コーヒー好きの間で話題になっている『サードウェーブコーヒー』というのはどういうことでしょうか?
そこで、今回はサードウェーブコーヒーに触れてみたいと思います。


サードウェーブコーヒーってなに?

「サードウェーブ・コーヒー」という言葉は、砂金では雑誌などでよく特集されています。サードウェーブ・コーヒーとは、アメリカのコーヒー文化「第3次」ムーブメントのことです。日本は、アメリカのコーヒー文化の影響を受けやすいですから、この「第3の波」が日本にまで押し寄せてくと考えられています。

第3の波ってことですから、第1・第2があったということですよね。1970年までのアメリカでコーヒーが広く一般家庭でも飲まれるようになったのがファーストウェーヴです。スターバックスに代表されるシアトル系深煎りコーヒーが世界的に人気となった1990年代までがセカンドウェーヴと言われています。


「サードウェーブ」がなぜオススメなのか?

【その1】単1種の苗木から収穫されたコーヒー豆だけを使用する「シングルオリジン」
【その2】 浅煎り
【その3】 ロースター(コーヒーショップ)と生産者の「ダイレクトトレード」

上記3つのことがあり、サードウェーブコーヒーが話題となっているのです。


サードウェーブコーヒーのカルチャーを取り入れている店舗って?

サードウェーブコーヒーのカルチャーを取り入れている店舗は以下のようなものがあります。

・NOZY COFFEE ノージーコーヒー - 三軒茶屋/コーヒー専門店
・フォグレントウキョウ Fuglen Tokyo - 代々木公園/カフェ
・オモテサンドウコーヒー OMOTESANDO KOFFEE - 表参道/コーヒー専門店
・BE A GOOD NEIGHBOR ビー ア グッド ネイバー - 原宿/コーヒー専門店
など。


コンビニでもサードウェーブコーヒーが飲める?!

サードウェーヴという新しいトレンドは、日本でも新しいコーヒーブームを巻き起こしています。そこに反応を示したのが、コンビニエンスストアである「ローソン」です。ローソンでは、しっかりとしたコーヒーレクチャーを受けた店員さんが、挽きたて、淹れたての一杯を手渡ししてくれるというMACHI caféというスタイルでコーヒーを提供していることをご存知な人もいることでしょう。


上記でご紹介した店舗に行けない人は、ローソンに行ってみてくださいね。では、「MACHI café」のこだわりを見ていきましょう。

MACHI caféはブラジル「イパネマ農園」のこだわり豆を使用しています。MACHI caféはコーヒー豆の個性を引き出す「アフターミックス製法」で豆を焙煎しており、さらに自然にちかいこだわりの牛乳を使用しているとのことです。

サードウェーブコーヒーがどんな味なのかまだ試していないのであれば、ぜひとも試してほしいですね。ファーストブーム~サードウェーブが起こるコーヒーの世界。これってなかなか面白いものがあるかと思います。お酒を楽しむのもいいですが、やっぱりゆっくり一息つきたいときはコーヒーという人も少なくありません。そういった人たちは、いろんなコーヒーを飲んでみて楽しんでみてくださいね。

それにしても、このコーヒーの第3の波に気づいたローソンは、すごいなって思いますね。流行りをいち早く取り込むのは、商品をうる手法で何よりも大切なことですからね。




(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)