最近のスポーツではサッカー女子W杯でなでしこジャパンが大活躍していますね!サッカーのみならず野球、ラクロス、バスケットボール、カーレースなど幅広くスポーツ女子が増えています。一生懸命になり夢中になって楽しんでいると、ふと人と接触したり、ボールが顔などに当たる可能性もあります。歯は人間の中で最も硬い組織ですから、そんな硬い組織が外からの強い衝撃が加わるとどうなるか想像してみてください。
大切な歯を守りながらスポーツをもっと安全に楽しむために今日はマウスガードについて少しお話ししたいと思います。

 

【マウスガードって何!?】

マウスガードとは口腔の外傷防止を主な目的としたマウスピースのようなもので、スポーツをしていると歯の破折や離脱を想像しがちですが、実際は自分自身の歯が凶器となって舌を切ったり、唇を突き破ったり、一緒に競技をしている仲間や相手の選手を傷つけたりすることが多いのです。バスケットボールなど胸の高さにむけてパスをすることが多いと思いますが、そのパスを取りそこない顔にあたると鼻も痛いですが、歯によって唇が切れる可能性があります。そういった思いもよらないケースがスポーツではたくさん起こることが多々あります。マウスガードも多種多様で、スポーツによって求められる厚さやデザインなどもあります。歯並びが悪い場合は、その部分をブロックし粘膜にスムーズに仕上げるなど工夫が必要です。厚さや装着している時間によって機能発揮は大きくなりますが、厚いと着け心地にも左右するため、それなりにバランスを考え、専門の技師や歯科医師に相談しながら成形していくのがよいです。

 

【スポーツ現場でこんなことが!?】

女子のラクロス競技では今やマウスガードは義務化されている為、装着していないと試合にも出ることができません。主にバスケットボール、バレーボール、野球、サッカー、フトサル、テニスなど球技では、小学生でも口腔への何らかの外傷の事故事例の報告があります。サッカーのディフェンスをしていての事故のケースですが、相手選手がボールを持って攻めてくると守る側はボールに目がいってしまい、相手選手の肘や肩が顔に当たってしまい、歯が脱臼し脱離してしまい、さらには唇の口角部位が切れてしまいました。脱離した歯が見つかりすぐ歯医者に持っていけば処置は可能です。もしマウスガードをしていたら、症状はもっと軽減していたか、そのようなことがおこらなかったかもしれません。
最近、サイクリストいわゆるロードバイクを乗る女性も多くなってきていますが、ヘルメットはかぶっていても、フルフェイスではないため、もし衝突事故や自身がコケて顔を怪我してしまった際などを考えると、単独スポーツであってもマウスガードはするほうが良いかもしれません。また、マウスガードは歯と歯の接触にも関係しているため、歯をくいしばる際の磨耗も間接的に防げる利点もあります。

 

【最近ではファッションの一部に!?】

少し前ですが、北京オリンピックで日本女子ソフトボールチームが金メダルをとったのを覚えていますか?日本人選手の口元に気づいた人はとてもスゴイですが、投手の方は実は、試合中マウスガードを装着して熱投していました。それで金メダルがとれたのかは定かではありませんが、長時間集中している場合でも違和感なく使用することの証明でもあり、噛みしめてボールを思いっきり投げる動作にもとても効果的だということです。この選手は白いマウスガードをしていましたが、海外の選手によっては、国旗の模様のマウスガードをしている選手もいます。そうした個性をだしながらも、安全に快適にスポーツを行うことが本当のプロフェッショナルかもしれません。

 

まだまだ一般には浸透していないマウスガードですが、プロの世界で活躍する選手の間では確実に使用する人が増えています。試合が終わった後ににこやかにキラリと光る歯でインタビューをうけるのもプロの世界では必要なのかもしれません。健康的で綺麗な歯を維持しながらスポーツを楽しむ女子にもマウスガードが必需品のデンタルサポートアイテム、ファッションアイテムになるかもしれませんね。

 

gf01a201503031900




(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)