かき氷の美味しい季節がやってきました。今回ご紹介させていただくお店は、甘いものが大好きな方には名前でピンとくるかもしれませんが、たいやきの浅草浪花家。こちらでかき氷を食べることが出来ます。たいやき片手に冷たいもの?ちょっと意外かもしれませんが、どちらも美味しい。クセになる組み合わせを是非!

【浅草浪花家とは】

浅草浪花家は「およげ!たいやきくん」の歌のモデルにもなった、元祖たいやきの麻布十番「浪花家総本店」から暖簾分けしたお店です。たいやきが美味しいのはもちろんのこと、かき氷も行列の出来る人気メニュー。テレビや雑誌でも有名なため、店内には掲載された雑誌があります。待っている間にチェックするのも良いかも。写真の方が分かりやすい上にメニュー選びに迷う時間も少しは短縮出来そうですね。あんみつ、みつまめ、白玉ぜんざい、田舎しるこ、小倉コーヒーゼリー等、甘味メニューが充実しているという印象。浅草をブラブラとお散歩し、疲れた頃に寄る。そんなプランも良いのではないでしょうか。

お食事メニューは秋頃までお休みしていますが、中でも人気はきつねうどん。創業明治20年、生ゆば豆腐専門店「栃木家」の手揚げ油揚げが使われているそう。名店の油揚げも食べられるなんて、得した気分ですね。他に油揚げが入ったメニューに、いなりもちもあります。是非一度お試しください。

【かき氷・あさやけ】

かき氷も種類が豊富で迷ってしまうくらい。筆者は「あさやけ」を選んでみました。自家製いちごシロップに小豆、ミルクで見た目も鮮やか。甘いミルク氷を好む筆者には、いちごの酸味が少し強めに感じましたが、小豆と一緒に食べるとちょうど良くなるから不思議。追加で注文した白玉のモチモチした食感も美味しく、とても合いました。たいやきのお店なので、小豆がやはり美味しい。他に宇治金時も小豆が入ってお勧め。

◆かき氷色々

他に迷ったメニューに「四種のベリーとヨーグルト」と「みるくといろんなフルーツ」の2つがあります。これらを食べている方がとても多く、小豆だけではなく、フルーツ系も人気のようです。「四種のベリーとヨーグルト」はストロベリー、ブルーベリー、ラズベリー、クランベリーとベリー好きには嬉しい組み合わせ。鮮やかな赤紫色のシロップとヨーグルトがかかって、サッパリとしたものがお好みの方にはお勧めです。

「みるくといろんなフルーツ」は名前の通り、ミルク氷の中に数種類のフルーツがどっさり。更に上にもトッピングと、インパクト大!「みるくといろんな」シリーズは「あんこ(みるくといろんなものが入ったあんこ)」もあり、こちらはナッツ系となっています。白あん版「メンズみるくといろんなものが入ったあんこ」にはココアがかかっているそう。ネーミングもちょっと変わって面白いですね。

【たいやき】

たいやき好きの方ならご存知かもしれませんが、こちらのお店は天然ものです。「一体何のこと?」そんな声も聞こえてきそうですね。実はたいやきには天然と養殖の2種類が存在します。これは焼き方の違いで、一枚一枚焼き上げる一丁焼きは天然もの。複数焼き上げるのを養殖ものと呼んでいます。一丁焼きは見ているだけでも面白く、カラカラと鳴る音がまた良い。浅草浪花家は丁寧に一枚一枚強火で焼き、カリッとした食感が美味しい薄皮たいやきです。中には餡がたっぷり。お持ち帰り用も販売していますが、時間のある方は店内でのお食事をお勧めします。なんと50円プラスすることで、店内限定あんず入りたいやきに変更可能。これがとても美味しく、まさに別腹!ただ甘いだけではなく、何個でも食べられそうな勢い。

【浅草浪花家】

◆〒111-0032 東京都台東区浅草2-12-4
◆営業時間:10:00~19:00
◆TEL:03-3842-0988
◆HP:http://a-naniwaya.com/top.html



浅草浪花家のかき氷1

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)