人間に必要なカルシウムは、99%まで人間の骨や歯の中に含まれていて、それらの硬組織を造っているのです。それほどカルシウムは不足してしまうと、体のあちらこちらに負傷をきたしてしまうのです。カルシウム不足になると一番の問題は骨粗しょう症や神経が過敏になったりと、色々な症状が出てきてしまうのです。
ですがこのカルシウムはどうやって摂取することが一番体に吸収してくれるのか?知らない人が多いですよね。今回は現代人のカルシウム不足にぴったりの食品「まるとっと」という骨まで食べられる干物をご紹介したいと思います。

【骨まで食べられる干物、まるとっとって一体何?】
この干物は愛媛県産業技術研究所と聖カタリナ大学、そして高齢者・障害者施設との協同で作られた商品です。骨まで食べられる干物というコンセプトで販売されており、本来の味もうす塩と、他の調理にも使いやすい味付けとなっているのも主婦層から人気の理由だと思います。
干物と言っても一番太い骨の中骨は残してしまいやすい部分ですが、この「まるとっと」は全ての骨まで食べられるほど柔らかく製法されているのです。この「まるとっと」のカルシウムは普通の干物の40倍も摂れる事から、骨粗しょう症になりやすい高齢者の方や、カルシウム不足になりがちな小さなお子さんでも気軽に食べられる干物となっています。

【この「まるとっと」が選ばれる理由とは?】
干物って骨まで食べる人も中には居ますが、骨が太い魚だと干物になっていても骨までは食べることは難しいです。ただ焼けばいいと言うのは簡単ではありますが、カルシウムを摂取するために干物を食べるなら、子供にも骨まで食べさせられるものが一番ですよね。
ですから、この「まるとっと」はお客様のニーズに応え、小さな子供の魚離れを失くしてもらえる最高な食品なのです。小さな子供は魚の骨が苦手で、魚が嫌い!という子供が増えてきているのも、現在の日本の食材は魚でなくても色々な栄養素は補えるという考えから来ているように感じます。簡単に食べられるもの、簡単に補えるものが主流となってきている日本で、魚離れは少し寂しく感じますよね。
そんな時に、骨まで軟らかく簡単に食べることが出来る「まるとっと」は、現代人の魚離れに大きく貢献されると思いました。充分なカルシウムを摂れることが出来て、しかも美味しいとなるという事なしって感じですよね。骨がのどにつまらないかな?という心配も無く済むのは、とても有難いお話ですよね。
子供に限らずに、高齢者や障害者施設でも、魚の使った献立は沢山あるかと思いますが、この「まるとっと」があれば小さな骨も気にすることなく、しかもちゃんとカルシウムを摂れることもでき、色んな方に必要とされる食品だと思いました。この「まるとっと」は、NHKまちかど情報室や、あさイチ、ピカピカなどでも紹介されるほど、注目されている食品です。

この「まるとっと」はスーパーなどで発売されておらず、通販のみの販売となっていますが、今の時点でもう売り切れ続出なほど人気の商品となっています。しかもこの「まるとっと」を販売している会社は、日本人の憧れハワイでも展開していくという、これからがとても楽しみな会社となっています。全国にこの骨まで食べられる干物が浸透していく事で、現代人のカルシウム不足によるイライラや、沢山の病気も改善されていったらいいなと心から思いました。

【カルシウム満点の「まるとっと」と一緒に食べる事で効果が発揮されるのは?】
カルシウムを体いっぱいに吸収させてあげる為に必要なのは、ビタミンDの助けが必要となってきます。それではビタミンDはどういった食品や食材に含まれているのでしょうか。それは、果物にはビタミンDは一切含まれておらず、きのこ類(きくらげ・シイタケ・エリンギ・マイタケ・なめこ・マッシュルーム・マツタケ)など、その他はお魚に多く含まれています。
この「まるとっと」単品で摂取しても、カルシウムは補えますが調理方法や加熱で壊されることもあるので、「まるとっと」以外の食材も一緒に摂ることで、より体にきちんと取り込まれると思います。年齢と共に骨はスカスカになってきてしまわないように、子供たちの骨や歯を守れるように、その為にもカルシウムはとても大切なものだと改めて実感しました。
妊婦さんは10か月間赤ん坊をお腹に宿し、栄養を沢山与えます。ですから産後歯がボロボロになってしまったりするのですが、この「まるとっと」は産後のお母さんにも効果的な食品だと思いました。お腹の中の赤ちゃんにも十分な栄養と、そして自分自身も歯や骨が弱くなってしまわないように、十分に気を付かなければなりません。皆さんも、この人気食品「まるとっと」を食べて、元気な体を作ってはいかがでしょうか?

63329162
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)