アジア料理に欠かせないパクチー。この頃よく見かけますね。しかしながら好き嫌いがはっきり分かれます。個性の強い野菜ですが、実はデトックス効果が高く、美肌も期待できるたくさん摂りたいお野菜なのです。パクチーの魅力にせまってみましょう。



【パクチーとは】
学名:コリアンダー せり科の一年草です。

コリアンダーは英語、パクチーはタイ語、シャンツァイは中国語です俗に中国パセリと呼ばれることもあります。中華料理、タイ料理、インド料理、ベトナム料理、メキシコ料理、ポルトガル料理などに広く使われる。(ちなみに和名はカメムシソウ)葉をハーブあるいは葉菜として、果実をスパイスとして用いる。又、煮込み料理などでは茎や根も使用されることがある。食用以外ではカニやエビを食べた後に手を洗うフィンガーボールに入れて匂い消しにすることもある。果実を乾燥されたものをコリアンダーシードと呼びこれをすりつぶした粉末をカレーに用いる。



【パクチーの効能】
独特の香りを持つパクチーはその香りによって得られる効能があります。健胃作用、食用増進、整腸作用などの消化器系に効果があります。元来タイなどの暑い国で頻繁に使われている香辛料ですからその食用増進といった効能は折り紙つきです。

そのほかの効能としては二日酔いの予防、防腐効果、偏頭痛の緩和、細胞の活性化などいろいろな効能があります。
パクチーの葉にはβカロテンが豊富に含まれていて抗酸化作用(防腐効果)があり、がん予防や肝機能を回復させたり、アンチエイジングにも効果を発揮するのです。パクチーの汁で口をゆすぐことで免疫力の低下によって発症する口内炎の症状の緩和が見込めます。



【パクチーのデトックス効果】
最近、パクチーのデトックス効果に注目が集まっています。私たちは普段生活しているなかで、知らず知らずのうちに体内に鉛や水銀、アルミニウムなどの有害ミネラルや重金属と呼ばれる成分を溜め込んでいます。これらの成分がたまっていくことで、角質代謝が悪化し吹き出物やクマ、くすみなどが出やすくなります。

パクチーに豊富に含まれるビタミン類が、脳や脊髄といった体内に蓄積していった有害ミネラルや重金属を細胞から離れさせ、排出する作用があります。重金属の堆積は体内の酵素の働きを阻害し、体内に活性酸素が発生します。過度に活性酸素が発生すると血管や細胞を傷つけ、老化が進んでしまいます。この活性酸素の抑止、抗酸化作用が優れているのが断トツでパクチーという事が最近判明しました。

パクチーの抗酸化作用は大豆の約10倍さらに腸内ガスの排出を促し、便通を良くする働きがあるので美肌つくりには大変優れた食材なのです。



【パクチーを使った食品】
◆パクチーラーメン 

パクチーの入ったインスタント袋麺です。カルディで購入することが出来ます。1個88円くらい ベトナム製。レンジでの調理も可能。あっさりとしていて癖はあまり感じないラーメンです。ある意味物足りないかもしれません。


◆パクチードレッシング 
その名の通りパクチーの入ったドレッシングです。タイ料理の風味を感じるドレッシングです。生春巻きや春雨サラダにかけるととても合います。 魚介のカルパッチョソースや鶏のから揚げのつけだれとしてもおススメとパッケージに書いてあります。



【パクチーで人気のレストラン】

◆パクチーハウス  東京都世田谷区経堂 1-25-18 2F
こちらはすべての料理にパクチーを使った世界初のパクチー料理専門店。パクチーを愛する人に惜しみなくパクチーを提供しパクチーが苦手な人を克服させます。


◆ゴールデンバーニング  東京都渋谷区道玄坂2-26-16
ベトナム料理をベースにしたパクチー料理専門店。これまでわき役だったハーブに光を当て、そ魅力をアジア料理で存分に引き出しています。日本人の多くが苦手と思っているパクチーの本当の魅力を是非分って頂きたい,そして楽しんでいただきたい、という思いのお店です。


◆Asian Tao 東京都豊島区東池袋1-2-6
パクチー料理専門店ではありませんが美味しい野菜が食べられるベトナム料理のお店。特にパクチーが食べ放題という、パクチー好きにはたまらないサービスがあります。


◆中村 玄 東京都渋谷区恵比寿南1-18-11 西田ビル201       パクチーがお替り自由なのもうれしいです。日本では数数ない汁なし火鍋の麻辣香鍋(マーラーシャングォ)が人気のお店。


◆Hishimo  東京都世田谷区北沢3-26-1 ハイムフランス1F 
パクチーサラダやパクチージェノベーゼなどのフードメニューやパクチーモヒートなどのカクテルもあります。

yun_11436[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)