女子にとって夏場のオフィスというと、冬の寒空以上に耐え難い寒さがあるのではないでしょうか。いくらクールビズとはいえ、暑がりの男性に合わせてオフィス環境は整えられがちですし、空調を勝手にいじるわけにもいきません。冷えから身を守るためには、どんな対策をしたら良いのでしょうか。


◆服装や持ち物で工夫できるオフィスの冷房対策

勝手に空調をいじれない場合、服装や持ち物を工夫して冷え対策をしないといけません。働く女子の皆さんは、日頃どんな工夫をしていますか。

・ブランケット
オールシーズン、ひざ掛けのブランケットを1枚用意しておくのが定番ではないでしょうか。特にスカートを履いている時、足元はパンストのみと寒さに対して無防備ですし、ブランケットで足の行儀が悪くても多少は隠すことができます。夏場になると見つけることができなくなるため、種類が豊富な冬場のうちに用意しておきたいものです。

・カーディガン
これからの季節、1つ羽織るものがあると便利ですよね。暑い室外と冷えた室内で体温調節ができるように、簡単に脱ぎ着できるカーディガンを持ち歩くことがオススメです。また、オフィスにジャケットを置いておくのも良いかもしれません。厚手でなくとも1枚羽織るだけで体感は変わってきます。毎日の服装に合わせて何色かカーディガンを持っておくとオシャレも楽しむことができます。

・ショール
意外と忘れてしまいがちなのが、首元です。冬場にマフラーがあるのとないのとでは、寒さが全然違いますよね。夏場は首元が開いた服装をしがちですから、寒さを感じやすい部分が無防備になっています。大判のショールがあれば首に巻くことも、広げて羽織ることもできます。薄手でかさばらないものも多いですから、バッグに入れておいても邪魔になりません。


◆夏のエアコン冷え対策もオシャレに楽しみたいワンランク上の女子へ

ただの寒さ対策にするだけではなく、毎日のオシャレとして気に入ったものに囲まれた生活をしたいものですよね。ブランケットにしてもストールにしても、自分の好みのものを選ぶことで、気持ちにも余裕ができるのではないでしょうか。

そんなワンランク上のアイテムを探しているなら『nitty(ニッティ)』がおすすめです!

nitty(ニッティ)では、ハンドメイドのスカーフやショールを販売しています。1つ1つを手編みで作られていますから、既成品にはない手作りの良さを感じることができます。人とはかぶらない一点物をお探しの方は、nitty(ニッティ)のショールを見てみてはいかがでしょうか。


普段はシンプルな服装の方でも、首元のオシャレは洋服よりも冒険ができますし、ショールであれば華やかな色も取り入れやすいのではないでしょうか。更にはシワになりにくく、かさばらないため、持ち運びにも便利で場所を選びません。服装が物足りないと感じた時、サッと雰囲気を変えることもできます。


◆さいごに

nitty(ニッティ)では、「より美しく、より華やかに」をモットーに制作しており、ワンランク上の女性を目指す方を応援しているのだそうです。いくつになっても、美しくありたいオシャレをしたいという女子でありたいものですよね。

皆さんもnitty(ニッティ)のショールを日常に取り入れてみてはいかがでしょうか。寒さでイライラしがちなオフィスでも、きっと気持ちを上げてくれるはずです。


今回ご紹介した『nitty(ニッティ) たんぽぽモール店』が気になった方は、
下の画像をクリックして詳細をチェックしてみてくださいね♪




(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)