毎年11月の第3木曜日午前0時に解禁される「ボジョレーヌーボー」ですが、今年は本日11月19日に解禁!毎年話題となるキャッチコピーですが、今年は「記憶に残る素晴らしい出来栄え!」とのこと。毎年過去最高の出来栄えみたいな印象のある「ボジョレーヌーボー」、果たして今年のお味はいかがなものでしょうか。

◆そもそも「ボジョレーヌーボー」とは?

毎年この時期になると話題になる「ボジョレーヌーボー」ですが、改めておさらいしてみましょう。

「ボジョレーヌーボー」とは、フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区で造られるワイン(ボジョレー)の新酒(ヌーボー)です。その年に収穫されたぶどうをその年に仕込むため、フレッシュさが売りのワインです。スコッチやシャンパンと同じように特定の地域で造られたお酒のため、メーカーの数だけボジョレーは存在します。

新酒である「ボジョレーヌーボー」は、その年に収穫されたぶどうの出来栄えを確認するための試飲酒であるため、一般のワインと比べ深みのない軽い感じの味になります。そのため「ボジョレーヌーボー」は味を楽しむワインというよりも、収穫を祝ったり、その年のワインの目安としたりするのが本来の飲まれ方のようです。

日本では話題に上がる「ボジョレーヌーボー」ですが、流通するものの約半数を日本が輸入しているとのこと。バレンタインにハロウィンにイベント好きな日本人だからこそ毎年恒例のネタとして定着したのでしょうね。

◆実際に「ボジョレーヌーボー」を飲んでみた

IMG_7534
今回は新宿御苑前にある「ワイン・串揚げダイニングGOKIGEN」にて飲んでみました。今やコンビニやスーパーでも安価で発売されているボジョレーヌーボー、シーンに合わせた楽しみ方をしたいものですよね!

IMG_7537
あまりワインには詳しくありませんが、クセや渋みがないのが特徴かと思いました。軽い感じの味なのでワインが苦手な方でもとっつきやすいワインではないかと思います。

詳しい方に言わせると、一般的なワインと比べて喉に張り付くような味とのこと。そのため、ワインを1杯で味わいたい方にはオススメのようです。味が残りやすいということはお菓子に使うと良いのかなと思いました。

◆「ワイン・串揚げダイニング GOKIGEN」で飲める「ボジョレーヌーボー」

beaujolais2
今回試し飲みをした「ワイン・串揚げダイニング GOKIGEN」では、アンリフェッシ「ボジョレーヌーボー"ベルーレ"」とシャトー・デ・ロージュ「ボジョレーヴィラージュ ヌーヴォー ノン・フィルトレ」を取り扱っています。美味しい串揚げでボジョレーヌーボー解禁を楽しむのも良さそうですよね♪

ワイン・串揚げダイニング GOKIGEN
営業時間:17:00~24:00
住所:東京都新宿区新宿1-36-7 川本ビルB1F
電話番号:03-5315-4795
総席数:40席(宴会最大人数 / 30人)
公式HP:http://gokigen.net/



IMG_7534
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)