東京には沢山のパン屋さんがあります。パン屋さんによってそれぞれお勧めのバンがあるかと思いますが、ここでは食パンに特化してお勧めをご紹介致します。一口に食パンと言いますが、様々なタイプの物があり比べてみるのも面白いですね。



【セントル ザ ベーカリー】
バゲットが美味しいことで有名なVIRON の経営する食パン専門店です。これだけ沢山のパン屋さんがあっても食パン専門店というのは珍しいですよね。それだけ食パンに自信があるという事でしょう。オープンしてかなりの月日が経っているのに未だに行列が絶えないということはきちんとその結果を出していると言えるのでしょう。


セントル ザ ベーカリーで扱っている食パンは3 種類。
この中でどれが一番と言うのは甲乙付けがたいものがあり個人の好みによるところでしょう。

◆角食パン 北海道ゆめちからという小麦を使っています。そのまま焼かずに食べるのがお勧めです。

◆プルマン カナダ産小麦を使っています。そのままでもトーストしてもどちらでも美味しく頂けます。

◆イギリスパン 北米産小麦を使っています。薄切りにしてカリカリにトーストするのがお勧めです。

それぞれ特長がありますので食べ比べをしてみたいですね。
お店にはカフェも併設されておりそのままトーストした物やサンドイッチも食べる事が出来ます。面白いのは色々なトースターが置いてあり好きなトースターを選んで焼いて食べられるのです。

微妙に焼け具合も違うので好みのものが見つかるかもしれませんね。バターもエシレバター、美瑛産のジャージーバター、よつ葉バターと揃えてあります。これも食パンを美味しく頂くために欠かせない存在です。ぜひ食べ比べてみましょう。サンドイッチもビーフを使った究極とも言えそうな物があります。お値段も張るので何かの機会に食べてみたいものです。食パンを美味しく頂く為の保存方はその日の内に食べない分はスライスして1枚1 枚ラップをして冷凍庫で保存するのがベストだそうです。


住所 東京都中央区銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル 1F
03-3562-1016



【フォション】
フランスの食料品店の作るパンです。パンもたくさんの種類がありクロワッサンも美味しいです。こちらでご紹介する食パンは人気のパンドミです。数年前までは焼き上がり時間に並んで買ったものですが今は他に沢山のパン屋さんも出来て並ばずとも買えるようになりました。


フォションのパンドミの特長は何と言ってもその食感でしょう。サクッとした食感が沢山の人達をファンにしたに違ありません。そしてパンから立ち上る独特の小麦の香り。焼きたての袋を抱えてほのかな温かさと香りにその場で食べたくなる衝動にかられます。粗めの生地のパンドミはトーストサンドにしても絶品です。発売された当時は珍しいタイプの食パンでした。年配の方でずっとファンの方も多くいらっしゃいます。


住所 東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋タカシマヤ B1F
03-3211-4111



【ペリカン】
浅草の老舗パン屋さんです。こちらもシンプルなパンのみ。食パン、バターロール、ドッグパンのみです。人気のため、早めに並ぶか予約した方が無難でしょう。

シンプルながら日本人の舌にあった食パンです。きめの細かい生地でほのかに香る小麦がたまりません。角食パンだけでなく、山型食パンもあります。こちらはトーストするとサクッとして美味しいです。未だに入手困難なパンなのも頷けます。通販もやっているので遠方の方でも入手可能です。


住所 東京都台東区寿4-7-4
03-3841-4686



【小麦と酵母 満】
三軒茶屋にある和風のパン屋さん濱田屋の系列店です。本店は曙橋ですがエキュートに入っているので便利です。一番人気は豆パンなのですがプルマン(食パン)も美味しいです。きめ細かい生地の食パンで袋を開けた時にふわっと香る小麦の香りがパン好きにはたまりません。味わいも優しくほんのりと甘みを感じることが出来るパンです。そのままでもトーストしても美味しいです。品川、日暮里のエキュートに入っています。対面式のパン屋さんです。



住所 東京都新宿区住吉町8-10
03-5367-4007



【ルセット】
最高級パン専門店というなんとも敷居の高そうなパン屋さんですが通販のみです。最高級というだけあって本当にいいお値段です。それでも人気が絶えないのは相応のものがあるという事でしょう。食パンだけでもかなりの種類があるのですが1番人気のshokupan は1.5斤で2,096円+税というお値段です。シンプルな素材と長時間熟成で極めたプレミアム食パンです。シンプルということは飽きのこないということですから1番人気なのでしょう。3斤で買った方がかなりお得なお値段になっています。


そのほかバターの配合を変えたり種類を変えたりとどれも味わ合ってみたいものです。毎日食べるものとしては贅沢かもしれませんが特別な時に食べてみたいものですね。少しだけ味わってみたいという方には鎌倉、東京で食べられるカフェもあるのでそちらに行ってみるといいでしょう。オリジナルの焼き印を作ってパンに入れることも出来るので、引き出物や贈答用にするのもちょっとおしゃれです。

焼き印代金(20,000円+税)がパン代の他にかかります。
http://www.recette.co.jp/index.html



5件ご紹介いたしましたが、明日の朝食のパンにどれがいいですか。

4273700175_c3e1d20a53_o[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)