自家製梅干しの作り方も第2回目となりました。前回は漬け込む作業まで行いましたが、上手く梅酢は上がりましたでしょうか?少し取り出して、おにぎりの味付けに利用するのもお勧めです。そして、お好みで赤紫蘇を入れた方もいらっしゃると思います。梅はほんのりと染まりましたでしょうか?今回は待ちに待った土用干しの作業に入ります。ここまで来たらもう少し。一緒に頑張りましょう!

【梅を干しましょう】

梅雨が明け、いよいよ梅を干せる時期がやって来ました。ジリジリと暑い日が3日続くと最高です。そんな日を選んでください。分かりやすいのは、天気予報の洗濯指数。検索すると絵で表示されているページもあります。

◆洗濯指数(例)

指数 30:室内に干すか、乾燥機がお勧め
指数 40:夕方までにはなんとか乾きそう
指数 50:ワイシャツなど化学繊維は乾く
指数 60:乾きは遅いけどじっくり干そう
指数 70:残念!厚手のものは乾きにくい
指数 80:Tシャツなら3時間で乾きそう
指数 90:バスタオルでも十分に乾きそう
指数100:ジーンズなど厚手のものもOK

このようになっています。梅を干すには、90〜100の日が最適。80でも良いでしょう。もし、何日か開いて快晴の場合には干さない日は梅酢の中へ梅を戻せば問題ありません。ジリジリ暑い日が来たら「チャンス!」と思って干してください。

そして、梅を干すために必要な道具はザルです。どんなものでも良いですが、筆者はネットが付いたザルを使っています。梅を完全に覆うことが出来るため、虫除けにもなり便利です。

◆土用干し

まずは早起き。筆者は朝7時くらいには梅を並べたザルをベランダへ干してしまいます。ザルへ並べる際の注意点は梅を丁寧に扱うこと。赤紫蘇も一緒に干すのをお忘れなく。梅酢もボール等へ移し、ラップをした状態で外に出しましょう。梅を干す場所は庭でもベランダでも結構です。車の上以外の日が当たるところへ出してください。

◆干す時間

1日目:15時くらいまで
2日目:15時くらいまで
3日目:4日目の朝まで

3日目までは干す時間はこのようなペースになります。2日までは毎回干し終わったら、梅酢に戻してください。3日目も梅酢に戻すのは同じですが、干す時間が変わります。夜露に当たると、4日目の朝にはシットリした梅になるため、可能ならば翌日の朝まで放置してみてください。3日干していると、見た目もだいぶ変わっているはずです。指で梅をつまんでみて、皮が薄くなってきたなと感じた頃が干し終わりの合図。3日経ってもまだでしたら、追加で数日干してみてください。逆に3日干さずに良い感じの梅になっている場合はそこで終了してしまっても構いません。梅を毎日観察し、判断してみましょう。

【梅酢に戻しましょう】

ホカホカの梅を梅酢に戻す作業は、シットリさせるだけでなく赤紫蘇を入れた場合は色付きも良くなります。干し始めた時は色にバラツキがあっても大丈夫!梅酢に戻すことで均一になります。赤紫蘇はカラカラになるまで干し続け、フードプロセッサーで「ゆかり」にするのも良いでしょう。毎日の記録を写真に残しておくと、梅の変化も分かりやすいのでお勧めです。塩分も何パーセントで漬けたのか、1年後に忘れていることも意外と多いもの。毎年漬けようと考えている方は味の比較のためにも、メモしておくと良いかもしれません。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?これで土用干しは終了です。筆者は昨年漬けた梅を最近になり食べ始めたところです。味がまろやかになり、しばらく置いた方が良いと思います。もちろんすぐに食べても構いません。毎年、干して柔らかくなった梅をつまみ食いするのもちょっと楽しみ。

【記事中の道具について】

ネット付梅干しザル
http://item.rakuten.co.jp/c-mania/ume-netzaru1/


はじめてでも簡単!自家製梅干しの作り方(2)-2

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)