『年下彼氏』『年上彼女』などの歳の差カップルが増えているのはご存知ですか?

近年では、私のまわりでも年下彼氏が増えたような気がします。その理由はさまざまだとは思いますが、その背景には女性の晩婚化が影響をしているのではないでしょうか。一昔前は、25歳を過ぎての独身女性は、売れ残りなどと言われ、肩身の狭い思いをしていた女性は少なくなかったのではないでしょうか。けれど今の時代、女性も社会に出て重要な役職に就く事の出来る時代なのです。

女性が男性と同じくらい働いているというのは、昔に働くことが出来なかった事に対するフラストレーションなのかもしれません。そのような背景から、働く女性が結婚を求める際には、同年齢の男性は既に結婚している。自分も年を取ったので、年取った男はちょっと嫌という、軽い理由から自然体でいられるという理由までさまざまです。その中で、年下の男性を恋人や結婚相手に選択する女性が増えたのです。そんな年下イケメン男子と理想の恋愛を行うため、知っておきたいアレコレをお教えします。先ずはお互いの求める理想像を見ていきましょう


〜理想の年下男子とは〜
年下だからと言って誰でも良いとは限りません。「年下」の響きだけで内面を気にせず選ぶのは要注意です。むしろ「精神年齢が高くて、大人の女性と知的レベルが合う」年下男性を選びましょう。


〜理想の年上女子とは〜
彼にとっては恋人であり、母であり、姉のような存在。そんな年上女性に人気があるようです。その中でも、さりげない気遣いや、きちんと男性を立てる所はしっかりおさえている女性を選びましょう。

共に、理想を見ていきますと、まさに『やまとなでしこ』的な女性像を理想としているのかもしれません。みなさんはやまとなでしこと聞いてどんな女性を想像しますか?

わたしは、年下の可愛い女性で男性の後ろを付いて回る弱々しいイメージを持っていました。しかし、実際はナデシコの花のように、繊細で可憐だが芯は強い女性のことです。繊細で可憐で芯がしっかりしている女性は、現在の年上女房に当てはまっているのかもしれません。では、そんな女性になるための、心構えをお伝えしましょう。


♦彼を陰で支える女性
人生経験が長い分、自分の失敗を活かして助言してあげる。といった先輩らしい意見や助言を出過ぎず、相手の立場を考えながら行うのが良い女性と言えます。気づけば自分が主導権を握っているなどはあってはいけません。相手が年下男性であっても、子供じゃありません。彼にも、恋人であり、兄であり、父であり……そんな役どころをやってもらってはいかがでしょうか。


♦彼にちゃんと頼る女性
年上彼女だからといって、年下彼氏を弟や子供の様に接したりしてはいけません。年下男性は、男性として威厳は持っておきたいのが本音です。年上の女性ですと、つい私が「頑張らないと」と思いがちですが、あまり頑張り過ぎてしまうと年下彼氏の立場がなくなってしまいます。わたしの方が年上だからしっかりしなきゃ!がんばらなきゃ!という思いよりも、女性としてできる事とできない事を分けてみると良いでしょう。


♦年下彼氏をたてる女性
年上、年下というのは現実にはありますが、付き合ってしまえばオトコとオンナです。男性は、自分をたててもらえたり、自分に頼ってもらえたり、というのが男冥利につきると感じるでしょう。もしかしたら…お母さんみたい!?な気持ちになる方もいるかもしれませんがそれは違います。母となって接するのではなく、女性で居続ける事が大切です。


♦料理上手な女性
男性は女性に母親を重ねるという事もあります。女性らしさだけではなく母親のような家庭的な面を求めているのです。凝った料理という訳ではなく、家庭で出てくるようないわゆる『おふくろの味』に憧れを抱いている男性はかなりいるのではないでしょうか。


いかがですか。間違った、年上彼女を演じてはいませんでしたか?


いくつか理想の彼女の条件をご紹介しましたが、どれかひとつは満たしていてもすべてを満たすことが出きる女性というのは案外少ないのかもしれません。

人は付き合う人や環境で変わるものです。最初から理想を求めるのではなくてお互い尊重しあい良い面は吸収していき成長していけるような関係になれる女性が一番の理想なのかもしれません。また、変わらないのがおふくろの味を求める男性が多いという事ではないでしょうか。日本人に聞いたおふくろの味でも、上位に、昔から入るのが[肉じゃが]です。でも皮をむく手間が面倒であきらめていた人が多かったのではないでしょうか。

そんなあなたには【イージーピーラー】面倒で苦手な野菜の皮むきもスイッチを押すだけ!勝手に皮がくるくる剥ける商品です。皮むき料理を避けていた人も、今後は料理本などを見てバリエーションを増やしてはいかがでしょうか。普段から料理することに慣れていれば、冷蔵庫の中にあるものだけで美味しい料理を作り、栄養バランスを考えた食事を用意してくれるとイチコロでしょう。彼氏に手料理を振る舞って、結婚への近道をしてみてはいかがでしょうか。
【イージーピーラー】http://goo.gl/slpDxl

PPS_kuro-ba-nouenokoibito500-thumb-750x500-454

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)