10代20代の頃は肌を押したらすぐ押し返してきたのに、最近は弾力が少なくなってきた気がする…。肌のたるみは老け顔に見える一番の原因!うっかりすると見た目でプラス10歳に見られることも!ハリのあるモチ肌に戻すケア法を探ってみましょう。

肌がたるんで落ちてくる…。その原因は?

 

 

なんで20代以降になってくると肌が弛み始めるの?

 

●エラスチン不足

 

肌の潤いにはコラーゲンとヒアルロン酸が大切。

これは言わずと知れた事実。

多くの女性もこれらの成分が豊富に入った化粧水や乳液を使っていらっしゃることでしょう。

 

でもそれだけでは実は不十分。

コラーゲンはいわば肌のハリを支える柱のような存在、そしてヒアルロン酸は潤いをキープさせるスポンジのような存在。

でも肌の弾力を支えるのはゴムの役割を果たす「エラスチン」なんです。

 

エラスチンは肌のみならず、内臓や血管にもぞんざいするたんぱく質で、それらに弾力性、伸縮性を与えます。

しかしこの成分は私たちが毎日口にする物にはほとんど含まれていないので、毎日の食物から取り入れにくく、年とるごとに減少していってしまいます。

すると徐々にたるみ、しわ、くぼみの原因に…。

 

●肌の水分不足

 

乾燥はシワ、たるみの最大の敵!

「私毎日化粧水で水分補給しているよ?」と言われるかもしれませんが、肌の表面に一時的に水分をぱしゃぱしゃ濡らすだけでは不十分です。

大切なのは、肌の表面(表皮)ではなく、その下の真皮部分です。

 

この部分は基質、コラーゲン、エラスチンで出来ていますが、こここそが表皮を支える肌の土台です。

真皮に潤いを与えることが一番大切なんですね。

そのためにも良く浸透させる方法で保湿させなければなりません。

 

肌に弾力を取り戻す3つの方法

 

 

お肌をぷるんと弾む赤ちゃん肌にするため出来ることは?

 

美顔器でイオン導入

 

 

美容成分がたくさん入った高い化粧水を使っていても、肌の奥まで浸透していないなら勿体ないこと。

肌の表面でとどまって蒸発しているだけで、本当に肌を潤していることにはなりません。

 

ではどうやって肌の奥に染み込ませるの?

それには「イオン導入」という方法がオススメです。

美容成分をイオン化させ、肌に優しい電流で肌の奥に浸透させていきます。

 

家庭用美顔器を使って毎日スキンケアに励みましょう。

 

ホットタオルで化粧水の浸透率アップ

 

 

美顔器を買う余裕がないという方も、少しの工夫で化粧水の浸透率をアップさせることが出来ます。

 

それは「血流をアップさせること」。

冷え性でお悩みの方は概して血行不良に悩まれています。

血流は体の栄養素を全身に運ぶ働きもあります。

それは顔でも同じ。

 

化粧水に含まれる美容成分が奥に染み込みやすくするためにも、化粧水をつける前に顔の血流を促進させておきましょう。

一番簡単な方法はホットタオルで顔を温めておくこと。

毛穴も広がり汚れも浮きやすくなるので一石二鳥です。

 

サプリでとれるエラスチン

 

ハリジェンヌ つぶ 31日分

 

<商品>

ハリジェンヌ つぶ 31日分 /4,630円(税抜)

ハリジェンヌ ジュレ<ザクロ味> 15日分 /5,926円(税抜)

 

肌の弾力には「エラスチン補給」が絶対のポイントです。

ゴムの役割を果たすエラスチンがきちんと補給されれば、ハリのある肌を取り戻すことが出来ます。

食事から摂れないなら意識的にサプリから摂るのもいい方法です♪

 

美容家IKKOさんも自信をもってオススメするハリジェンヌはカツオ由来のエラスチンを配合。

つぶタイプは、1日分(4粒)で75mgのエラスチン、750mgのコラーゲン、36mgのヒアルロン酸の真皮を支える成分を摂取できますよ!

 

 

いかがでしたか?

ただやみくもに肌を持ち上げたり、マッサージするだけでは不十分!

肌の奥の奥、真皮のエラスチンやコラーゲンを補給し、再生能力をあげることが最優先です。

 

また肌の表面だけを潤すのもNG!

大切なのは肌の奥まで化粧水を浸透させること。

ポイントを押さえて、効率よくプルモチ肌を作りましょう。

 

関連記事

・お肌に弾むようなハリを♪たるみケアに効果的な3つのこと

・お肌に弾むようなハリを♪たるみケアに効果的な3つのこと

・お肌に弾むようなハリを♪たるみケアに効果的な3つのこと