季節の変わり目は体調を崩しやすくなると同時に、肌の調子も不安定になりがち。季節の変わり目にトラブルを起こしやすい肌は“ゆらぎ肌”と言われます。 “ゆらぎ肌”で悩む女性は多く、特に春先は花粉症などのアレルギーや新生活のストレスなどと相まって、肌トラブルの悩みも深刻になりがちです。 なぜ季節の変わり目に肌のトラブルが起こりやすくなるのか?どんなスキンケアを心がければよいのか? 今回は、その原因やスキンケア方法についてご紹介をしていきたいと思います。

春先の肌トラブルの原因

 

春先に起こりやすい肌トラブルには、次のように様々な原因が考えられます。

 

・朝夕や日々の気温差が大きく、新陳代謝が乱れ、肌にもトラブルが起こりやすくなります。

・花粉やホコリなどで肌が敏感になりやすく、肌荒れを起こしやすい状態になります。

・気温が上昇するため、皮脂の分泌が活発になり、吹き出物ができやすくなります。

・紫外線が強くなり、肌にダメージを受けるようになります。

・新生活など、生活リズムの変化やストレスで肌も影響を受けやすくなります。

 

このようなダメージに、どのようなスキンケアで対策を行えばよいのでしょうか。 次に、春先のゆらぎ肌対策におすすめのスキンケア方法をご紹介します。

 

クレンジングの刺激を最小限に抑える

 

 

新陳代謝の乱れや、花粉、ホコリなどの影響で肌が敏感になりがちな季節。できる限り肌への負担は減らしたいところです。

 

肌に負担を与えるクレンジングの刺激を軽減するためにも、クレンジングは、肌に優しいミルクタイプやクリームタイプがおすすめです。 オイルを使用する場合は、オリーブオイルなどの天然成分を選びましょう。

 

ただし肌に優しいクレンジングは、その分洗浄力が弱くなります。マイルドなクレンジングでも対応できるように、肌トラブルが起きやすい季節はナチュラルメイクを心がけましょう。

 

肌の保湿を重視したスキンケア

 

 

Tゾーンはべたつき、頬や目元は乾燥が進むなど、肌のバランスを崩しがちな時期。汗ばむ陽気の日は、ベタつきが気になって保湿ケアをついつい怠ってしまいます。

 

しかし皮脂の分泌が盛んになっても、乾いた空気や紫外線の影響で肌は水分を失い、インナードライの状態になりがち。 肌の保湿ケアは季節を問わず、しっかり行いましょう。

 

特に春先は、吹き出物もできやすい時期なので、油分の多いスキンケアは避けたいところ。使用感はさっぱりしていて、保湿力の高い化粧水をたっぷり肌になじませましょう。ローションパックなどもおすすめです。

 

紫外線対策を早めに始めましょう

 

 

紫外線対策は1年中必要です。と分かっていても、冬場は紫外線対策まで手が回らないのが現実です。その流れで、まだまだ大丈夫と本格的な夏が来るまで紫外対策を始めない方も多いのではないでしょうか。

 

肌トラブルを起こしやすい時期、紫外線カット効果の高い下地やファンデーションを使用するのに抵抗がある時は、まだ早いと思っても帽子や日傘で日差しで紫外線対策をしましょう。

 

 

季節の変わり目の肌トラブルの対策として、スキンケア方法をご紹介しました。しかし肌トラブルの原因には、新生活による生活リズムの乱れやストレスなども影響しています。 睡眠時間をたっぷりとることや、お風呂にゆっくり浸かりリラックスするなど、日々の生活を見直すことで肌トラブルの改善につながることもあります。 ぜひスキンケアと合わせて、実践してみてくださいね。

 

関連記事

・季節の変わり目!トラブル知らずのスキンケアを教えて!

・季節の変わり目!トラブル知らずのスキンケアを教えて!

・季節の変わり目!トラブル知らずのスキンケアを教えて!