夏本番。浴衣を着たくなるときってどんなときでしょう?夏のイベントには花火や祭りがありますが、こういったイベントの時に、特に女性としては粋に浴衣を着こなしたくなりますよね。最近はイベントの時以外にも、オシャレな浴衣美人やかっこよく浴衣を着こなしている男性も見かけます。人が浴衣や着物をオシャレに着こなしているのを見ると自分でもますます浴衣を着てみたいと思う人も多いのではないでしょうか。浴衣は誰でも気軽に着ることができるのが特徴。最近では量販店でも浴衣が販売されていますが、素材、色や柄などを見て「着られるかな?」と悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。上品かつ可愛らしく浴衣を着こなす秘訣をご紹介します。

【知っておきたい浴衣のマナー】

着物や浴衣を着たときのマナーや作法を知っておくと、あなたの着物(浴衣)美人度はグンとアップします。
マナーや作法、言い換えると「立ち居振る舞い」や「所作」という意味もあります。相手に好感が持たれ、着物(浴衣)姿を一層引き立てる振る舞い方を身につけておきましょう。着物や浴衣でのお出かけで、困ることのないようにしておけば、安心して行事などを楽しめるようになります。浴衣は着物の中でも大変カジュアルで、普段着として気軽に着ることのできる着物です。堅苦しくあれをしてはいけない、というようなルールはありませんがせっかく浴衣を着るのですから浴衣を着たときの食事や歩き方のコツなど、簡単なマナーというかポイントを知っておくと、浴衣姿もすっきりとサマになってくると思います。浴衣のマナーというとちょっと堅苦しい感じがしますが、簡単にいてしまえば「ゆかた」を着ているときに合った立ち居振る舞い、と考えるといいと思います。浴衣を着ていると、ちょっとしたことでも着崩れて浴衣が曲がっていたり変にシワがよってしまっていたり、気づかないうちに袂(たもと)やすそ、胸元などが汚れてしまうということがあります。実際浴衣を着慣れていない人にとっては、着崩れてきても着崩れてきたことになかなか気づかなかったり、汚れるのを気にしてしまって動きが窮屈になってしまったりします。それではせっかくの浴衣も楽しんで着ることができませんよね。
そういったことから考えて、浴衣のマナーとは、浴衣を十分楽しむために動きやすく浴衣姿を美しく保つためのちょっとしたコツだといえます。中でもたくさんの人が特に気になっているのは、食事の時や歩き方や座り方といった日常的な行動の中でのマナーについてだと思います。浴衣を着ているときのマナーについてちょっと気をつけてみるだけで、とたんにすっきりとお洒落に浴衣を着こなしているように見えると思いますよ。

【浴衣(着物)を着たときの立ち方と歩き方】

浴衣のみならず着物を着たときに「美しく見える立ち方」は、背筋を伸ばして前をまっすぐ見るようにややあごを引きます。足はこぶしひとつ分ほどあけてから、つま先を合わせるようにハの字にし、一方の足先を足半分前に出します。こうすると安定して立っていられます。長く立つときは、前に出す足を変えてください。重心を前に出した足にかけると、控えめながらも凛とした立ち姿になります。歩き方は履物の長さの分だけ前に出す程度の歩幅が上品。やや内股で、スカートで歩くときより少し小さ目の歩幅で歩くようにします。かかとを引きずらないようにして、一本の線の上を歩くようにまっすぐ歩きます。バッグを持つなら左手に持って、右手は軽く肘をまげて上前に置いて歩くと、裾の乱れも防げ、美しい歩き方になります。

◆階段の上り下り

階段を上るときは、裾を踏まないように注意してください。(裾の短い浴衣のときはいいのですが)階段を上るときは、右手で着物を少しつまんで上あげ、裾を短くし足裏の三分の二ほどを階段に置いてあがるようにします。
階段を降りるときは、身体と足を少し斜めにして、足裏全体が階段に接するように降りると安全です。特に裾を長く着付けているときは、右手で着物をつまんで上げ、足元がよく見えるようにします。階段の奥行が狭いと危険なので、両足を一段ずつに置いてゆっくり降りてもよいです。

◆お手洗いに行くとき

とっても気になるのが、お手洗いの時のこと。お手洗いでは、できるだけ広い洋式を選んでください。着物のつま先を上にあげて、帯に挟み込み、次に長襦袢の裾を帯に挟み込んで、最後に裾除けを帯に挟み込むようにします。またはつま先を帯締めに挟んでいってもよいです。終わったら逆の順におろしていきます。慣れてきたら、ひじで押さえることもできるでしょう。最初に袖の後ろ側を、クリップで挟んでおき、袖のたもとが邪魔にならないようにしておくと、洗面所で手をあらうのに袖を汚さず便利です。たもとを留めておく紐ベルト状の端にクリップの付いた便利グッズも販売されています。お手洗いを後にするとき、おはしょりとお太鼓のたれがめくれていないか確かめましょう。

【浴衣を着た時の食事シーン】

レストランやカフェなどに入った時。着物はたもとがあるため、テーブルの上のものに引っかかることがあります。それを防ぐために、グラスをとったり手を伸ばす動作のときは、もう一方の手で、袖口をつまんでたもとがテーブルの上のものに当たらないようにします。テーブルとの距離をとりすぎると、こぼすこともあるので、こぶしひとつ分ほどの距離で座るとよいでしょう。浴衣を着ているとナプキンで首からきっちり胸元を覆ってしまう人を見かけることがあります。浴衣を汚したくない、というのはよくわかりますがあまりお洒落ではありません。また、首からきっちりナプキンをかけてしまうと、ナプキンが気になってちょっと動きづらくなってしまいますよね。浴衣を着て食事をする場合、ナプキンは膝の上に広げるか帯のあたりに軽く挟み込む程度にするとよいでしょう。しかし、パスタやサラダなどは、ソースやドレッシングがはねてしまいやすいのでできれば避けた方がいいかもしれませんね。

【浴衣の着崩れの直し方】

「ゆかた」を着て出かける時に一番困ってしまうのは、着崩れをどうやってなおすかということです。ある程度の着崩れは、色気を旨く引き出してくれますが、あまり着崩れてしまうとみっともなくなってしまうので、直し方をある程度覚えておくことも大切です。襟元は大変着崩れてきやすい部分です。襟元を直し場合は、左手で身八つ口から手を入れて、右手で上前の襟元をおさえるようにして、両方から軽く引っ張るようにして直します。また、エリが上がってきてしまい、うなじ部分にゆとりがなくなってきた場合には、帯の下から出ている「おはしょり」を両手で引っ張って直しましょう。

さあ!この夏は、鮮やかに、涼やかに、粋に、いなせに、浴衣を着こなしてみませんか。



PAK85_shimadukaminoke20140823-thumb-1000xauto-17452


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)