今、話題の酢たまねぎ。たまねぎを薄くスライスして酢に漬けるだけの「酢たまねぎ」を食事に取り入れて、元気に美しくなりましょう☆



<たまねぎの効果>
たまねぎに含まれる含酸化合物には体脂肪の燃焼と分解を促す効果があります。


●便秘の解消
●血液をサラサラにしてくれる
●脂質の代謝をup
●腸内環境を整える
●脂肪蓄積を抑える


<酢の効果>
●脂肪の蓄積を抑える

●疲労回復
●血糖値、血圧、中性脂肪を下げる
●消化を助ける
●脂肪燃焼を促進

たまねぎと酢にはそれぞれこのような効果があります。ダブルのパワーでダイエットにも効果的ですね。早速、酢たまねぎを作りに挑戦してみましょう!



【酢たまねぎの作り方】

材料
◎たまねぎ…中2個
◎塩…たまねぎに対して1パーセントくらい
◎酢…ひたひたにたまねぎが浸かるくらい
◎密封できる容器(びん)

1、皮をむいたたまねぎを薄切りにスライスする切った後、30分ほど置いて空気にさらすといいそう。水にはさらさないで。

2、容器にたまねぎを入れ、塩適量を全体に振りかける

3、たまねぎがひたひたに浸かるまで、酢を入れる

4、手で軽く押さえる
☆たまねぎから水分が出るので酢はたまねぎがうっすら浸るくらいでOK!

5、密封して冷蔵庫で保存する
漬けてから2週間ほどたったら食べごろです。冷蔵庫で1週間~10日ほど保存できます。とっても簡単にできますね!



<簡単おすすめレシピ>
酢たまねぎはそのまま頂けます。一番簡単に食べる方法は、そのまま料理に合わせること。


カツオ節やポン酢をかける
冷奴にのせる
スライスしたトマトにのせる
冷しゃぶにのせる

薬味としても使えます。簡単においしく頂ことが出来ます!食べるときは、浸けてある汁ごと頂きましょう。その方が効果があります。たまねぎの成分は浸けてある酢の中にも溶け出しているのでそのまま利用するのがおすすめ。また、加熱しても大丈夫です。熱を加えても効果は8割は残るといわれています。

夏バテであまり食欲がないときもあっさりしていて食べやすくて良いですね。酸味や辛いものが苦手な人は砂糖ではなく、はちみつを加えたりしたら食べやすくなるので試してみてはどうでしょうか。また、黒酢や玄米酢、りんご酢でも大丈夫です。1日に食べる量は50~60グラムくらいがいいと言われています。酢には内臓脂肪を減らす効果もあります。ダイエットにも最適ですね!



いかがでしたか?簡単においしく、健康になる酢たまねぎを毎日の食卓に取り入れてキレイになりましょう!

yun_3045[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)