マシュマロとは見た目も食感もふんわりしたメレンゲで出来たお菓子です。ソフトキャンディーの一種で、ヨーロッパの菓子職人が作り出したと言われています。
ですが、マシュマロってあまり頻繁に食べる事ってありませんよね?食べるというならば、バレンタインが終わりホワイトデーの時に男子からお返しでいただくものが多いです。

マシュマロのお菓子の使い方は幅が広く、ココアや紅茶に入れても美味しいというから驚きです。チョコレートとの相性もとてもよくて、チョコレートファウンテンなどでもマシュマロはよく使われています。

大人にも子供にも人気のマシュマロは、元は薬用に使われていたことをご存知ですか?マシュマロの成分は喉や胃腸によく炎症を抑える役目として、薬用として用いられていました。ですが、時代は流れ先ほども書いたヨーロッパの菓子職人が、砂糖などを加えてお菓子として発売しだしたのです。ですが、お菓子となっているマシュマロが美容に良いとは、到底考えられませんよね?糖分はやはり美容の敵だと思われますよね。

マシュマロの成分は今でもお菓子だけでなく、色々な用途があるのではないか、と考えられています。今回は、マシュマロって実は女子に嬉しい美容成分がたっぷりふくまれているのではないか?と言うお話をしたいと思います。


【マシュマロが美容にいいって本当?】
マシュマロはゼラチンから出来ています。そのゼラチンの成分にコラーゲンが多く含まれている事が分かりました。コラーゲンと聞くと、お肌に良いモノ!年齢と共になくなっていってしってしまうモノ…というイメージですが、そのコラーゲンがマシュマロにはふんだんに使われているのです。
コラーゲンは骨の関節の材料になるほかにも、お肌の張りや潤いなどを満たしてくれる大切な成分です。若い頃はこのコラーゲンも、自力で補っていたのですが、年々その作られる細胞は減少していき、外からの摂取が必要となってくる成分の一つです。この私達に大切なコラーゲンが、マシュマロに含まれている事で、マシュマロには美肌効果があるのではないか?と言われているというわけです。マシュマロを一日10個食べる事で、一日に必要なコラーゲンは摂取できると言われていますが、一番気になるのはやっぱりお菓子なのですから、カロリーを気にしてしまいますよね?そこは意外にも、これだけ甘くておいしいマシュマロだけど、10個食べたくらいでも大したカロリーにはなりません。

そのため、ダイエット中でも甘いものが食べたいと思っている女子の皆さんにもカロリーを気にせずに食べられると話題にもなっています。マシュマロを食べる事で、ダイエットにもいいし、尚且つお肌にもいいとなると食べなきゃ損と思ってしまいますよね。


【マシュマロを飽きずに続けられる工夫】
マシュマロは味が決まっているので、すぐに飽きてしまうかもしれないと思ってしまいます。ですが、マシュマロは直で食すのではなく、何か工夫をした方がより効果を増すのではないかとも言われています。

中でも、ココアにマシュマロは最強コンビで、ココアは冷え性や睡眠不足などに効果があり、寝る前でも飲んで眠る方がいい睡眠をとれると言われています。そしてそこにマシュマロが入ることで、ゴールデンタイムに丁度良く美肌も整えてくれるといった相乗効果が期待できるのです。寝る前にマシュマロのような固形物を食べるのは少し胃腸が心配だという方はご安心を。マシュマロは元来胃などの炎症を抑える為に作られた薬用なので、マシュマロを食しても胃の中で簡単に溶けていってしまうのです。

ですから、寝る前に食べると胃が休まらないのでは?と言う不安を持つ必要はないのです。その他にも、焼いたマシュマロが余計にアンチエイジングに良いと言われており、焼きマシュマロは味が濃厚になり美味しいだけでなく、美肌効果もアップしてくれる優れものです。

お肌のためにマシュマロ美容をしたいという方には、ヨーグルトにマシュマロを入れるという方法もあり、ヨーグルトは胃腸を整えてくれる作用があるので、マシュマロのゼラチンもちゃんと腸まで届けてくれるので、美肌を目指したい方なら、この方法は一番お勧めかもしれません。胃腸はお肌の鏡とも言われているので、胃腸を整えてくれるものと一緒に食べる事で、相乗効果はより期待できると思います。


いかがでしたでしょうか?マシュマロって、甘くておいしくてフワフワで可愛いだけじゃなく、こんなにも女子の味方だなんて皆さん知っていましたか?この記事を書いている本人でさえ明日から実践してみようという気持ちでいっぱいです。このマシュマロ美容方法を実践している方は、沢山いるので、効果のほどは実証済みという意見も多いので、太っちゃうかも?という不安はさておき、試してみる価値ある情報だと思いました。

matome_20150115083902_54b77ca6b496e

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)