寒い季節になると食べたくなるのが「サツマイモ」実は、サツマイモは便秘解消や美容効果があるんですよ!みなさん、サツマイモをたくさん食べて「キレイ」を手に入れましょう!

サツマイモと便秘解消について
サツマイモを食べると便秘解消に繋がるというのは聞いたことがある人もいることでしょう。食べるとおならが出やすいのもよく知られた話ですね。サツマイモを食べると便秘解消に繋がる理由としては、サツマイモには食物繊維が豊富に含まれているからです。
また、サツマイモには、ヤラピンという成分も含まれていますので、この成分によって腸内にたまった便を柔らかくして排泄してくれるようになります。サツマイモの1日の摂取量ですが、数字にしてもあまりわからないかと思いますので、簡単に説明させていただきます。目安としては、「食べ過ぎない程度に」です(笑)
便を柔らかくしてくれますから、食べ過ぎると下痢してしまいますよ。サツマイモは、白米と比べてもカロリーがとても低いです。しかし、栄養素が豊富なので、白米を多く摂るよりもサツマイモを多く摂った方がいいとも言えますね。

サツマイモと美容効果について
サツマイモは便秘に効果がある以外にも美容にも効果があります。便秘のところでもご紹介しましたが、サツマイモには食物繊維以外に「ヤラピン」という成分が含まれています。このヤラピンは何と、サツマイモだけにしか含まれていないそうです。サツマイモを切った時に白い液体が出てくるかと思いますが、あれが「ヤラピン」となります。
これは、腸の働きを活発にさせてくれますので、便秘を解消してくれる・・・ということはご説明しましたね。その他には、ビタミンB群は糖質を燃焼させてエネルギーに変えてくれる働きがあります。さらには疲労回復の効果がありますので、とてもありがたい作用をしてくれるというわけです。また、ビタミンB2は糖質、脂質、たんぱく質の三大栄養素全体の代謝に関わりますが、中でも脂質を燃焼させる役割を担っており、ダイエットにも効果をもたらせてくれるんですよ。
肌荒れや口内炎の予防にも効果があり、アンチエイジングのことを考えても、ビタミンは積極的に摂取するといいでしょう。

サツマイモに含まれているビタミンCはリンゴの7倍もある!
美肌・美白に効果があるのがビタミンCです。サツマイモにはリンゴの7倍ものビタミンCが含まれていますので、ぜひともサツマイモを活用してほしいものですよね。メラニン色素の沈着を抑えてお肌を守ってくれる美白(抗酸化作用)やコラーゲンの形成に主要な働きを果たしてくれるのもありますので、最近頬がたるんできたなと思い当たるのであればなおさら食べて欲しいものとなるでしょう。

ビタミンEも豊富
サツマイモを1本食べると、1日に必要なビタミンEを摂取することができます。ビタミンEは抗酸化作用が高く、活性酸素の生成を抑えてくれますし、血中コレステロールの酸化も防いでくれますので、さまざまな病気から身を守ってくれますよ。

サツマイモのおすすめレシピ
【サツマイモのスムージー】
材料
バナナ1本
サツマイモ1/4(レンジでチンしたもの)
牛乳150ml
蜂蜜(お好みで)
材料をミキサーに入れます。これでスムージーの完成なので、朝食に飲んでみてくださいね。

【黒糖&サツマイモ】
材料(2人分)調理時間15分
さつまいいも275g
たまねぎ(スライス)40g
★黒豆(市販)50g
★プロセスチーズ50g
★マヨネーズ大さじ2
①玉ねぎはスライスして水にさらす
②サツマイモはよごれを落として、皮付きのまま1cm角にカット。
③フライパンに2を敷き詰め、さつまいもが半分隠れる程度の水を入れ火にかける。
④③が沸騰したら蓋をして10分蒸し煮す。
⑤蓋を取り、そのまま水分を飛ばす。
⑥水を完全に飛ばしたら、⑤をボールに移してマッシュする。
⑦水気を切った1と★を入れ混ぜ合わせれば完成

さいごに
サツマイモはいろいろな料理にアレンジして入れていただいても大丈夫だと思います。大事なのは、食べることです。スムージーにして朝食に食べていくのもいいのですが、お腹がゴロゴロするのが嫌なのであれば、夜寝る前に飲んでもいいのではないでしょうか。
そうすると、朝に便意がきやすくなりますので、通勤途中にお腹が痛くなることもないでしょう。おならを気にする人もいますが、実は、おならはサツマイモを食べた方がくさくないと言います。確かにおならの回数が増えるのはちょっと恥ずかしいので、これもまた、夕方帰宅した後に食べることでおならの心配もすることもなくなるのではないかと思います。サツマイモを食べて、便秘解消や美容に役立たせてくださいね。

さつまいも
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews-)