牛乳、卵、小麦粉混ぜ合わせ、バターをひいたフライパンにじゅうっと流し、弱火でじっくり焼き上げます。ほこほこと表面がまあるく膨らんだら、ひっくり返しまた焼き上げると…こんがりきつね色に焼き上げられた、ほかほかホットケーキの出来上がり。さて、添えるのは何でしょう?
やはり、このちょっと贅沢なシロップでしょう。そう、メープルシロップ!!カフェでこのシロップが出てくると、ちょっとテンション上がりますよね。ほかほかホットケーキに、琥珀色のとろーりとしたシロップをかけて、ぱくっといただくと、コクのある甘さがなんともいえません。
最近は、メープルに似せたシロップもありますね。あの手のシロップも美味しいですね。カラメル色をした蜜に、メープルのような風味をつけたものですが、良く出来ていますよね。リーズナブルでとても美味しい。
ですが、本物のメープルシロップには、体にいい成分が沢山含まれています。今回は天然の甘味料、メープルシロップの話しをしましょう。

原料はカエデの樹の樹液
メープルシロップといえば、カナダ。カナダ産のメープルシロップは、100パーセント天然のカエデの樹の樹液を煮詰めて作る天然の食品です。
カエデの樹の樹液は、もともとは水のように透明ですが、時間をかけて煮詰めていくと褐色に変わってきます。着色料や添加物は、一切使わないで作られるので、子供が口にしても安心な食品なのです。
ちなみに、1リットルのメープルシロップを作るのに必要な樹液の量は、40リットル。樹液が採取出来るのは、昼の気温が摂氏0度から4度で、夜の気温が摂氏0度からマイナス4度くらいの、雪解け時期の2、3週間程度の期間のみです。なるほど、高価なわけですね。

メープルシロップの種類
メープルシロップに種類があるのはご存じですか?同じ樹液を同じように煮詰めても、樹液の採取時期によって種類が異なってきます。色や風味が、濃かったり薄かったり。採取時期が進むと、色や風味が濃く強くなって行きます。
カナダでは色、味、風味、透明度などによって分けられています。ナンバー1から3まであり、さらにグレードによって分けられます。グレードは、エキストラライト、ライト、ミディアム、アンバー、ダークの5種類で、順を追うごとにその色は濃くなって行きます。

まず、ナンバー1の「エキストラライト」。採取時期が早い樹液で作られるシロップで、色は薄い黄金色。繊細な味で風味もデリケートで甘みが残りません。ですからトッピングなどにおすすめです。

次にナンバー1の「ライト」。エキストラライトよりも、収穫の時期が遅い樹液で作られるものです。薄い茶のシロップで味は柔らかく、こちらもトッピング等に向いています。

そしてナンバー1最後は「ミディアム」。ライトよりも収穫時期は遅い時期で、琥珀色で一番市場で多く見られるのがこのタイプ。下味やたれや、甘みつけ等様々な料理に使われているのがこのタイプです。

ナンバー2の「アンバー」は、濃い琥珀色の風味が強いシロップ。ミディアムよりも、収穫が遅い時期の樹液から作られています。煮物料理やお肉料理等、しっかり味つけをする時に使います。

そして、ナンバー3の「ダーク」。その名称から想像つく通り、焦げ茶の濃い色味のシロップです。アンバーよりも採取時期は遅く、こちらは主に食品加工用として使われています。

私たちのもとに届くメープルシロップは、様々な基準をクリアした良質なものが、届けられているのです。

メープルシロップの栄養素
メープルシロップは、砂糖や蜂蜜よりもカロリーが低く、ヘルシーな食品です。甘い甘味料でありながら、カルシウムやマグネシウムも豊富に含まれています。更に、亜鉛やカリウムといったミネラル、アミノ酸やビタミンも豊富に含まれています。
余分な糖質やタンパク質を代謝するには、亜鉛が不可欠ですし、余分な塩分を排出するにはカリウムが不可欠です。このメープルシロップに含まれるミネラルは、人が生きて行くうえで必要な栄養素なのです。
メープルシロップの糖質は、ご飯やパンよりも体に吸収されにくい特徴があります。ですから、すぐに脳に伝達されてエネルギーに変わるので、ちょっとしたブレイクタイムにぴったりです。
ちなみに、本物の見分け方としては、原産国はカナダと記載されていいるものが基本。原材料を見ると、カエデ樹液100パーセントと記載されているものを選ぶようにしましょう。メープルシロップと記載されている場合もありますが、こちらでも大丈夫です。

ところで、メープルバターという乳白色したバター状のものを目にした事はありますか?筆者、友人からこのメープルバターの瓶詰めを貰った事があります。バター状態にもったりしているもので、色も乳白色ですから、てっきりバターにメープルシュガーを混ぜこんで作られたものだと思っていたら、メープルシロップのみで作られたものでした。
メープルシロップを煮詰めて撹拌し、空気を取り込む事によって乳白色のバター状態になるそうです。煮詰められているので、とても甘く、パンに付けて食べるととても美味しくいただけます。お菓子にも使われるそうです。筆者も、パンに付けて、スプーンで掬って舐めて完食しました。いやあ、美味しかった!!これはおススメな甘味料です。砂糖より価格は高めなので、自分のご褒美にいかが?

maple
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)