円安やLCC増設、東南アジア諸国へのビザ緩和による外国人旅行者の急増に加え、アベノミクス効果により、東京をはじめとする全国の主要都市や観光地では、客室稼働率90%超のホテルが続出しているそう。さらにこうした環境に加え、同業界では第三次ホテル戦争の火ぶたが切られ、しのぎを削っています。

2013年には品川の「御殿山ガーデンホテル ラフォーレ東京」が 「東京マリオットホテル」にリブランド。そして 2014年夏には、森ビル・虎ノ門ヒルズ高層階に、ハイアット系のアンダーズ東京が入りました。パークハイアットとグランドハイアットの中間価格帯となっているそうですが6月で1周年を迎える今も言わずと知れた人気ぶり。また、大手町の高層ビル・大手町タワーには高級リゾートホテルとして知られるシンガポールのホテル・アマンが初上陸、16年には三菱地所の大手町東地区再開発プロジェクトのひとつ、18階建ての建物に、星野リゾートの「星のや 東京」が開業予定されています。記憶にも新しいですが05~07年に、マンダリンオリエンタルホテル東京などの外資系高級ホテルが続々と進出して、 「東京ホテル戦争」と呼ばれた状況の再来になっているようです。


ホテルでの楽しみ方の中のひとつに「朝食」を挙げる方は少なくないですよね。

そんなホテルの「朝食ビュッフェ」についてリサーチしてみました。目が飛び出るほどお高い価格設定のものもありますが、たまには自分へのご褒美として高級ホテルでの優雅な朝食ビュッフェを堪能してみてはいかがでしょうか。



◆アンダーズ東京
アンダーズ東京の51階に位置するメインレストラン「アンダーズ タヴァーン(Andaz Tavern)」では、午前6:30〜10:30の時間に朝食ブッフェを、ルームサービスでは自慢の和朝食などを楽しむことができます。窓側の席からは、床から天井まで広がるガラス窓より、皇居をはるかに見渡す、息をのむ眺望と気持ちのよい朝日を楽しむことができます。朝食のパンは、ハード系のパンやロールパン、食パン、特大サイズのクロワッサン、デニッシュ、ドーナッツ、フレンチトースト、マフィンやクグロフなどが用意されています。気になるアンダーズ東京の朝食料金はおひとり様3700円(税・サービス料別)、税・サービス料込みで4515円。非宿泊者でも利用可能ですが、予約は不可だそうです。

アンダーズ 東京 公式サイト



◆コンラッド東京

汐留にある人気ホテル。いつ行っても外国人の多さに驚きます。28階のセリーズではバラエティ豊かなブッフェに加えて、卵2つを好みの調理法で楽しめます♪人気のオムレツなどのスタンダードな卵料理に加え、ホウレンソウとリコッタのフリッタータやウエボス・ランチェロスなどのチョイスがあるのもおすすめです。トッピングの種類豊富なお粥、一口サイズの日本蕎麦といった和風アイテムもご用意!

◎コンラッド・ブッフェブレックファースト2,600円.

◎イングリッシュブレックファースト3,500円.

コンラッドブッフェに下記メニューより1品温かいお料理をご注文いただけます。お好みの卵料理、 エッグベネディクト、 ランチェロ風卵の皿焼き、 シトラスフレンチトースト、リコッタチーズとホウレン草のフリッタータ、 ブルーベリーパンケーキ、 プレーンパンケーキ

◎和朝食3,650円

卵焼き、 焼き魚、 ご飯、 味噌汁、 お新香
※ご用意に約20分~30分頂戴いたします。
 コンラッド東京の朝食は全て国産米を使用しております。

ブレックファースト6:30~10:30(月~金)
7:00~11:00(土・日・祝)


コンラッド東京 公式サイト



◆パレスホテル東京

広々としたテラス席から見るお堀の景観がステキな『パレスホテル東京』では、1階の『グランド キッチン』での朝食ブッフェが人気。グリーンとオフホワイト、白木を基調とした天井高6mの店内には、開放的でライブ感あふれる“ライブリーなキッチン”をコンセプトとしており、各料理ごとにコーナーが分かれているのが特徴です。

冷・温菜、オムレツ(ハム、チーズ、トマト、オニオン、マッシュルーム、プレーン)や、卵料理を客前で仕上げるエッグステーション、ベーカリー専任シェフが焼きたてを提供するブレッドステーションやオーダーごとに切り出してくれるハムや、自家製のトゥールーズ・ソーセージ、人気のエッグベネディクトなど、ひと手間かけた料理が中心です。

時間:6時00分~10時30分
グランドキッチンブレックファスト
大人 3,600円、6~12歳のお子様は、¥2,000にてご用意、未就学児は無料
(消費税込・サービス料10%別)


パレスホテル東京 公式サイト



◆パークハイアット東京
高層ビル新宿パークタワー39階から52階に位置するホテル。41階にあるヨーロピアンブラッセリー「ジランドール」で朝食を頂くことができます。天井までの高い壁を埋め尽くした144枚のモノクロ写真が印象的なオールデイダイニング。 焼き立てのペストリーが並ぶ清々しい朝食は圧巻。

月〜金曜日 ブレックファースト 06:30〜10:30

土・日・祝日 ブレックファースト 06:30〜11:00

ジランドールブレックファストビュッフェ 4,200円(税サ別)

パークハイアット東京 公式サイト



◆ザ・リッツカールトン東京

ザ・リッツ・カールトン東京の45階、メインロビーに位置する『ザ・ロビーラウンジ&バー』内装は、アジアの主要都市である東京の中心に位置した、最も国際感あふれる六本木というロケーションに相応しい、西洋と東洋のモダンな融合を表現しています。モノトーンを基調とした配色の中にオリエンタルな紫、赤を取り入れ、全体として和洋の調和を感じさせる空間となっています。特にパンの品ぞろえが豊富で常時60種以上の焼き立てパンが並ぶそう!

営業時間:平日6:30~10:30、土日祝 6:30~10:00
(限時間:90分)
値段:4,463円(税サ込)


ザ・リッツカールトン東京 公式サイト



【番外編】

◆アマン東京

東京駅から徒歩5分 大手町 新みずほ銀行ビルの33~38階に位置しているアマン東京ですが残念ながら朝食な宿泊客のみ提供だそう。東京駅から徒歩5分 大手町 新みずほ銀行ビルの33~38階に位置しているアマン東京ですが残念ながら朝食な宿泊客の身の提供だそう。一度は宿泊してその朝食を味わってみたいですね。

アマンリゾーツ 公式サイト



さあ、皆様も非日常を求め優雅なホテルで至福の時間を過ごしてみませんか。




(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)