根菜類が美味しくなる秋冬ですが、寒い季節だからこそ、積極的に根菜類を食べてもらいたいと思います。なぜなら、根菜は冷えを改善するからです。根菜には、ゴボウ、ニンジン、山芋、レンコン、玉ねぎ、しょうがなどさまざまなものがありますが、ゴボウには「アルギニン」という、ホルモンバランスを整える成分も含まれていますので、女性には特にオススメしたいものになります。

【なぜ根菜は体を温める?】
東洋医学には食べ物には陰と陽があると言われています。
陰は水分が多く体を冷やす性質、陽は水分が少なく体を温める性質を表すそうです。食事の陰陽バランスを整えることで美容のバランスも整えることができるでしょう。冬は体が冷えますから、陽の食べ物を積極的に摂ることで体がぽかぽかと温まってくるのではないでしょうか。

【陰の食べ物には何がある?】
陰の食べ物は、水分が多く食べ物や、暑い地域で取れるものになります。ナス、トマト、ピーマン、バナナなどが挙げられますが、コーヒーをはじめ、白砂糖や清涼飲料水なども陰の食べ物に含まれるものです。

【陽の食べ物には何がある?】
陽の食べ物は、水分が少ない食べ物や、寒い地域で取れるものになります。肉類、魚類、ごぼう、にんじん、れんこん、たまねぎなどの根菜が挙げられ、味噌、塩、しょうゆ、うめぼしなども陽の食べ物になるでしょう。肉類は陽に入りますが、普段から食べているものになりますから、できることなら野菜を多く摂取したほうがいいでしょう。肉類は体を温める性質がありますが、現代人は摂りすぎているので、やはり野菜で陽の食べ物を積極的に食べるのがベスト。では、陽の野菜を使ったおいしいレシピをご紹介しましょう。

【オススメな野菜は?】
オススメな野菜としては、まず大根です。大根は根菜類の中でもカロリーが低いので食べ過ぎても太る心配はあまりないでしょう。むくみ予防にも効果がありますのでいいですね。

【サツマイモ】
サツマイモは便秘解消に役立ってくれますので、便秘がちな女性は特に積極的に食べるようにしましょう。 
【にんじん】
にんじんはβカロテンが豊富な根菜になります。βカロテンは体内でビタミンAの原料になりますし、にんじんを半分食べれば1日に必要な量を摂取することができると言われていますから、まさに美容には魅力的な食べ物となります。

【体ぽかぽか!根菜を使ったオススメレシピ】
グラタン
寒い日にはやっぱりグラタン♪美味しい根菜グラタンを作りましょう!
①ごぼう、にんじん、れんこん、たまねぎなどの根菜を一口サイズに斬りましょう。
②表面に焼き目がつくくらいの程度で鶏肉を焼きます。(ベーコンでも可)
③フライパンで根菜をよくいためます。
④鶏肉をフライパンに戻し、小麦粉を具材に絡めて塩・コショウをふりましょう。
⑤バター、牛乳、コンソメと味噌を適量入れて混ぜます。
⑥とろみが出てきたら耐熱皿に入れてチーズをのせ、250℃のオーブンで焼きます。

ゴボウ茶
健康にも良いとされるゴボウでお茶を作ってみましょう。
①ゴボウを丁寧に水洗いします。
②ささがきしたゴボウを天日干しします。
③ゴボウが乾いて水分がなくなった事を確認できたら、今度はフライパンで煎っていきましょう。
④煎ったゴボウの余熱がとれたら、密封が可能な容器に入れ常温保存します。
⑥急須に煎ったゴボウを煎れ、熱湯を注ぎ数分間待ち完成です。

めんどくさいと思ったら、手っ取り早くお鍋でほっくり!
いろいろな料理を考えるのもいいのですが、考えるのが面倒!ということであれば、やはり「お鍋」が簡単で手軽にできるのではないでしょうか。旬の根菜類を入れて食べると、冷え対策以外に、風邪予防にも効果が出てきますよ。

【さいごに】
冷え性の予防対策として一番に考えられることは、生活習慣の改善や運動不足の解消・・・というのが挙げられますよね。確かにこれらも大切なことですが、人間にとって大切なことは「食べる」ということです。運動しようが生活習慣を改善させようが、食べ物を食べなくては人間は死んでしまいます。冷えがどうのこうの言っている場合じゃなくなるでしょう。
人間にとって食べることが大切なんですから、体を温めることも食べることで気を付けることができるのです。中でも野菜は特に食べて欲しいものですね。野菜嫌いな人もいますが、野菜からもらえる恩恵というのはたくさんあるわけですから、肉よりも積極的に摂ってもらいたいものといえるのではないでしょうか。野菜の恩恵は、美容と健康にダイレクトに働いてくれますので、旬な野菜をそれぞれの季節に摂取して楽しい野菜生活を送るようにしてくださいね。

konsairui440-293
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)