同じ大きさ、同じ値段でベイクドチーズケーキとニューヨークチーズケーキが並んでいたら、あなたはどちらを買いますか?どちらもチーズケーキだし、見た目もほとんど変わりないし、商品名だけでは味も想像できない。「ベイクド」と「ニューヨーク」の違いさえ分かれば…なんて経験をしたことのある方いませんか?
ショートケーキやチョコレートケーキと並んで人気の高いチーズケーキ。チーズケーキ専門店、お土産用に特化されたチーズケーキ、切れ端を集めてお得に販売しているチーズケーキなどなど、チーズケーキの需要は季節を問わず絶えません。手作りのチーズケーキもおすすめ。手間をかけずに簡単に作れてしまうので、ちょっとしたお土産や普段のお菓子にもぴったりです。

【ベイクドチーズケーキ】

言わずと知れたチーズケーキの王道。大人も子供も大好きなベイクドチーズケーキ。甘すぎず重すぎず、コーヒーとの相性も抜群なため男性にも人気の高いスイーツのひとつです。しっかりと焼き上げるのでは持ち歩いている最中に崩れる心配もないですし、どのお店で買っても比較的ハズレがないので初めてのお店でチーズケーキに迷った時はまずベイクドチーズケーキを選ぶのが良いでしょう。ベイクドチーズケーキの特徴は、オーブンでしっかり焼き色が付くまで焼いてあることと、しっとりとした食感。使用するチーズはクリームチーズ、サワークリーム、マスカルポーネなどどれを作ってもOKですが、水分が少なく柔らかめのチーズを選ぶのがポイント。チーズはそれぞれ風味が異なるので、同じベイクドチーズケーキでも違った食感や味を楽しめます。また、焼き菓子とはいえ保存料ゼロの手作りチーズケーキは作ったらなるべく早めに完食するように心がけましょう。


【スフレチーズケーキ】

女性に人気のスフレチーズケーキ。食べた瞬間、ふわふわ、しゅわっとした食感が口いっぱいに広がります。スフレチーズケーキの魅力はもちろんふわふわの軽い食感。サッパリとした後味の中にもチーズと生クリームのコクが感じられる贅沢な一品です。スフレチーズケーキの食感を作り出しているのは「卵白」。卵白でふわふわのメレンゲを作って加えることにより、ふんわりとしたチーズケーキが出来上がります。スフレチーズケーキは他のチーズケーキに比べて調理の難易度がやや高いため、うまく作れるようになるには少し練習が必要かもしれません。メレンゲの作り方や焼き方によって上手く膨らまなかったり、材料の配分によってはベチャッとしたスフレチーズケーキに仕上がってしまうことがあります。

【レアチーズケーキ】

加熱せずにゼラチンで冷やし固めて作るレアチーズケーキ。チーズの香りやコクがしっかりと感じられるため、チーズ好きには堪らないケーキのひとつでしょう。滑らかでクリーミーな食感も病みつきになります。
レアチーズケーキを作るときのポイントは、生地を型に流し込む前に、漉し器を使うこと。そうすることで、滑らかな口当たりのチーズケーキに仕上がります。また、レアチーズケーキは加熱せずにゼラチンを溶かして冷やし固めて作るため、最後に漉し器を通すことで出来上がりの生地にゼラチンのダマが入るのを防げます。ふわっとした口当たりにするために生クリームを泡立てたものを加えたり、メレンゲを加えるレシピもあります。
レアチーズケーキはべリー系のソースやフルーツとの相性も抜群です。カラフルな盛り付けで、華やかなデザートプレートを作るのも楽しみのひとつです。

【ニューヨークチーズケーキ】

どっしりとした重量感が特徴的なニューヨークチーズケーキ。ベイクドチーズケーキと見た目が似ているため「なにが違うの?」という声が多いですが、味が全然違うんです。ニューヨークチーズケーキはチーズケーキの中で最もクリーミーで濃厚。さらっと食べられるスフレチーズケーキとは真逆で、渋めの飲物と一緒にゆっくりと時間をかけて食べたくなるケーキです。ニューヨークチーズケーキの特徴でもあり、ベイクドチーズケーキとの違いを出している1番のポイントは、サワークリーム。ニューヨークチーズケーキはチーズやサワークリームに配分がとても多く、そのため酸味とコクが強い濃厚な仕上がりになります。作り方もベイクドチーズケーキなどと比べるとやや手間がかかりますが、難しい工程はないので失敗は少ないです。チーズ好きのお友達に渡すなら、ニューヨークチーズケーキがおすすめ。

4種類のチーズケーキについて説明しましたが、それぞれの特徴を知っていただけたでしょうか。
では、1番最初にした質問に戻ります。同じ大きさ、同じ値段でベイクドチーズケーキとニューヨークチーズケーキが並んでいたら、あなたはどちらを買いますか?もう迷わないですよね?


yun_8805

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)