近年、日本の伝統食が健康に良いとされ、世界中で注目され、爆発的な人気を誇っています。
2013年にはユネスコ無形文化遺産に登録されるなど、ますます知名度は上がり、日本食の素晴らしさは世界中のいたるところで知られることとなりました。
その健康食と言われる日本食、海外の有名モデルや俳優などが美容のために取り入れているという話もあり、健康マニアだけでなく、多くの美にこだわる女性たちの間でも好評を博しているようです。日本食がなぜ美容に良いかを知って、今日から和食に挑戦してみましょう!


☆ダイエットにぴったり!ローカロリー和食で徹底的に痩せる!

脂質や油分が少ない和食は基本的にローカロリー。
しかも、肉中心の洋食と違い、魚中心の生活は中性脂肪を抑え、脂肪がつきにくい体質を作り出してくれるというおまけつき!また、海藻類は脂肪燃焼を助け、豆類が血中の中性脂肪を解消してくれるというおまけも!
これだけでも十分、ダイエットに向いているといえるのではないでしょうか?

しかし、和食の代表ともいえる白米がさらなる効果をもたらしてくれるのです。それは【腹持ちの良さ】!
白いご飯は太ると言われていますが、それはドカ食いした時の話。糖質、たんぱく質、食物繊維が多く含まれているうえ、パンに比べて消化に時間がかかるため、間食を防ぐ効果も期待できます。
朝、パンを一枚食べて昼まで持たせようとするよりも、小さいお茶碗一杯分のご飯の方が効率よく栄養を摂取でき、容易に昼まで持たせることができるというわけですね!ここで気を付けておかないといけないのが【使い切れるエネルギー量だけを摂取するということ】です。
白米は糖を多く含みますので、使い切れなかったら脂肪へと変換されてしまいます。
これが、ご飯は太る!と言う話の根拠になっているのです。ご飯茶碗一杯分を目安に摂取しましょう。


☆美を保つためにも和食がオススメ!

和食は油分や脂質が少ないため、カラダが酸化しにくいというメリットがあります。カラダの酸化が進むと老化するといわれていますから、参加しにくい体を手に入れる=老化が遅くなるというわけですね。
また、食物繊維を多く含む食材がたくさんありますので、便通もよくなり、デトックス効果も得られます。中でも納豆はセレブたちにも愛用されるほどの美容食品。
今流行りの酵素もたっぷり含まれていますし、便秘解消効果もありますので毎朝納豆を食べるだけで美人度アップですね!また、納豆の原材料である大豆は女性ホルモンアップを期待できますので、女性らしい体型つくりにも一役買ってくれることでしょう。

もう一つ、忘れてはいけないのは【味噌汁】の存在。
味噌汁はいろいろな野菜を入れて楽しめるため、栄養バランスをとるのにちょうどいい存在。野菜、海藻、豆腐がそろえば腸内環境も整えることができ、脂肪分解やたんぱく質燃焼効果も期待できるでしょう。内臓を温めてくれるので冷え性の人にもおすすめですよ。いろんな季節の食材をたっぷりと入れて美味しくいただきましょう。


和食なんておしゃれじゃない、おばあちゃんのご飯みたい!と敬遠する人もいますが、それはもったいない!
和食は、日本が世界に誇る伝統食です。その良さを今一度見直してみましょう。日本人である私たちのカラダには日本の風土で培われてきた和食が一番のはず。騙されたと思って一度試してみてはどうでしょうか?

数か月後にはきっと、美しくなった大和撫子の姿が鏡の中に見えることでしょう!




0820b645551580f3c6471b114c0af800_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)