日本人でありながら、あまり和食の老舗で食事をすることはあまりないのではないでしょうか。
フレンチ、イタリアンのレストランには行くのになかなか行く機会がない和食の老舗。
たまには、そんなお店に行って和食に舌鼓を打つのもよいですね。
きっと、新たな発見があるに違いありません。

和食と言っても色々なジャンルがあります。
ジャンルごとに見てみましょう。

「寿司」

皆の大好きな「お寿司」。しかしながら、お寿司の名店と言われるところはかなり敷居が高いもの。
お値段が高いのではないか、カウンターで食べるのは緊張してしまうなど、なかなか行くことが出来ませんね。でも、そのお味は、折り紙つき。是非、1度味わってみたいものですね。

※さいとう

2月から、店舗がアークヒルズに移転しました。色々な方がご紹介されているので、その美味しそうなビジュアルは目にしたことがある方も多いはずです。
7席のカウンターのため、予約するのも困難なようです。
ネタ、酢飯、握り方、全てが絶妙なバランスのお寿司に出合うことが出来ます。
夜は、3万円くらいかかってしまいますが、ランチでの利用なら1万円台でおさまります。まずは、ランチから。

東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー 1F
完全予約制

※水谷


銀座にあるお寿司屋さん。銀座のお寿司、またまたハードルが高い気がしますが、世界的に有名な寿司職人の握るお寿司食べてみたいですね。
やはり予約困難は当たり前です。夜は17時、19時の2部制になっています。
カウンター10席のみ。シャリの食感、ネタとのバランスともに素晴らしく、口の中にいれたときのほぐれ具合も絶妙なお寿司が、いただけます。
ランチは2万円弱、夜は3万円くらいで頂けるようです。

「天ぷら」

天ぷらは、普段から頂くことが多い和食ですが、カウンターで揚げて頂くという贅沢はなかなか機会のないものです。家庭でも揚げたものとプロの技の違い、ぜひ確かめてみたいではありませんか。
美味しい天ぷらを家庭でも再現するためと、おねだりしてみるのもいいかもしれませんよ。

※山の上 本店 御茶ノ水

昔からあるホテルの中の天ぷら屋さんです。その美味しさはかの食通作家池波正太郎さんも絶賛していたほどです。
旬の野菜、魚を江戸前の技で仕上げる天ぷらを頂けます。
素材の味を生かすために、冷蔵庫は昔ながらの氷を使ったものを使用しています。電気冷蔵庫ではネタが乾燥してしまうからとの理由だそうです。そんなこだわりも江戸っ子らしい粋が感じられていいですね。
出来れば、予約した方が良さそうです。
コースで頂いて、最後に“天茶”または“天丼”を頂けるのも天ぷら屋さんの楽しみの一つです。
お腹がいっぱいでも、別腹でさらさらっといけちゃいます。
ランチは1万円以内でも用意されています。天丼なら3千円台です。
このお味は、三越本店の地下でも味わえます。

東京都千代田区神田駿河台1-1 山の上ホテル 本館1F

※てんぷら近藤

銀座の天ぷら屋さん。大きなサツマイモの天ぷらを、テレビでご覧になったことがある方も多いはず。
ミシュラン2つ星を獲得しています。
特に野菜の天ぷらが美味しく頂ける名店です。その中でサツマイモが独特のものですね。かなり大きなサツマイモをほっくりと仕上げてあります。
もちろん、野菜だけでなく旬の魚も素材の味を生かすような天ぷらが出てきます。
ランチは6,500円からコースがあります。

東京都中央区銀座5-5-13 坂口ビル9F

「懐石」

老舗の和食と言うと「懐石」を思い浮かべることが多いでしょうか。日本人ならではの繊細な盛り付けは、素晴らしい、の一言ですね。絶対に家庭では出来ないそのお味。目に舌に、是非味わってみたいものです。

※日本料理 かんだ

ホームページから、是非ご覧ください。“おもてなしのこころ”がこちらからも伝わってきます。
オーナーシェフである神田浩行氏の心が感じられます。
お店のコンセプトを「目と手と気持ちの届く店」としているのも頷けます。
2008年から8年連続三ツ星を獲得も納得です。
カウンター、個室があります。場所柄、ワインの品揃えも豊富です。
夜のみの営業でコースは1万5千円からあります。

東京都港区元麻布3-6-34 カーム元麻布 1F

※とうふ屋うかい  東京芝店

東京タワーのお膝元にあるとうふの懐石料理のお店です。東京タワーの下にこんな広大な敷地があったのかと驚いてしまいます。日本の粋とおもてなしの世界が包み込む非日常の世界を味わいましょう。
数寄屋造りの個室で頂く豆腐料理は、本当に心から癒しを頂くことが出来ます。
八王子・大和田の地の銘水を使って作られる本物のとうふ。勿論大豆も厳選された高級品種。
とうふの旨みを極めた”豆水とうふ“に四季折々の旬の美味しさが加わり、満足感いっぱいです。
ランチは5,670円から夜は8,960円から用意されています。
東京の中で味わう非日常、イイですね。

東京都港区芝公園4-4-13

※銀座うち山

ミシュラン1つ星のお店です。ランチの鯛茶漬けで有名です。
ランチは1,500円の鯛茶漬けから15,000円のコースまであります。
夜は予約が必要。ランチも予約が出来ます。
ランチの鯛茶漬けに、添えられた品々にも大変手がかかっているのにこちらのお店の“おもてなしのこころ”が感じられます。
カウンター10席ほど、個室が2室です。
コースの最後に鯛茶漬けを頂くことが出来ます。
デザートも、とても繊細なもので虜になってしまう方も多くいらっしゃるようですね。

東京都中央区銀座2-12-3ライトビルB1

普段あまり頂く機会のないお店をピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか。
“おもてなしの心”を存分に味わうことが出来る名店で、和食のこころを味わってみるのもたまにはいいのでは!!



ba5fcef57044c856234148363e733f7b_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)