ファストフードのお店は、誰もが一度は行ったことがあるでしょう。ぺらぺらの円いパンに、パテという肉を乗せ、ピクルスやケチャップ、マヨネーズ、そしてレタス。ほぼ、ジャンクなもののみで構成されているハンバーガーですが、多くの人は好きですよね。

ヘルシー思考に世界が動いていても、ジャンクな味の魔力に取り付かれる人は多いはず。無性に食べたくなる時がありませんか?ハンバーガーって。かく言う筆者もハンバーガーが大好きです。コンビニのハンバーガーをよく買って、職場にストックしています。お弁当が足りない時や、ヘルシーすぎて満足出来ない時にはいいですよ。ハンバーガーって、なんだかクセになりますよね。一度食べたら、また次の日も食べたくなります。

高カロリーなのも、身体に悪いのもわかっているのに、何故か食べちゃうハンバーガー。身体に悪かったり、高カロリーのものって美味しいです。沢山食べたくなってしまいます。ですが、量や限度を気をつければ、嗜好品程度に楽しめます。今やハンバーガーは、ファストフード店だけのものではありません。野菜たっぷりのハンバーガーもあるし、パテ以外のハンバーガーだってあります。それでも気になるのであれば、自分で身体にいいハンバーガーを作ってしまえばいいのです。今日はハンバーガーのちょっと美味しい話をしましょう。 


◆ファストフード店だけじゃない。パン屋のハンバーガー
ハンバーガーは、ファストフード店のものだけではありません。今はパン屋さんでも、ハンバーガーを置いてるところがほとんどです。毎朝、パン屋さんのハンバーガーを買って、交通機関で食べている筆者は大のハンバーガー好き。パン屋さんのハンバーガーは、パテのような薄い肉は入っていません。パン粉が豊富にあるからでしょうか。揚げ物が挟まれていることがほとんど。コロッケや、フィッシュフライ、エビかつ。どれもキャベツと一緒に、タルタルソースやオーロラソースで分厚く挟まれています。その美味しいこと。さくっとした揚げ物に、ふわふわのパン。お店によっては、硬めのパンを使っていたりして、とても食べごたえがあります。そして、そんな高いクオリティなのに、価格も安いのがパン屋のいいところ。ファストフード店で、ちょっと新発売したボリュームがあるハンバーガーは、以外といい値段がしますよね。それなら、たまにはパン屋のハンバーガーもいいかもしれません。


◆高価なこだわりハンバーガー
最近は、おしゃれなバルやバー、雰囲気のいいカフェでもハンバーガーを出すお店があります。価格は千円からと、けっこういい価格。ポテトやフリッターがついて、千五百円を超えるものがほとんど。ハンバーガーにその価格はもったいない?いいえいえ、けっこうこだわりのハンバーガーが多いんですよ。

例えばパテ。パテに使われている肉は、国内のどこぞの和牛だとか、フルーツしか食べていない黒豚だとか。そういった肉を使って、パテを作っていたりします。一緒に挟むトマトは、どこぞのこだわりの産地直送無農薬トマト。レタスも同じ。付け合わせのポテトフライは、キタアカリやインカのメザメを使っていたり。

贅沢なハンバーガーですね。そして、やはり味が違います。ジャンクフードのような、濃い添加物のような味はしません。パテの挽き肉も粗挽きで、肉汁が滴るようなジューシーさです。噛めば、肉そのものに噛みついているような感覚。ファストフードの濃いジャンクフードな味が好みなら、ちょっと違いますが。


◆自宅でハンバーガー
テイクアウトしたり、食べに行ったり、ハンバーガーは買うイメージしかないかもしれません。ですが、自宅でハンバーガーを作ってみるのも面白いですよ。今、スーパーにはハンバーガーバンズが売られています。専用のものではなくても、市販のまるいパンを半分にスライスしても、バンズの代わりにはなります。千切りキャベツや、レタス、トマトをスライスします。ハンバーグを作る要領で、薄いパテを作ります。面倒なら、市販のハンバーグや、コロッケ、白身のフィッシュフライを挟んでもいいですね。ソースやケチャップ、マヨネーズで好みの味付けをしたら出来上がりです。パンは軽く焼くと更に美味しくなります。


◆ご当地バーガー
全国にご当地バーガーがあるのはご存じですか?各地域で、名産や特産を使用したハンバーガーがあります。例えば北海道には、別海ジャンボホタテバーガーがあります。挟むのはビーフパテではなく、野付産のホタテを使用した春巻きです。バンズには、地元の牛乳を使用するというこだわりです。

青森のサバーガーは、その名の通り八戸前沖鯖を使ったハンバーガー。バンズには、地元産のお米を練り混み、もちもちとした食感に仕上げています。愛知県では名物、味噌カツをハンバーガーにしています。トンカツではなく、チキンカツを挟んでいますから、女性にも人気。京都では、丹波牛のパテと九条ネギのハンバーガーが人気です。九条ネギ、美味しいですよね。筆者は九条ネギの大ファンなので、このバーガーはぜひ一度食べてみたい一品です。そして、言わずと知れた長崎県の佐世保バーガー。バーガーブームの火付け役であるこのバーガーは、いたってシンプル。ビーフパテにベーコン、目玉焼きといったBLTサンドのようなハンバーガーは、米軍基地に居るアメリカ人向けに提供したのが始まりです。

この他、各地にオリジナリティあふれるハンバーガーがあります。旅行に出かけたら、必ずどこかにはあるであろうご当地バーガー。自分好みのハンバーガーを探してみて下さいね。

p2064207-500x375[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)