喫茶店やレストランでいくらでも美味しい紅茶は飲めますが、おいしい紅茶を自分で入れられるようになってティータイムをほっこりリラックスしながら過ごしてみませんか?自分専用のマグカップとかではなく、お客様に使うような上等なカップで紅茶を楽しむのもいいですよね。風味だけでなく、きっと気分も上がるのではないでしょうか。では簡単においしく紅茶を入れる方法を紹介します。



【紅茶の入れ方の基本】
◆水の水質

紅茶のカテキンが水に含まれるカルシウムやマグネシウムと化合すると、紅茶の香りや水色を変えてしまいます。水には硬水と軟水があります。紅茶の風味をなくさず、おいしく紅茶を楽しむには硬度の低い硬水であったほうがいいでしょう。適度な硬度が紅茶の香りや味をマイルドにし、飲みやすくしてくれます。


◆水の沸かし方

紅茶を入れるときは新鮮な水を使い、沸かしたての熱湯で入れます。水を火にかけ、直径1㎝ほどの泡が5、6個浮き始めたら火を止めます。(そのときの温度はだいたい95℃くらいです)これを使って紅茶を入れるのがポイントです!


◆湯の量
1人分をティーカップ2杯分と考えるとしましょう。約350㏄とします。これに合わせて茶葉を入れていきます。


◆茶葉の量
1人分の熱湯350㏄に対して、茶葉の量はティースプーン2杯程度がちょうど良いです。ストレートで飲む場合はこれが適量ですが、ミルクティーにする場合アイスティーやハーブなどを加えてアレンジしたりする時は茶葉の量を少し増やすなど、量を変える必要があります。



【基本のストレートティーの入れ方】

1.あらかじめ温めたティーポットにティースプーンで量った適量の茶葉を入れる。


2.沸かしたての新鮮な熱湯を20~30㎝の高さから勢いよく注ぐ。

3.ふたをして砂時計を使い、茶葉を蒸らします。このとき、ポットの中ではジャンピングといって茶葉が上に浮かび上がり、ジャンプしているように動いています。そのあと、ゆっくり茶葉は沈んでいきます。

4.時間が来たら、濃度が同じになるように軽くティーポットを揺すります。

5.温めておいたティーカップに茶こしを使って注いでいきます。

☆何人分かを注ぐときは紅茶の濃さが均等になるように気を付けて下さい!



  <おいしい紅茶にするための注意点>
○熱湯ではなく、ぬるいお湯をつかった場合、茶葉はジャンピングしません。また、沸かし直したお湯でもジャンピングは起こりにくくなるのでおいしい紅茶にはなりませんので注意しましょう。


○ティーポットとカップはあらかじめお湯を注ぎ、温めておきましょう。 


また、紅茶には色々な作用があります。
殺菌、解毒、風邪予防や利尿作用、虫歯を防いだり、思考力を高めたりなど紅茶に含まれている成分はさまざま。たくさんのいい効果があります。



もうすぐ梅雨の時期ですね。「あー、また雨だ…おっくうだなあ…」とマイナスな気持ちで室内で過ごすよりも、おいしい紅茶を飲みながら読書というのもいいですよね。好きな音楽をかけてゆっくりティータイムをとるのも、心に余裕ができて良いでしょう。また友人や恋人、家族と一緒においしい紅茶を入れてあげてティータイムを楽しんでみてはどうでしょうか?茶葉にもダージリンや香りの強めのアールグレイ…色んな種類がありますし、味や香りを楽しみながら好みのものを探して試してみるのも良いですね。

スコーンやケーキを一緒に頂いても美味しいですね。きっと豊かで楽しいひとときになるでしょう。大切な人と、頑張っている自分と…ぜひステキなティータイムを…

_3249359[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)