身近にあるのに、わたしたちが飲まなくなっているもの……。そんなものが現在、流行の最先端・アメリカで大流行しています。店頭に綺麗に並べられ、雑誌やテレビでも「素晴らしいドリンク」と特集され、著名な海外セレブたちもそれを飲んでいる姿が数多くパパラッチされています。そう。その正体は日本茶とも呼ばれる国民的なお茶「緑茶」です。古臭いイメージ、お祖父ちゃんが縁側で飲んでいるイメージ、など時代を感じさせますが、実はこの緑茶には女性にこそ飲んでほしい秘密がいっぱいなのです!

【緑茶とは】

日本人で緑茶を飲んだことがない人は、まずいないと言っていいほど身近な存在である緑茶。茶樹から摘み取った茶葉を加熱処理して発酵を防いだものが、我々の知る緑茶となります。独特の苦味と渋みを持つすっきりとした味わいの緑茶は、食事のお供にも、食後のほっと一息にもぴったり! しかし身近にありすぎるせいか、近年、若い方たちの緑茶離れが進んでいるといわれています。でもこの緑茶……数年前からアメリカでは「美容・健康・減量に効く」と大評判で、緑茶を取り上げるメディアも多くなり、有名セレブたちもこぞって飲んでいます。

【緑茶愛飲のセレブって?】

ヘルシーさと味わいの良さから、現在セレブのお気に入りドリンクとなっている緑茶。海外では「ダイエット・ドリンク」とも呼ばれており、ドリュー・バリモアやジェニファー・ロペス、グウィネス・パルトロウに、クリスティーナ・アギレラなど、超一級のセレブたちも飲んでいます。スタイル抜群として知られるスーパーモデル、リリー・オルドリッジも自身のInstagramにランチ写真として豪華なステーキ、マッシュポテトに伊藤園の「お〜い、お茶」のペットボトルを添えてアップ。こんなにボリューム満点の食事をしてもあんなにナイスバディなのは緑茶のおかげなんだ! と、話題になりました。

【緑茶の効果】

なんとなく体にいいことは知っていても、具体的にどんな風にいいのか知らない緑茶の栄養。知ったらいますぐに飲みたくなる、すごい効果がこんなにいっぱいなのです。

◆美肌効果

艶のある素肌を保つには、時とともに積み重なってくる老化を抑えることが重要です。緑茶にはその老化を抑えるカテキンが豊富で、老化を促進する脂質に対する抗酸化作用は、若返りビタミンとも呼ばれる抗酸化力の高いビタミンEの約20倍もあります。またお茶には豊富なビタミンCも含まれ、その量はレモンの5倍以上と言われています。また、熱に弱いビタミンCですが、緑茶に含まれるビタミンCは、熱にも壊れずに保存にも強い特性があります。さらにこの緑茶のビタミンCは、肌水分を保つ効果や、肌の色を黒くするメラニン色素生成の抑制効果もあり、素肌を艶やかにするだけでなく、女性が憧れる白い肌を維持するのにも効果的です。

◆ダイエット効果

緑茶に多く含まれるカテキンは脂質等を体外に排出すると共に、脂肪を燃焼させやすくする効果があります。脂肪燃焼に効果的なジョギングなどの有酸素運動は、運動開始後、まず体内で糖の消費から行い、その次に脂肪へと切り替わります。そのため、脂肪燃焼まで辿り着くのに、多くの時間とエネルギーを要します。ところが緑茶を飲んでから運動すると、この糖の分解が省かれ、脂肪燃焼が優先されることが分かっています。また食事の際に緑茶を飲むと、食事で摂取した脂肪分を少なくする効果もありますので、運動前や食事の際にもぜひ摂取していきたいところ。この際は、冷たい緑茶よりも温かい緑茶の方が、体や内臓を温め、代謝もアップしやすくなります。

◆虫歯&口臭を抑制

緑茶には虫歯の基となる菌の増殖を抑える働きがあり、虫歯予防に役立ちます。また抗菌作用も持っているため、口腔内細菌の増殖を抑制することで口臭予防にも繋がります。さらに緑茶には、歯を強くし、虫歯にならないための抵抗力をつけるフッ素も含まれています。

◆食中毒の予防

緑茶に含まれるカテキンには、体内の有害な菌を退治する殺菌作用があり、食中毒の原因となる多くの菌と、その菌が出す毒素をやっつける働きがあります。これから食中毒がこわくなる夏へ向けて、ぜひ食卓やお弁当のお供にプラスしたいですね。

この他にも、リラックス効果や集中力アップ効果などもあります。また緑茶でうがいをすると風邪やインフルエンザなどの予防にも繋がるといわれ、緑茶うがいを日課にする小学校もあるほど。まさに飲んで損なしの緑茶! セレブに負けずに、わたしたちも毎日の生活に取り入れていきたいですね。



8986548ad01f459d12efb607f6f87e14_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)