冬は温度も湿度も低下し、お肌にとっては1年の中でもっとも過酷な季節です。 寒い外気や暖房の影響でお肌はカサカサに乾いてしまい、お化粧ののりが悪くなったり、目元や口元の小じわが目立ってしまったり、悩みは尽きません。 乾燥に負けない冬肌美人になるために、毎日のスキンケアをしっかりおさらいして潤いをキープしましょう♡

冬の乾燥に負けない肌作りをする


Kaori Hashimoto @haana0424

寒いとお部屋の中でも動くのがおっくうになってしまい、スキンケアもサボりがちになってしまうなんて方も多いと思います。

でも乾燥が気になる冬こそ、まずは基本のスキンケアをしっかりと行うのが重要です。

 

あまり念入りにクレンジングや洗顔を行うと肌の潤いが奪われそう!とつい手を抜きがちですが、乾燥する季節は埃などで肌も汚れがちです。

また、ターンオーバーの乱れから余分な角質が残っていると、どんなにスキンケアをしても肌に届きません。

 

乾燥が気になる季節は、クレンジングをクリームタイプやミルクタイプの肌に優しいタイプに変えると、肌の潤いを奪わずにしっかりメイクを落としてくれます。

朝夕の洗顔は、たっぷり泡立てた泡を使って肌を包み込みように優しく洗いましょう。

 

クレンジング、洗顔でしっかりメイクや肌の汚れ、角質を洗い流した後は、化粧水をたっぷり使って水分をしっかり補給しましょう。

美容成分が高く、高価な化粧水を使用した方がもちろん保湿力は上がり乾燥を防ぐ力も高まりますが、高価だからといって少量しか使わないのは逆効果です!

惜しみなく使える化粧水でしっかり肌を潤してあげましょう。

化粧水後のミルクで水分の蒸発を防ぐことも忘れずに、毎日行いましょう。

 

スペシャルケアで冬の肌に潤いを与える


濱田あおい @aoihamada

基本のスキンケアを毎日しっかり行うだけでもじゅうぶんお肌の潤いをキープすることはできますが、冬はスペシャルケアをプラスすることをおすすめします。

普段は化粧水、乳液だけでスキンケアを終了する方も、肌の悩みに伴って美容液やナイトクリームをプラスしましょう。

 

肌全体の乾燥が気になる場合はスキンケアの最後にナイトクリームを、目元の乾燥や小じわが気になる場合はアイクリームやエイジング用の美容液を、夜のスキンケアにプラスすることで冬の肌悩みを解消することができます。

 

冬でも紫外線対策は忘れないこと


chisa @chisa.mk

冬は乾燥対策だけをしておけば紫外線対策をしなくても大丈夫、と思って安心していませんか?

 

紫外線は寒い冬でもしっかりと降り注いでいるのです。

春夏に比べると紫外線量は少なくなりますが、毎日の通勤や通学、買い物などで日差しを浴び続ければ肌のダメージは確実に蓄積されてしまいます。

冬のスキンケアは保湿も大切ですが、紫外線防止対策も忘れずに。おすすめは日焼け止め効果のある下地クリームを使用することです。

 

 

冬肌美人を作るには毎日のスキンケアの他、バランスの良い食事と摂ることや身体を冷やさないように温めること、睡眠をしっかりとることも必要です。

スキンケアと規則正しい生活で冬の乾燥に負けない美しい肌を作りましょう♡

 

関連記事

・無印良品のスキンケアシリーズ、リピーターのそのワケ

・誰でも簡単にできる♡透明感のある肌になる3つの方法

・小鼻の角栓&毛穴汚れを解消するケア方法