さあ夏休み!屋外で飲むお酒が、心地いい季節の到来です!今回は、夏休みに「おでかけリカー&ワイン」を楽しむための、アウトドアクックパーティーのコツをご紹介します。



【すぐ食べられる前菜は必須】
バーベキューは炭火が安定し、おいしく焼けるようになるまでに、1時間くらいかかります。その間に軽くつまめる、サラダのような前菜を用意していくと、スタートから盛り上がります。シンプルに、じゃがいもと玉ねぎで作ったポテトサラダや、塩昆布を和えて軽く蒸した夏野菜、そのまま食べるならトマトは、糖度の高いフルーツトマトをチョイスしましょう。トマトは冷やしてスライスしても、焼いても、豚汁やおでんなどの鍋に入れてもおいしくいただけます。




【びっくり料理を一品】
せっかくのアウトドアクックパーティーですから、みんなが「おおっ!」と盛り上がる、びっくり料理を一品準備してみましょう!鶏もも肉の燻製や、牛肉や豚肉のブロック肉の串焼きなどがオススメです。鶏もも肉の燻製は、前もって下味を付けて火を通して下ごしらえしておきます。バーベキュースポットでは、一掴みの燻製チップを鍋に敷き、高さを作って餅焼き網を置き、火を入れて鶏もも肉を並べたら蓋をして火にかけるだけで出来上がり。

ブロック肉は、豪快に厚切りした肉に、竹串を刺して岩塩やスパイスを擦り込んで下ごしらえし、弱い炭火でじっくり焼きます。スライスして、レモン、玉ねぎ、しょうゆ、ワインなどで作った特製のタレで、カルパッチョ風にしてもおいしいですよ♪



【鍋料理もあり!】
川原は夏でもヒンヤリしている場所もあるので、おでんや豚汁、芋煮鍋などの鍋メニューも選択肢に加えておいてもいいかも!鍋メニューは網焼きと違って、炭を着火したらすぐに調理を始めることができます。肉や野菜を炒めて水と酒を加え、味噌・醤油で味を調えます。鍋を作った後で、焼き物をスタートしても十分です。豚汁や芋煮鍋は、最後の〆にカレー粉とうどんを入れて、カレーうどんにするのもオススメです。




【お酒選びも重要なポイント】

◆簡便で割安なバッグインボックス
屋外で大勢でワインを飲むなら、バッグインボックスを試してみてください。簡便で割安なうえ、ワインが酸化しにくく、長持ちします。コルク抜きのいらないスクリューキャップや、軽量なペットボトルのワインもオススメです。



ロゼワインを飲み比べ
スパークリングワインは、料理との相性の幅が広いロゼにしてみましょう。また、ロゼは香味の幅が広く、色味も濃いものから淡いものまでさまざま。飲み比べると、新たな発見があります。スパークリングワインは、コルク抜き不要なので、アウトドアにピッタリです。



◆アルミカップ酒を飲み比べ
飲みきりサイズのカップ酒なら、少人数でもいろいろ試せます。注目は最近増えてきたアルミカップ。軽量で丈夫なうえ、日光を通さないので品質管理上もベターです。瓶入りのものが多いのですが、人気のスパークリングSAKEも加えて、飲み比べてみましょう。



◆洋酒のホットミルク割り 
いかがでしたでしょうか?今年の夏休みは、料理やお酒を持ち寄って、仲間とアウトドアクックパーティーを自由なスタイルで、是非楽しんでみてください!ホットミルク割りは、ウイスキー、ラム、ジンなどの洋酒のホットカクテルの定番です。ホットミルクの甘みと油脂が、ベースのお酒を包み込んで、やさしい味わいに仕上がります。甘みやスパイスを加えても美味しいので、アルコールがちょっと苦手という方にもオススメです。ドライフルーツやクッキー、チョコレートなどにもよく合うので、デザート感覚で楽しめます。



いかがでしたでしょうか?今年の夏休みは、料理やお酒を持ち寄って、仲間とアウトドアクックパーティーを自由なスタイルで、是非楽しんでみてください!

IMG_0683-470x313[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)