調味料やお米、小麦粉など、日常あまり気にしていなかった食品の賞味期限や正しい保存方法を皆さんご存知でしょうか?ひょっとしたら何気なく行っている保管方法は間違っているかもしれません。今回はそんな事態に陥りがちな食品の中から数品をピックアップ。正しい保存方法や賞味期限、注意点などについて解説していきます。

◆お米
賞味期限はパッケージに記載されていませんが、非常にデリケートな食品です。精米された白米を本当に美味しく食べられるのは、精米日から2週間程度と言われています。意外に短くて驚かれる方も多いと思いますが、実際に農協等で推奨している「賞味」できる期間も(季節によって異なりますが)1-2ヶ月程度です。
保存に最適なのは「冷暗所」。冷蔵庫の中や床下収納など、1日、1年を通じて温度変化の少ない場所が理想的。室内で常温保管する場合は風通しの良さに気を配り、必ず30度以下で保存しましょう。お米が酸化すると粉をふいたようになってきます。

◆塩
塩は時間の経過による品質の変化が極めて少ない食品のため、食品衛生法やJAS法(農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律)で賞味期限と保存方法の表示を省略できる食品に分類されています。
ただし、温度や湿度の影響により固まる性質や、臭いを吸着しやすい性質があるため、高温多湿の場所を避けて臭いの強いものの近くには置かないようにしましょう。冷蔵庫のなかで保存すると、使用する際の急激な温度変化によって容器の内側が結露して塩が吸湿する可能性があるので、常温で保管することをオススメします。

◆砂糖
こちらも塩と同様、品質の劣化が極めて少ない食品として賞味期限と保存方法の表示を省略できる食品に分類されています。まれに長期保存した砂糖の一部が黄色く変色していることがありますが、これは原料由来の微量アミノ酸と糖とが反応(メイラード反応)を起こしているだけで食べてもまったく問題はありません。
また、保存をしていると砂糖が固まることがありますが、実は湿気ではなく乾燥によって起きています。そのような場合は砂糖を保存している密閉容器に食パンを一昼夜入れておくと、食パンの水分を吸収してサラサラになるのでぜひ試してみてください。

◆酢
酢は殺菌効果があるため、賞味期限は開封前も開封後もおおよそ2年が目安となっています。日の当たらない冷暗所やシンクの下など常温保存で問題ありません。
しかし、夏の暑い時期は酸化がすすむことがありますので、風味の劣化が気になる場合は冷蔵庫で保管しましょう。

◆醤油
未開封での賞味期限は1-2年とメーカーによって異なります。醤油は開封してすぐから酸化が始まるので、風味を保つためには冷暗所で保存して1ヶ月程度で使い切るのが理想的です。また暑い時期に常温保存をした場合はカビのようなものが生える場合があります。
これは天然仕込の醤油の場合は人体に無害の酵母菌の結晶あることがほとんどですが、一般的な工場生産の市販品では有害なカビの可能性がありますので、充分な注意が必要です。

◆小麦粉
賞味期限はパッケージに記載されていますが、未開封状態で強力粉は製造後6か月、薄力粉・中力粉は1年となっています。食品保存の基本中の基本、高温多湿の場所や直射日光を避け保存し、開封後は吸湿・虫害などを防ぐため、しっかり開け口を閉めて早めに使い切るのが原則です。
もちろん賞味期限を過ぎたらすぐにお腹を壊すということはほとんどありませんが、風味は次第に落ちてきます。ただし、一口食べて分かるほどの劣化を感じるのは相当長いこと放置した場合が多いです。

20130721130020普段の食卓に欠かせない食品であるからこそ、正しい知識と保存方法でいつまでも美味しくいただきたいもの。特に難しいことはありませんので、上記を参考にしてより良い状態でお米や調味料を保存し、フードロスを減らして料理に活用してください。



↓↓【人気コラム】ズボラ飯レシピ・時短ダイエット法の記事はこちら!↓↓
超簡単!「缶詰」を使った、すぐ作れて美味しいズボラ飯レシピ4つを教えます。
足の筋肉を鍛えて基礎代謝UP!簡単時短トレーニング法で脱ぽっちゃり女子!


↓↓【人気特集】簡単&時短レシピにおすすめな食材を多数ご紹介中!↓↓
★全国各地の旨いを集めました!《お取り寄せグルメ特集》
★ご飯にのせてるだけで絶品!《めし友特集》




RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss






*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ