先日、この季節に飲みたいロゼワインということで、ロゼワインの造り方などをご紹介させて頂きました。今回は代表的なロゼワインを紹介したいと思います。名前を憶えておけばワインショップでワイン選びの時の参考になります。



◆シャンパーニュのロゼ
ヨーロッパの高級ワインで、白ワインと赤ワインを混ぜるという方法が唯一認められているロゼです。瓶内二次発酵(伝統的なシャンパーニュの造り方で、ワインを瓶詰めする時に、酵母と糖分を添加し、瓶の中でさらに発酵が起こるために発生したアルコールと炭酸ガスを瓶内に封じ込め、シャンパンを造ること)前のアッサンブラージュの段階で、ベースの白ワインに赤ワインを少量添加してロゼにします。少数ですが、セニエ法でロゼ・シャンパーニュを製造している生産者もいて、そちらのほうが手間がかかるのでより高級です。値段の面でもシャンパーニュ・ロゼは特別で、全体的に非常に高価です。



◆ロゼ・ダンジュ
ロワール地方はフランスではプロヴァンスを並ぶロゼワインの産地です。アンジューという生産地がその中でも有名であり、ロゼ・ダンジュとカべルネ・ダンジュというワインがあります。2つは異なる品種ですがやや似ているワインです。ロゼ・ダンジュはグロローというブドウが主体で造られていて、カベルネ・ダンジュはカベルネ・フランまたはカベルネ・ソーヴィニヨンというブドウ主体で造られています。製法はセニエ法、直接圧搾法の両方が使われています。ロゼ・ダンジュは中甘口で軽快かつフレッシュなタイプ、カベルネ・ダンジュも同様ですが、ロゼ・ダンジュよりかは甘みの少ないものが多いです。どちらも全体的に程よい酸味で飲み口が軽快なものが多く、万人受けするワインです。



◆タヴェル・ロゼ
タヴェルは、フランスのコート・デュ・ローヌ地方南部のワインで、ロゼの王という異名もあります。タヴェルは生産地区の名前ですが、ここではロゼワインのみを造っています。グルナッシュ、サンソー、シラーなどによるブレンドの辛口で、色も比較的濃く、ロゼ・ダンジュなどとはタイプが異なり、飲み応えのある力強いスタイルになります。セニエ法、直接圧搾法の両方が認められています。ルイ14世の御用達だったというエピソードもあります。力強いタイプのロゼですので、しっかりとしたお料理に合わせたい時などにこのワインを合わせると良いでしょう。



◆マルサネ・ロゼ
マルサネは、フランス・ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区の最北部にある村で、赤ワインや白ワインも造っています。品種はピノ・ノワールを使用し、チャーミングな辛口のロゼになります。マルサネのロゼは、1919年にドメーヌ・クレール・ダユというワイナリーが初めて造りました。その後近隣の生産者が後を追い、いつしかロゼがこの村最大のワインになったと言われています。実は少しマニアックなワインです。ワインに詳しい人が集まった時などに持っていくと一目置かれます。



◆プロヴァンス地方のロゼ
フランスのプロヴァンス地方は、生産量の7割以上がロゼワインという特異な地域です。当地の辛口ロゼワインは、地中海沿岸の避暑地(ニース、マルセイユ)のイメージと結びついて、観光上の一つの目玉にもなっています。観光地の特産品にありがちな話ですが、長い間品質が値段に伴わず、評判の悪い時期がありました。近年は品質改善が進められています。腰のくびれた形の独特の瓶も、プロヴァンスのロゼワインの特徴の一つです。ブドウ品種はグルナッシュ、サンソー、カリニャン、ムールヴェードルなどタヴェルと同じ品種が多いのですが、タヴェルよりは軽めのものが多いです。プロヴァンスのロゼワインは良い意味で、ピクニックワインとも呼ばれます。外で飲む時にサンドイッチなどと一緒に飲んでプロヴァンスの雰囲気を味わうのも良いですね。



◆スペインのロゼ
スペインではロゼはロサードRosadoと呼ばれ、全体生産量の約15%を占めます。通常辛口で、ほとんどは直接圧搾法ですが、中にはセニエ法を用いた本格的なロゼもあります。主力品種はスペインで最も栽培面積の広いガルナッチャというブドウ(フランスのグルナッシュ)です。特にナバラ地方のロゼは有名です。昔ナバラ王国だった時代に、1512年まで3世紀にわたり、フランス人による王朝がナバーラを支配して、最初の王となったのはなんとシャンパーニュ伯です。出身地のシャンパーニュから、ブドウ、栽培および技術に携わる人々まで呼び入れ、飲みなれたワインが飲めるようにしました。冷涼な気候で黒ブドウより白ブドウの栽培が得意なシャンパーニュと温暖な気候で黒ブドウの栽培に適したスペイン、この2つが合わさり、シャンパーニュ泊の好みのワインにする為には黒ブドウを使いフレッシュな白ワインのようなロゼを造る、という結果になったのかもしれません。



◆ホワイト・ジンファンデル
アメリカを代表する黒ブドウ品種、ジンファンデルから造られたブラッシュ・ワインです。直接圧搾法で造られることが多いため、色はごく淡いピンク色をしています。中甘口で、多くは微発泡性です香りづけを目的にミュスカやリースリングなどの白ブドウ品種が少量ブレンドされているので、グミのような甘い香りがあります。ワインがあまり飲めない人にも愛される定番のワインです。



◆クレレ
主にボルドー地方で造られる非常に色の淡い赤ワインがクレレと呼ばれます。フランス語のClairは「(色などが)明るい」という意味の形容詞です。最近のボルドーの赤ワインは濃い色が特徴ですが、中世の時代にイギリスに輸出されていたボルドーワインはとても色が淡かったようです。クレレは昔の色が淡かったボルドーワインをイメージして造られています。製法はセニエ法で、マセラシオンの期間は丸1日程度が標準です。イギリスでは今でもボルドーの赤ワインのことをクラレットClaretと呼びますが、この言葉も昔の色が淡かった時代のボルドーワインにちなんでいます。



この他にもロゼワインは種類が沢山あります。最近は決まりにとらわれずテーブルワインとして造られているけれど、人気の高いものなどもあります。ロゼワイン好きを名乗るならば知っておきたいこの8種類のワイン、是非見かけたら飲んでみて下さい。プレゼントにもおすすめします。

1429163746gKxYx[1]

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)