憧れのミランダ・カーをはじめとした海外セレブリティもはまっている「スーパーフード」ってどんなものでしょうか。聞いただけで美容、健康に良さそうだけどどんな風に食べたらよいのでしょうか。



【そもそもスーパーフードってどんなもののことを言うのでしょうか】
スーパーフードの始まりは1980年代頃のアメリカやカナダで食事療法を研究する医師や専門家の間で、有効成分を突出して多く含む食品に対して「スーパーフード」という言葉が使われ始めました。「スーパーフード」が一般に広がったのはアメリカの医師スティーブン・プラットの著書「スーパーフード処方箋~あなたの人を変える14の食品」(2004年)によるところが大きいようです。


この本の中では「スーパーフード」を「健康に良い栄養分を豊富に含みながら、多くは低カロリーである食品」と定義しています。また、アメリカのロー・リビングフードのカリスマ、デビッド・ウォルフの「スーパーフード」(2009年)は「スーパーフード」のバイブルと言われています。
この中では一般的な野菜というよりもスピルリナやカカオ、ココナッツ、クコの実などある特定の有効成分の含有量が飛びぬけて高いもの、ごく少量で栄養、健康成分を効率的にとれるものを「スーパーフード」という見解をしています。


このように「スーパーフード」とははっきりと特定の食品を定義したものではなく一般の食品よりビタミン、ミネラル、クロロフィル、アミノ酸といった必須栄養素や健康成分を多く含む主に植物由来の食品という大前提のもと提唱者によって異なる食品があげられています。



日本には「日本スーパーフード協会」があり、協会としての定義は以下のとおりです。

・栄養成分に優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること
   あるいは、ある一部の栄養、健康成分が突出して多く含まれる食品であること

・一般的な食品とサプリメントの中間に来るような存在で料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。


プライマリースーパーフードとして以下の10点があげられています。
・スピルリナ ・アサイ― ・カカオ ・ココナッツ ・ビーボレン 
・ブロッコリースーパースプラウト ・チアシード ・アロエベラ ・クコの実 ・麻の実


以上が代表的なものとしてあげられていますがいかがでしょうか。
あまり聞いたことのないものから普段の生活で目にするものもあったのではないでしょうか。少ない摂取量でたくさんの栄養素を摂ることができるのであればこれは積極的に日常で摂りたいと思ったのではありませんか。



【おススメのスーパーフード】
やはりせっかく摂取するのであれば日常的に摂りたいものです。スーパーなどで簡単に手に入るものでおススメメのものをご紹介いたします。



◆ブロッコリースーパースプライト
ブロッコリーの発芽したものですが、その中で特にスーパーとついているものをさします。通常のブロッコリースプラウトよりも栄養分が高く、火を通しても栄養分が壊れないという優れものです。サラダにたっぷりと添えたり、卵焼きに入れても美味しく頂けます。スープの彩にしても良いですね。


◆ココナッツ
ココナッツというよりもココナッツウォーターが簡単に摂ることが出来ていいですね。ココナッツもかなり一般的になってきたので様々なドリンクが手に入るようになりました。ココナッツオイルも保存が出来て常備しておきたいものです。
ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が多く含まれています。中鎖脂肪酸は一般の植物油に含まれる長鎖脂肪酸に比べ、素早くエネルギーとして燃焼されるため、脂肪として体に残りにくく女性にはとてもありがたいオイルといえます。ミランダ・カーが愛用していることで日本でもかなり愛用者が増えましたね。


◆アサイ―
アサイ―もかなり市民権を得たようです。少し癖のあるお味ですが、慣れると意外とおいしいものです。ドリンクもかなりの種類がありますので簡単に摂るには良いでしょう。冷凍のアサイーも大きなスーパーに置いてありますので、ヨーグルトなどと一緒に朝食に摂るのもおススメです。
抗酸化作用のあるアントシアニンをはじめ、鉄分、食物繊維、カルシウム、ビタミンEなど女性にとってありがたい栄養素を豊富に含んでいるので積極的に摂りたいものです。


◆アーモンド・カシューナッツなどのナッツ類
こちらはそのまま頂ける代表選手と言えます。カロリーが高いので女性は避けがちですが、摂りすぎなければ問題ありません。ぜひ摂りいれたい食品です。特にアーモンドは天然のサプリメントと呼ばれるほど、繊維質、たんぱく質が豊富です。間食に少しつまむと空腹感も抑えられ良いのではないでしょうか。



さて、「スーパーフード」についてお分かりいただけましたでしょうか。いくら優れているといってもたまに摂ったのではあまり効果も期待できません。日常的に摂ってあなたももっときれいを目指しましょう。

17

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)