もしも今、手元にチョコレート商品がある人はパッケージ裏の成分表示を見てください。

名称または種類別名称という欄に、チョコレート、チョコレート菓子、準チョコレートのいずれかが記載されているのを見つけられますか?「チョコレート」製品は、原材料の種類・割合・分量によって「準チョコレート」や「チョコレート」などに分けられているのですが、これらは一体どう違うのでしょうか。


【チョコレートと準チョコレート】

「チョコレート」とはチョコレート生地だけか、チョコレート生地をその製品の全重量の100~60%以上使用した製品のことで、「準チョコレート」は準チョコレート生地の使用が全重量に対し100~60%のもの。

◆チョコレート生地と準チョコレート生地
チョコレート生地は、カカオ分が35%以上、あるいはカカオ分が21%以上でそれを合わせた乳固形分が35%以上のもののことで、準チョコレート生地はカカオ分が15%以上或いはカカオ分が7%以上でそれを合わせた乳固形分が12.5%以上のものとなっています。

このように、準チョコレート生地は、チョコレート生地と比べるとカカオ分が2倍以上少なく、「チョコレートに準ずるもの」ではありますが、成分とその含有量を数字で比べると、その違いは明らかです。
しかし、勘違いしてはいけないのは、準チョコレートだから悪い成分が含まれているとか、ニセモノのチョコレートだということではありません。ただ、チョコレートよりも安価に手に入る準チョコレートは原価を抑えるためにカカオや乳脂肪とは関係ないヤシ油やコーン油を科学的に改質したものを加えてチョコレートを薄め、固めている場合がほとんどです。余分な油脂が入っている分、準チョコレートの方がニキビができやすかったり、ドロドロの血液をつくる可能性は高いかもしれません。とても溶けやすいチョコレートが1年中コンビニやスーパーで販売できているのは、油脂によってチョコレートを食べやすい堅さに調整し、溶けにくくなるように加工してあるからなのです。


【チョコレート菓子と準チョコレート菓子】

「チョコレート菓子」は、チョコレート生地の使用割合が、全重量の60%未満の製品のこと。ナッツやフルーツなど他の食材とを組合わせたチョコレート製品は「チョコレート菓子」と記載されていることが多いです。
一方で「準チョコレート菓子」とは、準チョコレート生地の使用が60%未満の製品のこと。ビスケットやクッキー系のチョコレート菓子は準チョコレート菓子と記載されている場合が多いです。


【カカオとは?】

チョコレートの素になるのはカカオ果実の種子であるカカオ豆。これを発酵・乾燥させたものをローストし、すりつぶしてペースト状にしたものが「カカオマス」と呼ばれ、カカオマスから搾り取ったものを「カカオバター」と呼びます。このカカオマスとカカオバターがチョコレートの主な原料で、カカオマスはチョコレートの色や風味、カカオバターはなめらかな口溶けの素になります。チョコレートは「カカオ」から作られているため、カカオの品種や原産地、製法の方法でチョコレートの味は異なります。


【カカオ分って?】

チョコレート生地と準シチョコレート生地の説明でも出てきた「カカオ分」。チョコレートのパッケージにも「カカオ分」という表記はよくでてきます。これは、そのチョコレートのうちにカカオ豆由来の成分、つまりカカオマスとカカオバターがどれだけ入っているかということを表します。カカオマスとカカオバターの%の合計がチョコレートに含まれるカカオ分として表記されているのです。
例えば、カカオマス20%+カカオバター40%+その他の材料でできたチョコレートは、つまりカカオ分60%のチョコレートということになります。数年前から流行っているカカオブ分80%などのビターチョコレートは、カカオ由来の成分が多いチョコレートということです。カカオ分は高くなればなるほど苦味も強くなり、また値段も上がります。


普段私たちがスーパーなどで目にするチョコレート商品は、「準チョコレート」や「準チョコレート菓子」がほとんど。これは、製菓会社の生産性やチョコレートの溶けにくさ、原料価格などの理由により、チョコレートよりも準チョコレートが扱いやすからと言えるでしょう。
含有成分量の違いより表示名が細かく分けられているチョコレート。スーパーやコンビニで手軽に手に入るチョコレートも十分美味しいですが、より濃厚な味わいを求めるなら「チョコレート」。スーパーで「チョコレート」の文字を探すのも楽しいかもしれません。






(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)