和菓子の王道ともいえるどら焼き。皮に包まれた餡がたまらないですね。
東京には美味しいどら焼きの名店があります。ドラえもんにも教えたいですね(笑)


”東京3大どら焼き“

東京には3大どら焼きというものが存在しています。だれが言い出したのかわかりませんが、外すことは出来ませんね。まずはここからスタートしましょう。


「うさぎや」
東京都台東区上野1-10-10

2枚の皮に挟まれるタイプのどら焼きを作り出したといわれる「うさぎや」。創業は大正2年です。先ずは見た目の美しさに目を奪われます。均一な焼き色が素晴らしい。これぞどら焼きというフォルムです。ふわっとしたその皮に挟まれた餡もふわっと煮てあり、皮と一緒に食べると風味が生きてたまりません。創業者が卯年生まれだったことによりつけられた店名は優しい味わいのどら焼きにぴったりと言えます。日本橋と阿佐ヶ谷に系列店があります。


「亀十」
東京都台東区雷門2-18-1

浅草には美味しいものがたくさんあり、大正末期創業の名店です。一見裏返しかと思われる皮がとてもおいしいのです。餡は十勝産。白あんのものもあります。直径10センチくらいある大きなどら焼きはお腹いっぱいになってしまうほどです。
とても人気があり、開店前から行列が出来ていて、午前中には売り切れてしまいます。亀十独特のふわふわした生地が人気の秘密なのかもしれません。


「草月」
東京都北区東十条2-15-16


こちらのどら焼きは黒松という名前です。まだら模様に焼き上げられた生地には黒糖とはちみつを使用してあり、独特の風味が病み付きになります。裏で焼きあがられた焼きたてのどら焼きはほんのりと温かみが残っているときもあります。ふわもちな食感がたまりません。
しかも1個108円という涙が出るような価格設定。行列が出来るのも納得ですね。夕方には売り切れてしまうので注意が必要です。


”そのほかの名店“

「清寿軒」
東京都日本橋堀留町1-6-1

1861年創業の清寿軒。江戸の人々の和菓子屋さんとして愛されてきました。近隣に多くあった料亭の手土産としても人気を博したそうです。砂糖は純度が高くあっさりとした味わいの白ザラメを使い餡の小豆は十勝産を吟味。はちみつは100%純粋なものを使用しています。その為、皮は高温で焼いてもしっとりとした仕上がりになるのだそうです。
こちらのどら焼きもフォルムに特徴があります。大判どら焼きはダイナミックともいえる大きさと厚みがあります。大き目の皮に包まれたはみ出んばかりの餡は香りたっぷりで思わず笑顔がこぼれてしまいます。どら焼きが売切れ次第終了してしまいます。お盆や暮れにはお使い物にする方も多くお昼には終わってしまいます。


「すずめや」
東京都豊島区南池袋2-18-5

こちらもきれいなフォルムのこれぞどら焼きです。生地はふわふわ。案は程よい甘さで軽めのどら焼きといった感じでしょうか。やや小ぶりですが、美味しさからか十分満足感を得られます。


「よしや」
東京都中央区

歌舞伎座の裏にあり、オリジナルの焼きゴテを作ることが出来るので芸能人の方も多くいらっしゃる名店。2枚の皮で挟むタイプではなく2つ折りに餡を挟む形です。小さくて食べやすく差し入れにするにも適しています。もちもちした生地に甘さ控えめな餡が見た目通りの上品な味わいです。


「昇月堂」

あんみつ羊羹で有名なお店です。麻布どらやき蕎麦という名前の通りそば粉が使われています。そば粉を使っているため少し香ばしいような香りのする皮です。餡は求肥と一緒に入っています。たまにはこんなどらやきもいいですね。


「KITAYA六人衆」

新進のどら焼きです。その名も「六人衆焼き」。黒糖を使った風味豊かなコクと旨み。ふわっふわの軽やかな食感です。


東京のどら焼き、いかがでしたでしょうか。どの店舗も数に限りがあるため売り切れ必至のようですね。予約が出来るお店もありますので、いらっしゃる前に確認してみて下さいね。



dorayaki

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)