海外セレブが火つけ役のスーパーフード。メディアや雑誌でお目にかかる機会も増えましたね!
実はたくさんの種類があり、欲しい成分、足りない成分、なりたい体などによって取り入れたい物も異なってきます。

まずスーパーフードの条件として、

1、植物性である
2、高温処理していないこと
3、抗酸化物質が豊富であること
4、栄養の幅が広いこと

が挙げられます。アサイーやココナッツの他にもチアシード、ノニ等どんな種類があるのか、どれを選べばいいのか詳しく見てみましょう。


・アサイー
スーパーフードの中で最もポピュラーで、絶大な人気を誇るアサイー。おしゃれなカフェなどでアサイーボウルを食べたことがある方も多いのではないでしょうか。アサイーにはポリフェノールが豊富に含まれていますが、ビタミンやミネラル、アミノ酸に食物繊維も豊富です。ブルーべリーによく似た形をしていますが、甘みや酸味が少なくクセのない味が特徴です。美肌効果にくわえ、免疫力アップ、ダイエット効果も期待できます。

・ココナッツオイル
人気を集めているココナッツオイルには中鎖脂肪酸が含まれており、摂取することによって脂肪を消費させやすくする「ケトン体」が産生され、ダイエットサポートをしてくれます。また、身体の中に備わっている抗酸化酵素を活性化する働きがあり、糖化予防にも期待できます。コーヒーに入れたり、料理に使ったり、はたまたお肌に直接塗って保湿したりと、多種多様に使えるのも魅力的です。エクストラバージンココナッツオイルを選ぶのがオススメです。

・チアシード
チアシードは奇跡の食材とも呼ばれ、たんぱく質、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、ビタミンB、αリノレン酸を豊富に含み、30~40%が食物繊維で出来ていることからデトックス効果が高いと言われています。また、オメガ3系脂肪酸やミネラル、アミノ酸までも含む栄養価の高い食材です。水を含むと表面上がゼリー状になり、約10倍ほどに膨らむことから、空腹時やダイエットの強い味方と言えます。チアシード入りのドリンクも多く販売されていますし、水に浸した物をヨーグルトにかけたりと手軽に取れるのも人気理由ですね。ブラックチアシードとホワイトチアシードがありますが、ホワイトチアシードの方が必須脂肪酸であるα-リノレン酸を多く含んでいるのでオススメです。

・キヌア
キヌアとは米などのイネ科の穀物とよく似た作物で、雑穀に分類される作物です。キヌアは栄養バランスに優れており、必須アミノ酸9種類すべてを含む完全食材と言われています。白米と栄養素を比較すると、タンパク質は2倍、食物繊維は8倍、カルシウムは10倍、マグネシウムは7倍、鉄は8倍という事がわかっています。その他にもキヌアは多くのビタミンB群を持っており、中でも妊娠中の女性にとって不足しがちな葉酸は、緑黄色野菜並みの含有量を持っています。また女性ホルモンによく似た効能を示すフィトエストロゲンが含まれている為、女性の更年期障害や生理前のホルモンバランスの崩れをサポートしてくれます。さらにGI値が低いことから血糖値が急上昇しにくく、体に脂肪がつきにくいのでダイエット効果や高血圧予防にも効果的です。

以上の他にも、クルミやカカオニブ、クコの実、カムカムなど様々な種類のスーパーフードが存在しています。
殆どのスーパーフードが美容と健康に働きかけ、心と体をサポートしてくれます。継続は力なりとはよく言ったもので、何事も続けなければ、その本来の効果は発揮されません。
1番取り入れやすい方法としては、スムージーに混ぜるのが簡単ではないでしょうか。ナッツミルクや、無糖のアーモンドミルク、グリーンスムージーなどにチアシードを浸して置くだけでいいので、とても簡単です。
まずは飲み物やおやつなどにプラスするだけの簡単な物から初めてみましょう。お肌や身体の変化を実感しながら、健康で生き生きした肌を目指しましょう。


アサイー・ビルベリーなど8種のベリーとチアシードがぎゅぎゅっ!

Use-Acai-Berry-go-healthy-way
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)