仕事の合間や、休日午後のティータイム。

「なにを食べようかな〜」と女子をワクワクさせるのが、おやつ選び。
でも嬉しい反面で、気になるのがダイエットのこと。
ふと気になって、身近にいるスリムな女性に「おやつとか食べたりする?」と聞いた経験はないでしょうか。

そんなときに返ってくる答えはもちろん「うん。絶対に食べるよ。おやつ大好き♪」という言葉。
でも……その言葉を真に受けてはいけません。

女子にとってのおやつ=スナック菓子、ショートケーキ、チョコチップクッキーetc……ですが、スリムなあの子たちは、おやつの概念が違います。

今回は、そんなスリムな彼女たちが日常的に食べている「だから痩せているのか!」と納得してしまう“痩せ子のおやつ”をご紹介します。これをマネするだけで、痩せられそう……。


■1.フルーツ

甘くて爽やかで栄養たっぷりのフルーツは、痩せ子の鉄板おやつ。
ビタミン・ミネラルだけでなく酵素もしっかりと摂れるので、ダイエットとしてだけでなく美容にも効果抜群。
そういえば痩せ子の肌って、透明感があってキレイ……。夏の季節に旬を迎えるのがピーチやマンゴー、ベリー類など、特に女子に人気の高いフルーツ。
午後は、季節のフルーツと紅茶で、優雅なティータイムなんていかがでしょうか♪

■2.カカオ70%以上のチョコレート

ダイエットの大敵に思われがちですが、チョコレートに含まれるカカオ成分は美容と健康に効果的。
甘くするために使っている砂糖がダイエットにとってNGなのです。
カカオ自体は、脂肪分解効果や美肌、リラックス効果まで幅広く持ち合わせている万能おやつ。
痩せ子が選んでいるのは、チョコはチョコでも、砂糖が少なめで、カカオが豊富なもの。痩せ子をマネして、カカオ70%以上のチョコレートを選ぶようにしましょう。

■3.ナッツ類

アーモンドやくるみなどのナッツは、良質な脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを含んでおり、栄養バランスに優れています。
またしっかり噛んで食べることで満腹中枢を刺激するため、美容・ダイエットの両方の面で優秀なおやつです。
特にアンチエイジングに効果的なアーモンドは、ビタミンEを多く含み優れた抗酸化力がありますので、毎日のおやつに取り入れたいところ。
ナッツ類は塩分を加えていない素焼きタイプを選ぶようにしましょう。果物と合わせて摂ると、栄養価もUPするのでオススメです。

■4.サツマイモ

どうしても甘いものが大量に食べたくなるとき、痩せ子が食べているのは自然由来の甘さが詰まったサツマイモ。
どっしりとした口当たりと濃厚な甘みから、太ってしまうと思われがちですが、サツマイモの成分は半分以上が水分でカロリーも低いため、実は太りにくい食材。
食物繊維やビタミン・ミネラルも豊富なので、罪悪感なく甘みを堪能できます。
自分で蒸したり、大手のスーパーでは季節を問わずにヤキイモが売られていたりするので、手軽に食べられるのも嬉しいところ。

■5.チーズケーキ

職場での手土産や、お呼ばれしたお家でケーキを出される機会は意外に多いもの。
宝石のようにキラキラしたケーキを目の前に、ダイエット中だと断るのは至難の技。
ケーキを出されたとき、痩せ子が選ぶのはチーズケーキや生果実がたっぷり入ったロールケーキ、プリンなど、高カロリーのなかでもヘルシーなもの。
痩せ子を見習い、チョイスを間違わなければ体重増加は最小限で済みます。


「どうしてそんなにスリムなの?」と聞かれたとき、痩せ子の多くは「なにもしてないんだけどな……」と不思議そう。
でも体型を決めるうえで重要となる食生活が根本から違うとなると、彼女たちがスリムなのもなんだか納得。

痩せている子の食生活をマネて、ナチュラルに痩せていきましょう♪



【食べたい女子のダイエットサポートサプリ】ガールズヘルパー

PAK75_resumakaron20140304-thumb-815xauto-16789
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)