トリュフの季節がついに来てしまいました。
ほろほろとした口どけ。噛むの?舐めるの?と悩むほどに、長い時間楽しむことができる贅沢なチョコレート。
すぐに溶けるせいか、トリュフというと冬の季節のものというイメージありますよね。

冬の訪れを告げるように、ブルボンから冬季限定で白いトリュフと黒いトリュフが発売されています。
特に「黒チョコレートトリュフ」は口コミ人気も高いようで!早速Minも食べ比べていきたいと思います。

◆黒チョコレートトリュフ

くろ
リッチ感あふれる大人っぽいパッケージが印象的です。
確かに、トリュフって大人なチョコレートなイメージがあります。
勝手なイメージですが、舘ひろしが「俺甘いもの目がないんだよね」なんて言いながらウイスキーと嗜んでそうです♡

パッケージには、「カカオの華やかな薫りと生チョコレートのなめらかな口どけをお楽しみください」とあります。
最近ではカカオの含有度の強いチョコレートも販売されていますが、あれ全然甘くないんですよね!
こちらも、甘さ控えめのカカオを楽しむチョコレートなのでしょうか?

くろたべる

実際に開けてみると、真っ黒なトリュフが出現。
甘い面ものぞかせる硬派な男前。舘ひろしのトリュフと勝手に認定させて下さい。

食べてみると、甘いトリュフの印象を覆すほろ苦いトリュフの味!
甘さはほんのり。甘いものが苦手な方でも食べられるトリュフって人生で初めての経験です。

まさにお酒に合いそうなトリュフで、ウイスキーはもちろん芋焼酎とも合わせたい大人のトリュフです。
お酒のお供に食べたいチョコレート、贅沢な気分ですよね。

◆白チョコレートトリュフ

しろ
冬季限定らしい白いパッケージが目を引きます。
先ほどの大人っぽい黒トリュフと比べると、マイルドな優しい印象の白トリュフ。
弟系男子とニコニコ一緒に食べたくなる、可愛げあるトリュフではないでしょうか。

パッケージには、「生チョコレートの瑞々しいおいしさとなめらかな口どけをお楽しみください」、とあります。
やっぱりトリュフは生チョコが命!バレンタインで失敗した経験、皆さんもあるのではないでしょうか?
作るよりも既成品が間違いなく美味しいのかもしれません…!

しろたべる
実際に開けてみると、ホワイティ!まっしろ!
雪のような真っ白ホワイトパウダーがトリュフを包んで、マイルドな雰囲気を醸し出しています。

食べてみると、これぞトリュフといった甘いお味。
トリュフはやっぱり甘いのが1番!って方には、ぜひオススメしたいです。

高いものから安いものまで、ピンきりで存在するのが、トリュフ。
しかし、こちらはちゃんと高級感も兼ね揃えていて美味しいです。
外国製のがっつりした甘さが好きじゃないって方も、楽しめるお味かと思います♪

見た目にも高級感あるこちらのお値段は、6粒入りで248円(税込)。
コンビニで発売されているチョコレートよりは少しお高めな値段設定ですが、満足度ばっちりなので問題ありません!

お酒のおつまみにしたい黒トリュフ、疲れた時のごほうびスイーツにしたい白トリュフ。
皆さんは、どちらを食べてみたいですか?ぜひ、コンビニやスーパーで探してみてくださいね♡




IMG_6966

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)