梅雨から秋にかけて心配になってくるのが食中毒。特にお弁当は調理してから食べえるまで時間が空き、また十分な再加熱もできないので食中毒を心配している人も多いのではないでしょうか。今日は、お弁当作りにおける食中毒防止法を調理編と食材編に分けて紹介したいと思います。



【食中毒を予防する調理動作】

◆手洗い
基本中の基本、手洗い。手には黄色ブドウ球菌という菌がたくさん付いています。これらは常在菌で常に私たちの手に存在しているものですが、ある一定の量を超えると私たちの健康によくない影響を与えます。爪の間、指と指の間、手首をしっかりと洗い、菌の繁殖を予防しましょう。手を拭くタオルも洗濯した清潔なものを用意してくださいね。


◆お弁当箱、皿、調理用具の衛生
食べ物と直接触れる食器や調理器具は、しっかりと洗って乾燥させてからしようしましょう。細菌は湿っているものを好むので、半渇きには要注意。食器洗いスポンジは毎週交換し、汚れの付きやすいまないたは毎日消毒。また、肉・魚用のまないたと野菜用まないたは別のものを用意するか、違う面を使うようにしましょう。


◆十分に加熱し、十分に冷ます
十分な加熱とは、食材の中心部分の温度が75℃で1分以上加熱されていること。75℃以上で多くの菌は死滅します。そして、出来上がったおかずは十分に冷ましてからお弁当に詰めましょう。忙しい朝の時間ですが、温かいおかずは細菌が繁殖しやすく、傷みやすいです。常温以下になるまで素早く冷まし、お弁当箱に詰めましょう。


◆水分は大敵
食中毒予防において絶対に守らなければならないのは、湿度と温度管理。なるべく涼しいところで保存するのは多くの人が意識して行っていることですが、温度管理だけではダメなのです。細菌は水のあるところで繁殖していくので、煮物のつゆや生野菜についた水など、水分をできるだけ拭き取った状態で保存する必要があります。



【食中毒防止・食品の傷み防止効果のある食材】

◆うめぼし
梅干の殺菌効果は有名ですよね。ご飯に添えるのも良いですが、梅煮や梅和えなど、おかずの味付けとして梅を使用するのもありです。梅の殺菌効果は、梅が直接接しているところにしか効いていないともいわれているので、ご飯に添えるよりも和え物のほうが効果は高いでしょう。ご飯に合わせるのであれば、細かく刻んで混ぜ込むのがおすすめです。


◆しそ
青しそにはペリラアルデハイド、リモネンという香り成分が含まれており、この成分が殺菌効果を示しています。青しそが刺身のツマとして使用されているのは、殺菌効果を期待してのことなのでしょう。青しその殺菌作用は、細かく刻めばより効果が高まるので、刻んだ青じそでおかずを和えるのが殺菌効果をより得られる使用方法です。 もちろん、お肉や野菜と一緒に青しそを巻いて調理するのも良いでしょう。


◆わさび
昔からわさびには強力な防カビ効果、殺菌作用、防虫作用があるといわれています。子供のお弁当にわさびは使用できませんが、わさびが食べられる(もしくは除けて食べることができる)人にお弁当を作る場合はかなり強力な食中毒予防法のひとつといえるでしょう。お弁当箱の蓋をわさびの切り口で拭いたり、お弁当の隅に入れるだけでも殺菌作用が得られます。


◆酢
酢も夏場のお弁当作りには欠かせない調味料のひとつです。和え物やお浸しにお酢を加えることで食品を傷みにくくでき、またご飯を炊く時に、酢を少々入れるとご飯が傷みにくくなります。目安としては3合にお酢を大さじ1杯。味もほとんど気にならないのでぜひ試してみてください。



夏場になるとお弁当の食中毒防止シートなども売られ始めますが、特別なものを買わなくても、調理ポイントを少し意識するだけで食中毒の発生率をぐっと抑えることができます。水分と温度の管理をしっかりと行い、さらに殺菌作用の高い食品を使用すれば食中毒はおこりません。安全に、美味しく夏のお弁当を楽しみましょう。

540x360xIMG_7179-540x360.jpg.pagespeed.ic.dUXMupoOYR[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)