知らない間に「蒲田」がとんかつの聖地と化していました。誰からも愛される「とんかつ」。いつ食べても美味しいのは何故でしょうか。お店によって微妙にこだわりがあり、それぞれの美味しさを味わうことが出来ます。豚肉の甘みを存分に満喫させて頂きましょう。

「丸一」

食べログのTOP500にもランクインしている人気店「丸一」。
東京一と称している方も多くいらっしゃいます。11時のオープン前には行列が出来るほど。人気のメニューは極上ロース。分厚いので普通のロースよりも時間がかかります。やわらかく、ジューシーという美味しさの極みを堪能することの出来る美味しいとんかつです。
ランチ定食で2千円前後です。
東京都大田区鎌田5-28-12

「檍(あおき)」

こちらも食べログTOP500ランクインです。
やはり、行列なしでは、食べられません。お昼の行列は半端ないようです。やはり、王道ロースカツがやわらかく、ジューシー。脂身の旨みも加わり、ロースの美味しさの極みを堪能できるのです。塩で食べてみるのもお勧めです。
丸一でも提供されている“林SPF豚”という無菌豚を使っています。
ライスのおかわりと大盛りは有料です。
東京都大田区鎌田5-43-7 ロイヤルハイツ鎌田102

「鈴文」

上の2店に比べ、地理的に不利なためか、行列をしないで食べられます。上の2店に比べ、老舗のようです。
他の人気店ではなくこちら「鈴文」が一番好きという方も大勢いらっしゃいます。
好みの問題があるので、食べ比べてみるのが良いでしょう。
やはり、おススメは「特ロース」。豚肉の旨みはロースが一番わかりやすいのでしょうか。それともとんかつに限ってはということなのでしょうか。いずれにしてもロースのとんかつは美味しいですものね。外はカリッと中は少し赤味が残る程度に揚げられています。ご飯と赤だし、白菜の漬物、キャベツが付きます。ご飯、キャベツ共にお替り自由ではありません。
東京都大田区西蒲田5-19-11

「双葉食堂」

リーズナブルなお値段で食べられる食堂です。とんかつ専門店ではありませんが、人気のお店。
ロースかつ・ヒレカツ・ポークソテー、チキンカツ、エビフライ、豚肉の生姜焼き、アジフライなど不動の定食メニューが充実しています。カツ丼もあります。
定食に単品でハムエッグやポテトサラダなどを加えるのも楽しみです。リーズナブルなので安心して追加できますね。
ビール片手に楽しんでいる方が多いのも鎌田らしくていい感じです。
東京都大田区鎌田1-15-1

「味彩」

ちょっと不便なところにあります。人気はやはりロースカツ定食。ランチだと千円ちょっとで食べられます。ヒマラヤ塩で食べるのがおすすめの食べ方。
ご飯大盛り無料、キャベツはおかわり自由です。
豚肉はSPF岩中豚です。衣はきめが細かく薄め。食べ残しはお持ち帰りも出来るみたいですよ。女性には嬉しい心遣いですね。
東京都大田区西蒲田7-59-1

「とん清」

とんかつ激戦区の蒲田でゆっくりと飲みながら食べたいといった人には嬉しいとんかつ屋さん。元々は東急プラザの中にあり、移転したようです。創業44年だとか。
広めの店内で夕飯時でもくつろげます。
串揚げもあるので、ビールと一緒に頼んでいる人が多いみたいです。
ご飯とキャベツのお代わりは1回まで出来ます。
東京都大田区西蒲田7-45-4-1-1F

「とんかつ 多津美」

蒲田駅日口サンライズ商店街の中のとんかつ屋さん。
リーズナブルに多彩なメニューの中から選べます。ランチのロースカツ定食が850円というのは、お財布にやさしいですね。定食には赤だし、ご飯、ポテトサラダ、キャベツがつきます。ご飯大盛り50円増し、おかわり100円増しです。粗めの衣のついているとんかつです。
カツ煮カレーなるオリジナルメニューもあり、一度は行ってみたいお店です。
東京都大田区西蒲田7-48-8
いつごろから「蒲田」がとんかつ激戦区になったのでしょうか。とんかつ好きならぜひ、足を運んで制覇してみてはいかがでしょうか!



93332242ffc8cd17b8073cabd4e8272c_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)