


 

出典:Ariwasabi/Shutterstock.com

 

皮膚が薄く想像以上にデリケートな目元。

乾燥しやすく、シワもできやすいですよね。

 

そんな目元の皮膚に合わせて作られたアイクリームを取り入れることで、目元のシワの改善やハリのある肌へと導いてくれます。

 

アイクリームをの正しい塗り方やポイントをマスターして、いつまでも若々しい目元を目指していきましょう!

 

アイクリームの正しい使い方


 

出典:Pavel Kriuchkov/Shutterstock.com

 

◎アイクリームを塗る順番

化粧品をは油分の少ないサラサラとしたものから付けていきます。

 

製品によっての違いはありますが、アイクリームは比較的油分が多く含まれており肌に密着しやすいタイプのものが多いため、取り入れる順番や乳液の後という場合が多いです。

 

 

◎アイクリームの塗り方

1.アイクリームを適量指に取り、目の周りに点々と数か所乗せる。

2.目尻から目の下を通って目頭に向かってアイクリームをトントンと優しく塗り広げていく。

3.そのまま目頭を通って上まぶたからこめかみに向かって伸ばしていく。

 

◎ツボ押しでより効果アップ

眉毛の下中央、眉尻、目頭、黒目の下、目尻にあるツボをそれぞれ数回ずつ痛気持ちいいくらいの力で押していきましょう。

 

眼球は触らないように注意してください。

ツボを押すことで血行がアップし、よりアイクリームの効果を高めることができます。

 

塗り方のポイント


 

出典:BLACKDAY/Shutterstock.com

 

◎とにかく優しく

アイクリームを塗ると言っても力任せにぐいぐい塗ってしまえば肌に刺激が与えられてしまいます。

アイクリームを塗るときは薬指を使って優しくトントンと塗り広げていくようにしましょう。

 

 

◎外側から内側へ塗り込む

シワは内側から外側へと刻まれていくので、反対に外側から内側へと塗り込むことでしっかりとシワへのアプローチをかけることができます。

 

 

いかがでしたでしょうか?目元はとてもデリケートな部分ですが、メイクやクレンジングなど日ごろから刺激が加えられやすい部分ですので、ケアの際は過度な刺激を与えないよう優しく丁寧に行うことを心がけていきましょう。正しい塗り方とポイントを押さえておくことで、より効果を実感することができますよ。ぜひ試してみてください。

 

関連記事

・実はみんな「サボりたい」?働く女子の見方サボリーノで楽ちん簡単スキンケア♡

・はちみつは美容効果抜群☆はちみつで美肌を手に入れよう♡

・毛穴撲滅!毛穴を目立たなくするポイント【スキンケア編】