毎日、何気なく使っている化粧水や乳液などのスキンケア化粧品。効果をじゅうぶんに感じていますか?いまいち効果があるのかどうか分からないと思いながら使用していませんか? どんなに高価な化粧品でも、正しい使い方が出来ていいなければ効果を実感することはできません。 せっかく使うスキンケア化粧品、その効果を高めるための正しい使い方や、簡単なテクニックをご紹介致します。

スキンケア化粧品の基本


saa @saatan2444

まず基本的なことですが、スキンケア化粧品は使用する順番を守ることが重要です。

メーカーによって順序が前後する場合もありますが、化粧水、美容液、乳液、栄養クリームと油分の少ないものから先に塗布することで、肌への浸透が良くなり化粧品の効果を損なわずに使用することができます。

 

先に乳液やクリームなどの油分を付けてしまいよく言われる“フタをする”状態にしてしまうと、後から化粧水をつけても浸透せず肌の表面は潤っているように見えても、肌の内側で水分不足を起こしてしまうのです。

 

そしてスキンケアを行うタイミングも重要です。

寒い冬はお風呂上りに“先に髪を乾かしたい”と思ってしまいますが、ドライヤーの熱が肌にあたることで、ただでさえ乾燥しやすい季節に更に肌の水分を蒸発させることになってしまいます。

 

お風呂上りは何より先に、化粧水や乳液などを与え肌を潤すことが最優先です。

 

肌は優しく手で触れることが大切


naka/ stock.adobe.com

化粧水を付ける際に、パチパチと豪快に顔を叩いたり、擦り込むようにゴシゴシと擦ったりしていませんか?

赤くなったりはしていないから大丈夫!と思われるかもしれませんが、肌はとってもデリケート。

その刺激の積み重ねが肌を老化に導いてしまうのです。

 

コットンなど繊維の刺激も肌には負担となるので、化粧水や乳液は手を使って塗布することがおすすめです。

冷たい状態の化粧品をいったん手に取り、手で少し温めた状態で優しく滑らせるように肌に塗布していき、決して擦らないようにしましょう。

 

化粧水の成分を浸透させるのにパッティングは有効ですが、強く叩くのではなく、優しく押すようにパッティングをするのが効果的です。

 

朝のスキンケアテクニック


milatas/ stock.adobe.com

朝のスキンケアはなるべく使うアイテムを減らしましょう。

冬は乾燥するからと、美容オイルや栄養クリームまで朝からフルコースでスキンケアしてしまうと、ファンデーションなどの滑りがよくなりすぎ化粧崩れの原因になってしまいます。

化粧水、乳液など最小限のアイテムでじゅうぶんです。

また、朝のスキンケアでは注意が必要なアイテムもあります。

美容液や栄養クリームに配合されている成分“レチノール”には光毒性があり、日光にあたると日焼けの原因になったり痒み等を引き起こしやすくなります。

シワやたるみに効果的な成分なので、朝でもしっかりお手入れに使用したくなりますが、日中のお出かけ前の使用は避けること。夜のお手入れで活用しましょう。

 

洗顔も重要なスキンケア


@ma_____k0

“たっぷりの泡で優しく肌を包むように洗う”という洗顔の仕方が定着してきました。

泡で優しく、負担をかけずに肌を洗うことは重要なのですが、泡を立てるのが面倒で、もともと泡で出で来る洗顔やすぐに泡が立つ洗顔などを使用していませんか?

 

時間がない朝には重宝するのですが、泡立ちの良い洗顔料の中には泡を早く作るために洗浄力の強い成分は含まれていることが多いので、乾燥肌の方にはあまりおすすめできません。

 

刺激の少ない固形洗顔せっけん等で泡立てネットを使用し、自分でしっかり泡を作って洗顔をした方が、肌への負担を減らすことができます。

 

 

いかがでしたか?

知っているようで意外と知らなかったことや、分かっていても“まぁいいや”でやってしまっているスキンケアのタブーもあったかと思います。

特別にお金をかけることではなく、ちょっとした心がけだけで、今使っているスキンケア化粧品の効果がアップします。

今日から、ぜひ試してその効果を実感してみてくださいね。

 

関連記事

・小鼻の黒ずみが気になる方へ!毛穴レスな美肌を作るメソッド♡

・血流アップで美肌を目指す!お風呂と食事で肌改善しよう♪

・大人ニキビが出来てしまったら…おすすめのニキビケアアイテムで早めのケア